556314 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山南飛龍の徒然日記

PR

プロフィール


山南 飛龍

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

山南 飛龍@ Re:プリプリ 中村あゆ ドリカム ~(06/10) >謎の三文字☆村石太&ともちかさん コメ…
山南 飛龍@ Re:大丈夫!(^o^)b(05/27) >teru_k_lsfさん 何を言われますか!? …
謎の三文字☆村石太&ともちか@ プリプリ 中村あゆ ドリカム ~ プログで 渡辺美里 で 検索中です。 …

バックナンバー

2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

お気に入りブログ

「ストライク・ザ・… New! Pepper Dさん

PURECOUNTRY fukkoさん
みゃあぽのため息 みゃあぽさん
オモシロ雑貨大好き… 原色局長さん
Welcome to rebbecca… rebbeccaさん
2010年03月28日
XML
第1部の最終回でした。

【今回の流れ】
・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬
 まずは、東洋の真意を探る事に
 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』
 龍馬は斬る理由が無いと判断
・後藤象二郎から龍馬を毒殺するよう命じられた弥太郎
 茶に毒を入れるも、龍馬が飲む寸前で回避
 処罰を覚悟したが、東洋の計らいで不問にされ安堵
・半平太が土佐勤皇党の下士に東洋暗殺指令を出す
 龍馬が東洋暗殺を止めるよう懇願するも、半平太は拒否
 東洋暗殺
・脱藩したいと思いつつ、我慢する龍馬
 覚悟が決まらないまま、何故か周囲で脱藩のおぜん立てが整う
 土佐脱藩

【感想】
不完全燃焼な第1部の結末でした。
家族との別れとか半平太との会話等々、感じ入るところもあったのですが、肝心の脱藩理由がよく分からないまま土佐を離れる事になったのは消化不良でしたね。
何となく、龍馬自身も明確に脱藩を決意しないままに、家族が誤解して脱藩を後押しをしてしまったように見えなくもありませんし。
というか、家族は物分かりが良すぎるでしょう(笑)
まぁ、肝心な部分がボヤけてしまっているので、全体的にもモヤモヤ感が残るのは否めないといったところでしょうか。
これでも毎回欠かさずに観ているんですけどねぇ。
カットされている部分もあるのでしょうが、時折ビックリするくらい筋立てが粗くなってしまうのは悪い癖です。
まだまだ続く龍馬伝ですから、これから更に面白くなることを期待します♪
それでは、また次回。


2010年大河ドラマ「龍馬伝」スタート山崎和行作品展「銃職人の精密模型」開催記念特別販売!坂本龍馬の拳銃「Smith & Wesson Model 2 Army」精密模型(額付)


龍馬伝説 麦焼酎乙甲混和25度 1800mlパック1ケース(6本入)菊水酒造[高知県]






最終更新日  2010年03月28日 21時46分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ・アニメ・映画] カテゴリの最新記事

ほしいものリスト

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.