1258482 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

逃げないんで警察行… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

いにしえの発動機たち New! 越前SRさん

コメント新着

銀線名人ぬかしんぼ@ Re:備55・夏休みの宿題・・・(08/09) New! やはり、お主なかなかやるなっていう感じ…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:あっっっ!(06/30) yamasadas800cさんへ 良く出来ました。 …
yamasadas800c@ あっっっ! 画像を眺めていて今気づいた。     この…
yamasadas800c@ てへへ・・・ > 銀線名人ぬかしんぼさんへ   クルマ…
銀線名人ぬかしんぼ@ Re:備54・じめじめカビ予防対策(06/30) 所謂博物館並みですね。 素晴らしいです…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

全213件 (213件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 >

今日の出来事(日記)

2010年04月01日
XML
 
 エー・・・テステスッ、業務連絡、ぎょうむれんらく~っ・・・
 
2010.4.1 ブランニュー携帯 『XPERIA』 001 
 
 携帯電話の変更に伴いました、メアドの変更をご連絡申し上げますー。
 
 
 
      ※※※※※※※※※※※@docomo.ne.jp 
 
                ↓↓↓
 
    ※※※※※※※※※※※@mopera.net
 
 
 
 上記の通り、※印の箇所以降が変わりました。※印のトコロは以前と同じです。
 
 ワタシの携帯メアドをご存知の方は本日(平成22年4月1日)より速やかに変更いただきますよう、よろしくお願い申し上げますー!
 
 
 以上デスッ! <(_ _)>







最終更新日  2010年04月01日 19時28分00秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年03月26日
 
 
   我が携帯ついに死亡・・・
 
 
2010.3.26 中継ぎ投手・・・ 002(P902is 全体) 
 
 2005年から使用していたドコモの『P902is』(←古っ!)・・・。
 
 2008年春のバイク転倒時に、側溝に流れる水流の中にタンクバッグもろともダイブした経歴を持つ。
 もちろんその直後、この携帯は一時期『意識不明』(=電源すら入らない状態)の瀕死の重体に陥った。
 
 が、しかし、一週間の療養の末(=冷蔵庫の中に一週間安置)、無事復活したツワモノでもあった・・・。
 
 が、さらに、2009年には『カメラモード』がご臨終(=カメラボタンを押すと携帯すべてが自動OFF!&再起動モード)となったが、電話としての機能はいまだ健在だったので、一応そのままヨシとしていた。
 
 ・・・そして、今年の2月アタマから・・・『モニター画面』の照明が点く時もあれば、点かない時もある、という症状が出始める。
 折りたたみの開け閉めを何度か繰り返していると『モニター』照明が灯るので、ダマシダマシではあるがコレまたオッケーとしていた・・・(苦笑)
 
 
 だが、モニターの照明が点かないというコトは、画面を目視で読み取るコトが出来ないというコト・・・。
 
2010.3.26 中継ぎ投手・・・ 004(P902is モニター死亡) 
 
 つまり、誰から電話が掛かってきているのかも電話に出てみるまで分からないし、メールが届いてもまったく読めないし、そして一番の困り事は、誰にも電話が掛けられないという事実であった。(←ヒトの携帯番号イチイチ覚えられないモンネ・・・)
 
 で、本日ついに・・・間違いなくモニター殿、完全お亡くなりになりました・・・何度も開け閉めを試みたがもうさすがにダメだ。
 くそぉ~こんな生活、もう耐えられない・・・すでに次期機種は決めていたのだが、4月発売なんですよぅ・・・orz
 
 そこで、「困った時のこのヒト頼み」のコ~ナ~ッ♪
 
 バイク仲間のヒデさんである。通信建設業界のブッチョサンデースハート
 
2010.3.26 中継ぎ投手・・・ 001(P906i 全体) 
 
 4月の購入するまでの間、この機種()を貸与してくれるコトにあいなりマスタッ♪
 あ、データの方も、『電話帳』、『メールアドレス』、『送着信メール履歴』、オマケに『iモードBookmark』まで今ではご丁寧に「移し替え」できるんですねーっ!(嬉)
 
2010.3.26 中継ぎ投手・・・ 003(P906i モニター部) 
 
 う~ん、この機種のままでもイイかもっ音符
 
 
 
 ・・・エッ!? ヤッパ、ダメッすか、ヒデさん?・・・エヘヘ(苦笑)
 
 
 {※ 4月以降にはワタシの携帯のメアドも変わると思います。また、コチラの方で業務連絡いたしますデス。要チェケラッ!!・・・???}
 
 






