000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

クマのプーさんに会… New! ぬかしんぼ8689さん

明日はFTP2017 越前SRさん

コメント新着

yamasadas800c@ ぬかしんぼ8689さん、こんにちは。   >あら見てたのね~ 都はるみ   ボク…
yamasadas800c@ ぬかしんぼ8689さん、おおきにです。 >貴方がS800を所有して居る事自体、算数…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2016年04月23日
XML
 
 先日エスのダッシュボードを取り替えたばかりではあったが、その交換作業時にしようと思っていたコトをすっかり忘れてしまっていたので、面倒くさいとは思いつつも再度ダッシュボードを取り外すコトにした・・・
 
IMG_3041.jpg 
 
 ダッシュボードを取り外す際にやはり面倒なのは、チョークワイヤー部の取り外し。
 キャブの所から切り離さないとセンターガーニッシュプレートが外せないから、元のダッシュボードと同じように下画像の矢印部分のように切り込みを入れるコトにした。
 
IMG_3045_01.jpg 
 
 こうすればいちいちチョークワイヤーを外さなくてもダッシュボードは脱着できるようになりますわな、そもそもダッシュボードを再々脱着するようなコトもそうそうあるワケではないでしょうが・・・
 
 で、今回ダッシュボードを再び外した理由は
 
IMG_3044.jpg 
 
IMG_3043.jpg 
 
 ただ単にETC機器をグローブボックス内に収めたかったからだけです。
 コレで見た目も気分もスッキリはいたしましたっ♪
 
 ・・・高速に乗るかどうかは分かりませんが。
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 で、今回の『その他』コーナーとは・・・
 
 以前からの懸案事項でもあったエスアルミ鋳物製遠心クラッチプーリー
 何とかして鋳鉄部の剥離による芯のガタを直したく思っていたトコロ、T県のNさんからのご助言をいただきそれを実行に移すコトにした。
 
IMG_3052.jpg 
 
 加工依頼をしたのは地元の鉄工屋さん。
 クラッチプーリーの中央突起部にテーパー角度1度00”の切削とそれに被せる内径に同じくテーパーをつけた鉄製リングの制作依頼。
 
IMG_3046.jpg 
 
IMG_3048.jpg 
 
 で、手で入るのはこれくらいまでで、あとはプレス機で圧入。
 結果、テーパー付けた部分の最後まで綺麗に入ったが、ガタが取り切れなかった。嵌合圧がまだ緩いのである。(圧入力は約2.8ton)
 
 結局一旦、鉄製リングを削り取り、今度は欲を出してテーパー角度1度30”にしてもらい、再度同角度のテーパー鉄製リングを作成してもらい再挑戦。
 
IMG_3055.jpg 
 
 今回の手で入る深さはさらに浅くしてもらったのだが・・・コレがいけなかったのだと思う・・・orz
 
 プレス機で圧入をかけるも、3tonを超えてもあまり入っていかない・・・ここで見直しを試みるべきだった。 
 でも、3度目のやり直しを考える勇気がワタシにはなかった・・・無理となかば分かっているのにさらに圧をかける。
 
 
 バンッ!
 
IMG_3056.jpg 
 
 ほぉ~ら、やっちゃった・・・もう「覆水盆に返らず」だ・・・
 
 再検証するならば、テーパー角度は1度00”のままで、手で入る深さだけを浅くするのが正解だったように思う。
 
IMG_3059.jpg 
 
 しかも、ウラ当てモノの接地位置も誤っていたと思う。
 
IMG_3060.jpg
 
 ガタだけは完全になくなっていたんですよねーっ、残念。
 
 次は成功させてみせますよっ!
 
 
 
 
 で、どなたかガタの出ているアルミ鋳物製遠心クラッチプーリーをお持ちの方いらっしゃいませんかね?(苦笑)
 
 






最終更新日  2016年04月25日 11時27分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[ホンダS800C メンテ] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.