1274510 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

かなざわおふろ旅八… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

ゆめおーれ勝山・発… New! 越前SRさん

コメント新着

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2018年10月06日
XML
​で、引き続きキャブのお掃除。
 
乗ってないのに何回O/Hするんだ?っつうのっ♪
 

 
数年間放置でクーラント液みたいな緑色の液体まで飲み込んで固着していたキャブのフロートチャンバー内。
 


一通りの清掃を経て再びガスを充填してみる、の図。
別にこんなコト(↑)しなくても直接元通りに設置すりゃエエじゃん、の図、でもある。(いや、ちょっと寝転がらずにチェックしてみたかったモンで。)
 


まぁ、結局は素直に装着して油面を確認してみましたよ、の図。
左キャブは油面一発OK♪(OKライン:チャンバー室合わせ面から上5~7ミリ)
 


そして右キャブは・・・おっといけねぇ~10ミリ越え・・・つうか、高さが安定してない・・・ガスを充填しなおす度に油面が変わる。
 

 
何度かチャンバー室を開けて、フロートアームの軸やフロートの縦軸を何度も磨いたりして、外したり付けたりを繰り返した。
(元々油面は合っていたキャブなので、むやみにフロートアームを曲げたりせず、あくまでもフロートのスムーズな動きに拘ってみました。)
 


こうして右側キャブも油面ほぼOK♪と相成りました。
 
 
こうしてはやる気持ちで胸は高まり、カウルもろくに付けずにシート(ナゼかタンデムシートも!?)だけはめて、数年ぶりのエンジン始動。
 


ナンか軽快そうな3MAに見えるぞっ!?
 


いやいやいやっ!3MAはやっぱフルカウルでしょっ!!
予備のカウルをとりあえず付けてみる・・・(本命カウルはいまだダポさんトコに数年間置いたままなのであった・・・)
 


ま、カッコいいやぁね~っ・・・
 

 
・・・乗りたいけど我慢しる・・・。
 
ブリッピングで本来の調子を取り戻したコトを確認済み、ヨシッ♪♪♪♪♪♪♪♪
 
 
でー、続きましてー
 


ラットカスタム風味のカワサキなヤツがまたまた入庫。
ご要望は10月初旬の遠出ツーに出かけるまでにハンドルポジションの変更とFフェンダーの設置依頼。
 


このバイク、トップブリッジ外さないとハンドルバーも換えられないでやんのっ!
 


オーナー持ち込みのヤマハ・マジェスティ  ホンダ・フォルツァ のハンドルバーに交換。



ケーブル類の長さは何とかそのままでクリア♪
ミラーはご希望の下付けで何とか後方視界も確保♪
 


で、これまた持ち込みの社外Fフェンダー。
 
 
・・・なのは別にイイんだけど、何でいちいちそのバイク用のフェンダーじゃないモノを仕入れてくるのっ!!
​『ヤマハSR500&400用』​って・・・あなたのバイクはカワサキでしょうがっっっ!!!
 
たまにはポン付けできるモンを素直に持って来いっつうのっ!
 


・・・それとは別に、オーナーの要望にはないコトだったが、このバイクの中でどうしても許せなかった部分には勝手に着手するコトにした。
1ミリアルミでブラケット作成&フィッティング中、の図。
 


リアブレーキ部を真横に見たトコロ。
お分かりだろうか、リアBキャリパーの位置よりマスターシリンダー予備タンクの位置の方が低いのである。フルード交換の度にキャリパーかタンク位置を変えないといけないでしょうがっ!



なんてったってあり合わせのたかが1ミリ厚のアルミなので、剛性にも不安があって下手くそながら縦にリブを入れてみる。
 


で、ホースを延長してキャリパー位置より高いトコロにようやく設置完了。
 


他は端折りますが、ハンドルバーはさらに別物に変更、FフェンダーはFフォークアウターチューブの穴位置に合わせて穴開けまくり、スティ曲げまくり、リアマスタータンク変更でフルードも交換。
 
オーナーもさぞ満足でしょう・・・・ねっ!ねっ!ねっ!?


 
勝手ながら、オレは満足っ♪






最終更新日  2018年10月20日 21時18分58秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.