最終更新日  2010年03月26日 18時15分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年03月21日
 
 タイトルのとおり、ようやく見に行くコトができました・・・でも、できれば先週に行っておきたかった・・・講演会(座談会?)に。
 
 本日の天気、雪こそ降らなかったが強風を伴ったあいにくの雨天空。
 明日(22日)の天気の方がマシみたいなのだが、残念ながら別用があるため今日をおいて他にはなかった・・・で、先日から心配懸念の『白粉噴き』ボディの我がエスを引っ張り出して会場に向かうことにした。
 
 「今日の雨水で白い粉をある程度洗い流す。」という浅はかな暴挙に出たというワケ・・・(苦笑・ホント、旧車乗りの風上にもおけない野郎だ・・・)
 
 時折みぞれも入り混じる降雨の中、我がエスはけなげに走ってくれる、Sタイヤのまんまで。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 024(カタログ&チケット) 
 ↑『アート疾走する日本車』展のチケット判切れ&チラシ&カタログ↑
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 021(県立美術館前) 
 
 会場入り口には、見覚えのある『三菱ギャランGTO-MR』と、『マツダコスモスポーツ』が屋外展示されていた。
 「福井クラシックカークラブ」メンバーさんの愛車が、週末のみの日替わりで随時展示されているのだそうだ。
 で、GTOの方の所有者は約10年来の知人。ひょっともすると、この会場内にも展示されている「三菱オートギャラリー」所蔵のGTOよりもキレイかもしれない・・・(笑)
 しかし、よりにもよってヒドい天気の日の展示当番日でこの2台は大変でしたね。
 
 とりあえず、挨拶もソコソコにまずは会場内へ・・・
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 001(トヨ2オープン F) 
 ↑トヨタ2000GT・オープンタイプ 『トヨタ博物館』所蔵↑
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 002(トヨ2オープン S) 
 
 個人的好みの意見だが、トヨ2はやっぱりオリジナルの屋根付きの方がカッコイイと思う。
 バブルルーフからリアフェンダーに下りていく稜線もこのクルマの流麗さを表現しているひとつのアイテムだと思っているから、ブッチョン切られたコトによって美しさをひとつ欠いてしまった印象を受けてしまう。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 003(トヨ2オープン コクピット) 
 
 トヨ2のメーターパネル、ローズウッドの合板で化粧されている・・・我がエスもメーターパネルはメイプル材とアルミ板での合板製なモンだから、ついついマジマジと見比べてしまう。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 004(S30  432 F) 
 ↑日産フェアレディZ432 『日産自動車(株)』所蔵↑
  
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 005(S30 432 R) 
 
 ワタシが語るまでもございませんね・・・国産旧車スポーツカーの王道の1台デス。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 008(日野コンテッサ900スプリント S) 
 ↑日野コンテッサ900スプリント 『日野オートプラザ』所蔵↑
 
 個人的に一番見たかった1台。だって他に誰も持っていませんモンね、市販されなかったのだから。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 009(日野コンテッサ900スプリント Rその2) 
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 007(日野コンテッサ900スプリント コクピット) 
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 011(日野コンテッサ900スプリント ボンネット) 
 
 ココんトコの抑揚がかっこエエ・・・
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 013(CSP311 F) 
 ↑日産シルビア 『日産自動車(株)』所蔵↑
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 012(CSP311 R) 
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 014(AS280 F) 
 ↑ホンダS500 『本田技研工業(株)総務部』所蔵↑
 
 コレは外せません・・・何てったって、我がエスのちっちゃな兄貴w
 ホントはエンジンルーム内なんかも見たかったんだけどなぁ~、本家ホンダ直々にレストアされているのだろうから、さぞオリジナル度満点で仕上げられているんでしょう・・・ネェ?
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 015(AS280 RS) 
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 016(AS280 R) 
 
 
 結局会場内で眺めていた時間は15分ほど。
 展示車両は14、5台だったから、1台につき約1分ほどか・・・ハヤッ!!
 
 どうもワタシは旧車が特別好きだというワケではないみたい・・・ただ単にエスが好きなだけみたいだ・・・(苦笑)
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 020(個人展示のギャランGTO-MR) 
 
 で、早々と会場を出て、先ほどのGTOのオーナーさん達との世間話の方に花が咲くw
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 018(個人展示のコスモスポーツ F) 
 
 コスモスポーツのオーナーさんとは今回初めてお話をさせてもらったのだが、お住まいはお隣のECZN市のカタでした。近くにもコスモスポーツあったんだぁ。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 019(個人展示のコスモスポーツ エンジン) 
 
 ほぼ純正に忠実なままのエンジンルーム。
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 022(コスモスポーツのトランク内に・・・) 
 
 で、トランクの中には・・・
 
2010.3.21 『疾走する日本車』 at 福井県立美術館 023(ロータリーエンジンのハウジング) 
 
 ロータリーエンジンのハウジングが一気筒入っていた!
 
