000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

かなざわおふろ旅七… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

第40回鈴鹿AHSM New! 越前SRさん

コメント新着

yamasadas800c@ ぬかしんぼさん、遅くなりましたっ!(^^; おおぉ~っっっ!   超力作なコメントあ…
にゃんこ@ Re[6]:備41・今回で何度目?の3MA起こし、始めました♪(08/06) yamasadas800cさんへ お世話になります! …
yamasadas800c@ Re[1]:備52・エスのステアリングダストシール交換(05/01) 銀線名人ぬかしんぼさんへ うーん、ホン…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2018年01月17日
XML


 
 ウチにあるエスのサイドオーナメント。
 
 上から 初期型(87201-504-000 アンチモニー製)
     中期型(87201-504-010 同上)
     中期型(同上)
     最終型(87201-504-020?もしくは再販品?アルミ製)
     レプリカ (ガレージ24製)
     


 
 初期型は旧JIS規格3ミリネジ(ピッチ 0.6)山が刻まれており、一般的な六角ナット(とはいっても旧JISネジ山)でフェンダ-パネルに取り付ける方式。
それ以降のオーナメントはネジ山の刻まれていない棒が伸びているタイプで、スパイヤーナットとかプッシュナットといわれる外し方向には緩みにくいナットで留められている。
 

 
 留め棒(直径3ミリ)の距離間はそれらのいずれも128ミリなのだが・・・
 
 
 初期型ネジ止めタイプのシャフト(バー)位置は水平な同一直線上にあるのに対し、中期以降の位置は水平ラインで見て1センチ以上もズレた位置となっている。
 また、『H』の裏シャフトの立ち位置からして異なっている。
 

 
 画像の最下段、レプリカモデルの『H』の裏シャフトは中期以降と同じ位置だが、『a』の裏シャフトは中期以降タイプと比べてさらに約2ミリ低い位置にシャフトが立っている。(距離間はほぼ同じ)
 
 何か意図してのコトなのだろうか・・・






最終更新日  2018年01月20日 16時11分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[ホンダS800C 回顧録] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.