1288776 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

大野クラッシクカーその2 New! 越前SRさん

銀線名人 的に見れ… 銀線名人ぬかしんぼさん

コメント新着

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2008年12月16日
XML
 
 今年もいよいよ暮れに迫ってから、我が家の2tトラック・『ISUZU elf』は大忙しだ・・・

 ・・・仕事以外で、ですが・・・(苦笑)

 そのひとつだったのが、今回の『某青年部・灯篭型看板の化粧直し』作業だったワケだが、その際にウチのトラックが大活躍!(?)
 本当に屋外作業には準備するモノがいっぱいだった。

'08.12.16 わが家の2tトラックタイヤ交換 001.jpg 

 準備物:発電機2機(ホンダ製←ココ、強調。消防分団でお借りした。)、エアコンプレッサー2台、コンセントドラム2巻、ハシゴ2本、スプレーガン2コ(その他:付随品)、各種塗料、計量ハカリ2台、ロールサンドペーパー各番数、投光器2台、ビニールシートたくさん、廃油用一斗缶たくさん、ボロタオルたくさん、ウエスたくさんetc・・・フゥ~(タメイキ)

 で、この作業もほぼ『完了』を迎えるコトができたので、年末にいよいよ本業で使うコトを見越して『スタッドレスタイヤ』に交換するコトにした。

 しかし毎年思うコトだが・・・
 「トラックのタイヤ交換、メンドくせ~っ!」 (←だーかーら~、クルマ屋に出せっつうの・・・)

 以前にも当ブログで話したと思うが、2トントラックともなると、DIY程度のエアツールでは全くもって『役立たず』である・・・
 フツーのインパクトレンチでは全然通用しないのである。
 ソレもそのハズ、2トン程度のトラックとはいえ、前後ホイールの締め付けトルクは60~80キロもあるっ!・・・orz
  (※ 普通乗用車は10キロ、ノーマル・エスのスタッドボルトは6キロ程度。また、一般的インパクトレンチの最大発生トルクはせいぜい50キロ程度まで)
 もちろんワタシは中型トラック以上用の強力インパクト(ソケット角・19ミリ以上のヤツ)など持ってはいない。

 以前から思ってたんだけど、そもそも純正『車載工具』群だけではソレだけのトルクを生み出すコトなんて到底不可能だとも思えるワケで、
 「こんなの、路上でパンクした時ど~するのっ!?」
 ってな感じである。

 そこで、過去の幾多もの失敗の経験を経て、『原始的』ではあるが特殊工具の登場だ~っ!

            ・・・ええ、タダのデスケドネ・・・


'08.12.16 わが家の2tトラックタイヤ交換(フロント側) 002.jpg 

 その1():『フロントホイール用』鉄パイプ。鉄工所のおじさんから譲ってもらったモノ。コレがないと、車載工具のL型レンチだけでは何の用も成さない。最初から純正で付属されているべきなんだけどなぁ・・・

'08.12.16 わが家の2tトラックタイヤ交換(リア左側) 003.jpg 

 そして、『超メンドくせぇの極み』、ダブルのリアホイール。車載工具だけでナットを回すとなると、上の画像みたいになる。(ホントは積載付属の「直棒」もあるのだが40センチ程度の似たり寄ったりのモノ)
 う~んっっっ、断言できる、絶っ対に緩めるコトなんて出来ないっ!ナニせ60キロだよ、6・0・キ・ロッ!!!
 オマケに、結合強度を上げるためなのだろうが、ネジピッチがチョー細かい(おそらくP1.0かP1.25)、ナットひとつ外すのに何十回転させる気だっ、コラーッ!

'08.12.16 2tトラックタイヤ交換(ダブルの内側外し) 005.jpg 

 ヒィーヒィーいいながらナンとかリアの外輪外したら今度は内輪ですよ・・・orz

'08.12.16 2tトラックタイヤ交換(リア左側のボルト&ナット・『逆ネジ』) 004.jpg 

 上の画像の上方に見える「鉄棒」が原始的特殊工具・その2、『リアホイール用』鉄芯棒
 鉄パイプではなく、芯の詰まった本当の「鉄棒」、長さは約100センチ強、運転席後方の車載工具置き場の空間に収まるよう配慮して「長さ決定」した・・・ヨウナキガスル・・・
 コイツを車載工具『リアホイールレンチ』に差し込んで、スタッドボルトのナットを一気に緩めるっ・・・ハズなのだが、腕の力だけではまず緩まない・・・(苦笑)
 リアホイールナットにレンチを掛け、この棒を水平付近にセットした状態で、我が身をその棒の上に乗っけて、その棒上で勢いをつけて全体重を振り抜くような感じでようやく『ガキッ!』って鈍い音と共に緩まる具合だ・・・( ̄д ̄;)ヾ

'08.12.16 2tトラックタイヤ交換(特注延長棒が・・・) 006.jpg 

 左リアホイールの『逆ネジ』と格闘後、残すは右リアのタイヤ交換だけとなった。
 「ガキッ!」「ゴキッ!」と鈍い音を伴いながら6本中4本はナットが緩んだが、残りの2本が、どう渾身のアクロバティックな(?)全体重攻撃を加えてもビクともしない。

 「くっそぉ~、今日という日のためにせっかくウエイトを増やしておいたのになぁーっ!」 (←ウソ。ただ暴飲暴食なだけ。)


 って、おバカなコトを考えながらガンガンやっているうちに・・・次第に特殊鉄棒は曲がり始めたっ!!


 そして、ついにっ! ガキッ!!!

 お~っ♪やっと緩んだ・・・ んっ?イッッッッ!!!びっくり


 

'08.12.16 2tトラックタイヤ交換(車載工具が・・・) 007.jpg 

 ・・・ナットは少しも緩まず、車載工具『リアホイールナットレンチ』が割れた音だった・・・orz

 ・・・あらためて考えてみるに、我が2tトラックは1年車検の4月車検・・・今年の4月は車検に出す際、ノーマルタイヤに交換してもらったのはクルマ屋さんでだった。

 クルマ屋さん・・・締め込み過ぎだよぉ~っ、トルクどう見積もっても100キロ以上かかってますぜぇ・・・

'08.12.16 わが家の2tトラックタイヤ交換(スタッドレス装着完了) 008.jpg

 で、結局、右リアホイールのナットは再び締め直して、クルマ屋さんに移動・・・

 アレほど頑固に思えたナット類は『強力インパクトレンチ』の威力で難なく緩められ、何事もなかったように『スタッドレスタイヤ交換』は無事(?)終了したのでした・・・


 クルマ屋さん: 「『リアホイールナットレンチ』、あらたにお買い上げですネッ♪」



 ・・・ナニしてんだろ、オレ?・・・orz ガクゥッ


 






最終更新日  2008年12月18日 13時34分53秒
コメント(8) | コメントを書く
[今日の出来事(日記)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.