1274681 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ホンダT360水回りの… New! 越前SRさん

かなざわおふろ旅八… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

コメント新着

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2015年03月17日
XML
 
 べつにジらすつもりはございませんが、まずはエアコンプレッサーの修理から・・・(苦笑)


 
 先日のエアコンプレッサーが回らない、という故障の原因は、起動用モーターコンデンサーのパンクが原因だった。
 そこまでの配線を辿るとコンデンサーと接続する平型ギボシの箇所がファンとかなり接近していて、時折接触していた形跡が見え、一部配線の被膜が削れてむき出しになっているトコロもあった。ソレで断続的にショートしていたのかな?
 そのせいと思われる発熱でコンデンサーの外皮の一部が溶けて中身が飛び出していた。
 
IMG_1661.jpg
 
IMG_1662.jpg
 
 で、早速ショップを通してメーカー(アネスト岩田)にコンデンサーの発注をするも・・・
    『廃番』とのコト。
 
 さて・・・困った・・・ネットで同様のモノはないか調べるが、同じものはない。そもそもコンデンサー本体に表記されてる数値の意味もあんまり分かんないワタシでありました・・・orz
 
 が、コレもググって分かったコトですが、「『容量』=μF(マイクロファラッド)の数値が同等で、『電圧』は使う電源のボルト数の1.5倍~2倍以上(起動時そのくらい昇圧する)の数値表記のコンデンサーであれば良い。」との書き込みがあったのを信じて(=鵜呑み)、早速オクで中古品をゲット!
 
 ・・・したモノがコチラです。(↓↓↓
 
IMG_1663.jpg
 
 
 ちなみに元々付いてたコンデンサー(Made in Italy)の端子の逆側にはボルトネジが埋め込まれていて、エアコンプレッサー本体のスティにナット締めで固定するタイプのモノだった。オクで購入したヤツにはソレが付いていない。
 
IMG_1665.jpg
 
 だから樹脂部をホジクってボルトを摘出してみた。
 
IMG_1667.jpg
 
 で、1ミリ&0.5ミリ厚のアルミ板でスティを作成・・・摘出ボルトも利用してみた。
 
 
 が、あえなく失敗()・・・
 
IMG_1666.jpg 
 
 バンドタイプにして固定しようとしたが、リベット打ち込みを内側から外側に向けて打つコトはできず、仕方なく外側からフツーに打ち込んだら内側のカシメ突起部分がデカすぎて、コンデンサーを差し込むコトすらできず・・・まあ当然ですわな。
 
 で、ふり出しに戻る。
 今度は3ミリ厚のアルミ板を使用する・・・廃材ゴミ箱の中から見つけたから・・・ええ、ただそれだけの理由です。
 
IMG_1668.jpg
 
 万力にレンチソケットと一緒に挟んでコンコンと曲げていきます。
 
IMG_1669.jpg 
 
 するってぇーとこうなります。(ヤスリで溝も彫ったりします。)
 
IMG_1671.jpg
 
 で、ボルト穴を開けて、先ほどの摘出ボルトを圧入します。
 
IMG_1673.jpg
 
 で、こうなります。(
 
IMG_1674.jpg
 
 さすればこうなります。
 
IMG_1676.jpg
 
 いわんやこうなります。       ・・・おわりです。
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 ・・・なぁんてしょーもないコトを長々と書いてたら、文字数&画像容量がぁ~っっっショックアブネーッ!
 
 
 
 そ、それではエスのエンジンの水漏れ探し・・・つづきです。
 
IMG_1677.jpg
 
IMG_1678.jpg
 
 ヘッドハグりました。見たトコロ、ヘッドガスケットからの吹き抜けではなさそうです。
 
 っつうか、コレで高価なヘッドガスケット1枚がパァーです・・・orz
 
IMG_1687.jpg
 
 シリンダーブロック上下に付着している白濁オイルは放っておいて、ところどころにまだ点在付着している緑色クーラント液だけは全体的に拭き取っておきました。
 
IMG_1691.jpg
 
 そしてまた緑色クーラント液をある程度注入してみます。
 
 
 で、数日間放置してみました・・・
 
 その後日、再びじっくり観察しました。
 
IMG_1696.jpg
 
 んー・・・んっ!?
 
IMG_1694.jpg
 
 びっくりアーッ!
 
IMG_1697.jpg
 
 ズ~ムムムム・・・
 
IMG_1700.jpg
 
 はい、ついに見つけました・・・2番シリンダースリーブとシリンダーブロックの嵌合部の隙間からでした。
 
 シリンダースリーブを外してみないと分かりませんが、ココまできたら是が非でも原因はただの『Oリング』であってくださいっっっ・・・間違っても「1・2番シリンダースリーブの○○」なんてぇコトの無い様に、どうか、どーかっ、ナニとぞお頼み申し上げますぅ・・・号泣カッ、カミサマーッ!!
 
 ・・・つづく・・・
 
 






最終更新日  2015年03月19日 12時35分36秒
コメント(2) | コメントを書く
[ホンダS800C メンテ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.