000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

石油発動機電子着火… New! 越前SRさん

12月は意外に調子が… ぬかしんぼ8689さん

コメント新着

yamasadas800c@ ぬかしんぼ8689さんへ > ということで古い車は私のことを忖…
yamasadas800c@ ぬかしんぼ8689さん、どうもさんです。 ぬかしんぼ8689さんへ   > その節はど…
ぬかしんぼ8689@ Re:備32・部品代約1,500円 技術料約4万5千円(11/19) 大変でしたね。 そういえばうちにもその…
yamasadas800c@ ようやく 報われたような気がします。   筋肉痛は…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2017年06月11日
XML
我がエスの気になるトコロ(=不具合など)を直したい、早く直そうっ!と、思う気持ちとは裏腹に時間、そして季節、はたまた年月は無情にも早々と過ぎていく。
 気がつけば、不具合箇所は次から次へと増えていくばかり・・・
 
 で、気になる不具合箇所を箇条書きにすれば次のとおり。

 1.ミッションからの異音
 2.リアアクスルシャフトハブ(溶接箇所)からのデフオイル漏れ
 3.パーキングブレーキランプ、点きっ放し
 4.リアアクスルシャフトのホイールスタッドボルトの緩み
 5.Fディスクブレーキの引きずり
 
 というワケで、今回はまず5を直すコトにした。
 

 
 我がエスのディスクブレーキは13インチホイール系のEKシビックのタイプ、片押しピストン&ピンスライド方式のキャリパー。
 O/Hのための交換用シール類はずいぶんと前に購入していたのだが購入以来10数年を経過し、やっとの思いで交換である・・・昨年はお茶を濁したままでゴメンよエス
 

 
 で、上画像()は我がエスの右側キャリパー。
 エスオーナーさんはご存じのとおり、エスの純正FディスクブレーキのキャリパーはFハブの後方に配置されている。
 そして、近年の歴代シビック(というか、ホンダのFF車のほぼ全般)はFハブの前方に配置されているタイプ。これをハブ後方タイプのエスに取り付けるワケだから、ブリーダースクリュー(エア抜きドレン)の位置の関係から当然マウントするキャリパーは左右が逆になる。
 だから、我がエスの右側キャリパーには画像ピンク丸囲いの様に『L』(左)の浮き文字が付いている。
 
 ところで、いざキャリパーを分解してみると、一見同じパーツに思っていた上下に付いているスライドピンが実は違うパーツだというコトに気づく。
 一方は黒(というか、緑色)クロメートメッキ製で180度方向に細い溝が2本切ってあるピンで、もう片方は黄色クロメートメッキ製の120度ごとに外周3か所が大きくはつられたようなピンだ。
 このスライドピンを通す上下の穴はまったくの同径のようで、どちらの穴に通しても黒クロメートのピンはほとんどガタがなく気密性の比較的高いパーツで、黄色クロメートのピンは一貫してわずかにアソビ(ガタ)がある様子だ。
 

 

 
 パーツリストで見ると、図解のイラストは左側キャリパーのようで、12(ピンク囲い)が下側スライドピン、つまり黄色クロメートのアソビがあるピン、そして13(赤囲い)が上側スライドピン、黒(緑色)クロメートのガタの少ないタイプのピン。
 例えが適切かどうかは別として、このスライドピンの特徴の違いは、ドラムブレーキのシュー、リーディング&トレーリングみたいな関係なのだと考えてみた。
 キャリパーのストッピングパワーの入力はディスクプレート回転方向の入り口側でしっかり固定させておいて、出口側で多少のひずみ(←いろいろな意味で)をピンのアソビで吸収もしくは逃がすような役割・・・カナ。
 
 で、そのディスクプレート(=ホイール)の回転方向を考えると、左右を入れ替えたキャリパーを使用している我がエスだとスライドピンも組み替えないといけないのではないか、という考えに行き着き今回あえて組み替えてみました。
 

 

 
 そして、ついでにキャリパーの左右を意味する浮き文字をグラインダーで削り落として打刻し直しました。
 
 はい、10数年来の想いをようやく叶えたような思いですっきらきら音符きらきら音符きらきら






最終更新日  2017年06月14日 08時58分15秒
コメント(0) | コメントを書く
[ホンダS800C メンテ] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.