282127 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

税理士山本憲明の独立開業記録ブログ

(私の著書です)
税理士最短合格の時間術・勉強術


税理士絶対成功の開業術・営業術(2007年5月刊)


税理士の山本憲明です。千葉県船橋市で税理士をしております。2005年1月1日に開業しました。ホームページはこちらです。⇒山本憲明税理士事務所公式HP

起業家の方々に、有益な情報を提供しておりますので、もしよろしければご覧になってください。



メルマガ発行してます。 。
税理士起業5ヶ月で月167万売上げるノウハウ
ノウハウ全部明かします!


成功する経営者の条件○○を楽々身につける方法は


税理士試験に誰より早く合格する52の発想とテクニック
税理士受験生だけでなく、目標を達成したい人にはオススメです!


税理士試験点数分布表・合格分岐点[法人の勉強部屋]

【オススメ美味いもの!】
チューリップベーコンランチ
沖縄で一般的な、TULIPのポーク。低塩分でヘルシーです。おいしい食べ方のレシピは
こちらへどうぞ。

★日記リンクも、トラックバックもご自由にお願いいたします!
ご報告も不要です!(輪を広げましょう!)★


April 21, 2009
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
●一人経営のコツ1

一人(もしくは少人数)で経営するためのコツを書いていきたいと思います。

まず、「どのような事業を選べばいいのか?」を研究していきましょう。

継続して経営を行い、利益を出して儲けていくためには、ある程度の売り上げが
必要になることは間違いないと思います。

でも、ただ「売上」をたくさん上げるだけでよいのでしょうか?

「年商1億円!」とか「売上50億円突破!」とか、とても聞こえはいいですが、
ただ売上がたくさん上がるだけでも意味がありません。

売上の大小を比べても仕方がないです。

ここは、「粗利(あらり)」で考えてみましょう。

「粗利」とは、売上から、その商品(やサービス)を売るためにかかった仕入れなどの原価を引いたものです。

個人商店などの小売業でいえば、売上から仕入を引いたものが「粗利」です。
この「粗利」を、人件費や経費に分配していき、その残ったのが利益になります。
ですから、「粗利」が大きい方が、利益が出やすいということになります。


「粗利」は、利益を上げるためのスタートラインと考えてください。

たとえば、売上が10億円でも、粗利率(売上に占める粗利の割合)が10%であれば、
粗利は1億円です。

一方、売上が1億円でも、粗利率が100%(原価がない状態)であれば、粗利は
1億円となり、売上10億円の企業と同じスタートラインに立ったことになります。

同じスタートラインなのであれば、売上の少ない方が、かかる手間や心理的な
重圧などを考えるといいですよね。

なので、「粗利率」の高い事業を選んでください、ということになります。


「粗利率」の高い事業を選ぶ理由はもうひとつありますので、それは次回
書いていきましょう。

-----------------

昨日はお客様のところに自転車で行ってから、帰りに電器店を何点かまわりました。

ノートパソコン(レッツノート)を買おうと思っており、探していましたが、
レッツノートはあまり店頭にはないみたいですね。

途中でクレープを買い、食べながら数十分読書しました。

たまには息抜きもいいものです。






Last updated  April 21, 2009 09:29:38 AM
コメント(41) | コメントを書く

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

076:幸史郎の二期目 New! フジミツさん

認知症予防は60歳… New! 抗加齢実践家てるさん

平成29年度法務省… New! 山田真哉さん

操体法で体の歪みを… 操体師 りょうさん
茶水の「東北復興支… 茶水の「東北復興支援人」さん
“コンサナリスト(R… 川越@満月さん
名古屋市緑区の加藤… 相続に強い税理士さん

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.