000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

銀線名人 凍てつく… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

まん延防止 New! 越前SRさん

コメント新着

yamasadas800c@ おめでとうございます<(_ _)> にゃんこさんへ 新年のコメントをいただ…
にゃんこ@ Re:備90・7、8、9月の総括(10/20) 今年もよろしくお願いします。 またTZR関…
yamasadas800c@ Re[1]:備90・7、8、9月の総括(10/20) 銀線名人ぬかしんぼさんへ おはようござ…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:備90・7、8、9月の総括(10/20) 毎度 凄いことしてますねえ!! あなた…
yamasadas800c@ Re[1]:備88・5、6月の総括 その3(07/01) 銀線名人ぬかしんぼさんへ   貴方にとっ…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2021年01月19日
XML
・・・つづき
 
ヒト様のエンジンだけに安易にクランク回して組み間違いによるバルブ干渉等でキズを付けたりしたら申し訳ないので、とりあえず回してみる前にピストン位置のチェックをしてみるコトにした。
 

 
前回のブログの時の位置ままでスパークプラグを外し、まずは1気筒目(↑↑↑)。
 

 
で、2気筒目(↑↑↑)。
 
なぁんだっ♪ちゃんと1・4気筒目の上死点位置になってるじゃないかーっ♫
 

 
・・・というコトは・・・
 
 
 
手持ちのワンウェイクラッチプーリーでも確認してみたのだが、このエンジンに付いているプーリーの合いマーク●刻印も位置的に同じだったし、結果的にクランクシャフト先端の●打刻が180度逆に打たれているコトが分かった。
よくよく見てみるとクランクシャフト先端部は一度削った形跡がある。現在付いている●刻印は後でまた打ち直したモノなのかもしれない。
 
ただ、コレがこのエンジンをO/Hしたカタの仕業であろうとなかろうと組み上げた時点で●刻印を打ち直すか、もしくはそこまではしなくてもプーリーのタイミング刻印位置は1・4と2・3とを差し替えておくべきではないだろうか?
 
・・・こうして、とりあえずは安堵してようやくクランクを手で回してみた。
しっかりと圧縮される行程のシューッ・・・シューッ・・・という音を確認し、なお安堵したものである。






最終更新日  2021年02月10日 11時14分16秒
コメント(2) | コメントを書く
[ホンダS800C 回顧録] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.