556391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山南飛龍の徒然日記

PR

プロフィール


山南 飛龍

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

山南 飛龍@ Re:プリプリ 中村あゆ ドリカム ~(06/10) >謎の三文字☆村石太&ともちかさん コメ…
山南 飛龍@ Re:大丈夫!(^o^)b(05/27) >teru_k_lsfさん 何を言われますか!? …
謎の三文字☆村石太&ともちか@ プリプリ 中村あゆ ドリカム ~ プログで 渡辺美里 で 検索中です。 …

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

お気に入りブログ

基本無料ゲーム「艦… New! Pepper Dさん

PURECOUNTRY fukkoさん
みゃあぽのため息 みゃあぽさん
オモシロ雑貨大好き… 原色局長さん
Welcome to rebbecca… rebbeccaさん
2010年03月01日
XML
半平太の焦りや苛立ち、苦悩が表現された回でしたね。

【今回のまとめ】
・2年4カ月ぶりに江戸へ戻ってきた龍馬。
 待たせ過ぎた佐那からは、つれない態度をとられてしまう。
 佐那の想いを知る重太郎の計らいで、ふたりきりになる龍馬と佐那。
 龍馬は佐那の想いに応えられず、その場を逃げ出してしまう。
 土佐にいる加尾に想いを馳せる龍馬。
・獄中の弥太郎は謎の老人と出会い、商いの可能性を発見する。
・土佐を攘夷の魁にしようと意気込む半平太。
 攘夷の会合に出席するも、他藩との差に落胆して憤りを覚える。
 そんな時、土佐の山本琢磨が拾った金時計を換金しようとした事が発覚。
 攘夷の為、土佐の名誉の為、苦渋の決断で琢磨に切腹を申し渡す半平太。
 龍馬の尽力で切腹させずに済むと安堵した瞬間、収二郎達が押し寄せ引けない状況に。
 山本琢磨が龍馬の手引きで逃亡。
 半平太は責任を取らされ、土佐へ戻る事に・・・

【感想】
前半はコメディ、後半はシリアスな展開でした。
佐那のキャラが変わりすぎているような気もしましたが、待たされすぎた怒りと、龍馬とどう接したら良いのか分からない複雑な気持ちがそうさせてしまったのでしょうか。
加尾の事もありますし、龍馬も罪な男ですね。
それにしても、重太郎さんもノリノリでしたが(笑)

さて、今回の見どころは何と言っても後半部分です。
主役は半平太と言っても良いでしょう。
土佐を攘夷の魁にしたいと意気込んでみたものの、他藩と比べると土佐の現状は限りなく遅れている。
しかも、自分はまだ殿様と話すらしていない。
そんな焦りと苛立ちが強く半平太を包んでいる頃、山本琢磨が問題を起こしてしまったわけです。
対外的には藩の名誉と、藩内的には近しい者ではきっちり罪を償わせる強い姿勢を示さなければならない半平太にとって、切腹を命じる事は苦渋の決断であったに違いありません。
上士から言われていた事もあるにせよ、土佐を攘夷の魁として他藩とつきあっていく上でも、ここで負い目を追うわけにもいきませんからね。
しかし、感情はまた別の物です。
半平太が山本琢磨の肩に置いた手、龍馬から切腹させなくても済むと言われた時に一瞬見せた安堵の表情、山本琢磨逃亡の責めを負って土佐へ戻る事になった訳を龍馬に語らなかったところなどからも、半平太が切腹させたくなかった心情が見て取れました。
もしかしたら、逃亡をさせやすいように、あえて見張りも置かなかったのかもしれません。
このあたりは想像ですが、あれこれと想像しながら見るのは楽しいものです。
ただ、龍馬や弥太郎の場面はやたらと分かり易く描くのに、なぜ半平太の部分ばかり視聴者に判断を預けるような描き方をするのかは分かりませんが(笑)
個人的には、半平太に焦点をあてた回を見たかったので、今後またどのように描かれるのか楽しみですね。

それでは、また次回。


送料無料 坂本龍馬 コンプラ瓶・反りカップ2客セット  竜馬伝 龍馬伝 福山雅治 幕末 りょうま NHK大河 高知 土佐藩 志士 2010年 家紋 亀山社中 土佐勤皇党 岩崎弥太郎


幕末四大人斬り 岡田以蔵の愛刀 (最高級居合刀) 刀袋付き






最終更新日  2010年03月01日 20時46分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ・アニメ・映画] カテゴリの最新記事

ほしいものリスト

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.