946545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やまんば岩木のブログ

PR

カレンダー

プロフィール


やまんば岩木in青森

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

やまんば岩木in青森@ Re:こんばんは★(03/25) bo-sloveさん ブルーインパルスが見られて…
bo-slove@ こんばんは★ いつも遊びに立ち寄って下さってありがと…
やまんば岩木in青森@ Re:こんばんは★(02/27) bo-sloveさん こちらこそ、ご無沙汰してお…
bo-slove@ こんばんは★ ご無沙汰しております。 今朝は重たい雪…
やまんば岩木in青森@ Re[1]:青森県鶴田町の冬ぶどう「スチューベン」(02/25) 本当ですね♪ぶどうを食べて風邪予防といき…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

洞爺サンパレス リ… bo-sloveさん

優しい生活、始めま… ☆あずりんさん
体に耳をすまして チェリー1974さん
心地よさを求めて ゆーりっくさん
乳癌は早期発見も早… 野母伊 志穂輔さん

楽天カード

ニューストピックス

青森県津軽地方岩木山在住。
慢性リンパ性白血病の治療後、自宅療養中。
2012年白血病の確定診断のために脾臓を、同時に腫瘍のあった左副腎も摘出。
2014年PET-CTで左乳がんの疑いを指摘され細胞診でガンと確定、左乳房を全摘出。再建なし。浸潤が数ミリだったためと、白血病のため、放射線治療・ホルモン治療・抗がん剤治療は一切せず現在に至る。
2017年従来の子宮内膜症に加え、不正出血・過多月経を伴う複数個の子宮筋腫が見つかったので、子宮と両卵巣を全摘出。
2020年大腸ポリープ1ミリ、5ミリ、10ミリの3個を摘出。細胞診により10ミリのポリープがガンだったことが判明。抗がん剤治療などは一切なし。

<私が撮影した写真を販売しています>

写真素材-フォトライブラリー
写真素材 - フォトライブラリー



会社の健康診断で
「血小板の数が少ないので要精密検査」
と診断されてから6年。
小細胞性リンパ腫(慢性リンパ性白血病)と診断されました。

2012年5月18日、ヘモグロビン値が4.6まで急減し輸血。
21日にも5.1で輸血するものの、28日には腹痛もあり、
白血球数も650/マイクロリットルまで減少しており、
小腸が炎症を起こしたとのことで緊急入院。
しばらく断食して腸の炎症を抑え、常食に戻った頃の6月11日から
「フルダラビン」での治療を開始し、3回投与しました。

2012年10月16日には病理検査のために「脾臓」を開腹手術にて摘出。
同時に腫瘍のある「左副腎」も摘出してもらうことが出来ました。

年明けからは「リツキサン」での治療。
2013年3月25日の退院まで、約10ヶ月間入院治療していました。

「リツキサン」は2013年5月1日の6回目投与で終了!

今は仕事も辞め、自宅療養中です。

2014年2月17日、「浸潤性乳がん」との診断。リンパ腫の転移では無いもよう。4月に左乳腺全摘出手術完了。リンパ節転移は無し。浸潤も3mm程度で全身転移の可能性は低いとのことでした。リンパ腫を刺激しないためにも、放射線治療、ホルモン剤投与、抗がん剤治療のいずれも実施していません。

2017年10月4日、「子宮筋腫」「子宮内膜症による癒着に伴う腹水」改善のため、子宮と両卵巣を摘出手術。



【最新の血液検査結果 2020年7月27日
​​​白血球数​​3640→3620(3300-8600)
ヘモグロビン濃度13.2→13.4(11.6-14.8)
血小板数​29.1万→28.4万(15.8-34.8)

網赤血球1.6→1.7(0.8-2.2%)
フェリチン34.0→31.0(12.0-60.0)
CRP(C反応性 タンパク)<0.02→<0.02(0.000-0.140)

総蛋白(TP)6.1→6.1(6.6-8.1)
アルブミン4.4→4.4(4.1-5.1)
尿酸(UA)2.6→2.6(2.6-5.5)​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

IgG(免疫グロブリンG)407→425(861-1747)
IgA ​​27→27(93-393)
IgM 40→43(50-269)

AST(GOT) 26→29(13-30)
ALT(GPT) 21→25(7-23)

「日常生活での注意点としては、抵抗力が低下しますので、感染予防が重要です。免疫グロブリンが低下し頻回に感染症を起こす場合には、IgGが400mg/dl以上となるように補充療法を行うことがあります。」ので、現在は約3回の受診に対して1回ほどの割合でグロベニンという点滴を投与してもらっています。
「造血器腫瘍に対する根治療法としての同種造血幹細胞移植は現時点ではまだ研究的な治療としての位置づけで、若年者でかつ治療抵抗性の場合に限って試みられています。」





ライムグリーンリボンキャンペーン
「ライムグリーン色のリボンは、海外のリンパ腫患者団体でも使用されているもので、安らぎと新たな命の息吹を表します。多くのサポートによる安らぎの中で、患者が化学療法や骨髄移植などの治療を経て克服し、新たな命の一歩を踏み出せるよう願うものです。いただいた寄付金は一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパンへの一般寄附金として、リンパ腫の啓発と患者支援に役立たせていただきます。
リンパ腫は、白血病などと同じ血液のがんです。血液がんの中では国内患者数が最も多く、年々増え続けています。患者やその家族は皆様のご理解とサポートを必要としています。」













2020年09月03日
XML
テーマ:白血病について
白血球数​​3620→3910(3300-8600)
ヘモグロビン濃度13.4→13.6(11.6-14.8)
血小板数​28.4万→26.7万(15.8-34.8)

網赤血球1.7→1.3(0.8-2.2%)
フェリチン31.0→37.0(12.0-60.0)
CRP(C反応性 タンパク)<0.02→<0.02(0.000-0.140)

総蛋白(TP)6.1→6.2(6.6-8.1)
アルブミン4.4→4.3(4.1-5.1)
尿酸(UA)2.6→2.5(2.6-5.5)​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

IgG(免疫グロブリンG)425→399(861-1747)
IgA ​​27→32(93-393)
IgM 43→43(50-269)

AST(GOT) 29→27(13-30)
ALT(GPT) 25→21(7-23)


今回も長期間あけての検査で、
途中、腕や手を中心に、足だのあちこちに湿疹ができて
かゆいの、痛いのが断続的だったので、
てっきり免疫力が下がったせいか?と思ってましたが、
399という数値、結構保ってたんじゃん、と。
とりあえずステロイドの軟膏をひとつもらって、薬も7週分。
グロブリンの点滴も久々に受けてこれでばっちり!
近くのベッドでは、骨髄検査を受けている患者さんが二人。
つらそう・・・。
やっぱり娑婆にいられるのが一番です。






最終更新日  2020年09月13日 13時44分59秒
コメント(0) | コメントを書く


購入履歴


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.