 ロータリークランクのシャフトは途中でブチ切られている様子なので、まさにディスプレイ用なのでしょう。
 
 
 
 欲を言えば、会場内の展示車両もエンジンルーム内を拝見できれば、もっとワタシの関心は揺すぶられたコトでしょう。
 エクステリアだけの鑑賞ではワタシの心の琴線があまり振れないというコトを今回改めて知りました・・・
 
 以上デス。
 
 






最終更新日  2010年03月22日 01時38分39秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年03月16日
 
 前回のブログで申し上げたとおりになってしまいましたネ・・・
 
 『アイハートホンダのイベントが終わった途端、いろいろと行事ゴト&仕事関係でバタバタとしておりました・・・(苦笑)
 
 ここ最近、ずいぶんと春めいてきたかな?と思い、相変わらずバッタバタ(?)な仕事に一段落をつけ、ひっさびさの『愛車の洗車ハートでもしてみようかと思い立ってみた。

 
 で、夕方の仕事上がりにガレージへ。
 
2010.3.16 久々の洗車? 003(3MAとエス) 
 
 う~んんんん、やっぱ寒いッスぺんぎん・・・というコトで、やっぱりストーブを付けますぅ・・・炎
 
2010.3.16 久々の洗車? 001(3MA斜め後方から) 
 
 まず最初に、3MAの洗車。
 昨年の12月に乗ったっきりでそのまま放置プレーだったのだが、環境劣悪な我がガレージ内での越冬は、何度も結露を繰り返し、すっかり『水垢だらけのカウル』に仕立てられてしまっていた。
 
2010.3.16 久々の洗車? 002(3MA後方から) 
 
 3MAの前方に見える水のせせらぎ(?)は、洗車時の水たまりなどではなく山側から流れてくる雪解け水・・・何度も言うようだが、我がガレージの環境は劣悪!・・・ほえー
 
2010.3.16 久々の洗車? 005(エス) 
 
 そして、お次にエスの洗車・・・をしようとガレージ外に出そうとしている構図。
 我がエスは『アイハート』参加時、降雪の中鈴鹿に向かうハメになってしまったので、今や車体全体に「白い粉」が噴いております・・・はい、『融雪剤』が舞った痕跡です。
 
 現在の『融雪剤』は、塩基系ではなくなったからサビを誘発させるコトはない、という巷のウワサを鵜呑みにし、『アイハート』以降も洗わずにほったらかしにしてしまった・・・グウタラなワタシのただの『言い訳口上』ですけどネ。
 
2010.3.16 久々の洗車? 004(ガレージ内からエス&3MA) 
 
 そうこう言っているウチに、またもや冷たい雨が降ってまいりましたので、エスの洗車はまた後日というコトにいたします。
 
 
 ・・・えっ?週末はまた雪が降るんですか!?
 
 もぉ~っ・・・春なのに・・・
 
 






最終更新日  2010年03月17日 08時55分26秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年02月08日
 
 先日当ブログにもらったまかさんからのコメントで、

「『NULYZAL』さんに塗装をお願いしました。」 
 
 というコトバで、ナニを塗装依頼したのかが気になり、本日のFKI市に行った時の帰り、チョー久々の約半年ぶりにこの板金塗装屋さんに立ち寄ってみた。
 
 『NULYZAL』(塗猿・ぬりザル※)、ワタシの高校時代からの友人が経営するクルマ板金塗装屋だ。
 
 {※ 名前の由来は、社長の見た目そのものに由来しているw また、この会社のブログは今現在ほぼ休止中・・・この会社第2のブレイン(?)、(筆?)達者NULYZAL@君が海外長期出張中のためだ。}
 
 
 まかさんが塗装依頼したモノとは果たして『ヤマハFZ1の前後ホイール塗り替え』だった。
 
 こんな空間(=加圧式塗装ブース)で塗ってもらえる塗色対象物ってスッゴく贅沢でっすねぇぇぇ~っ・・・しかもこの広い空間の中でホイール2コってぇ~っ♪・・・ある意味、スゴクネッ!?
 
 
'10.2.8 『塗猿』ブース3 
 
 塗っているヒト:『NULYZAL』スタッフのシマちゃん。
 ガンメタリック系の塗装も終わり、トップコートのクリヤー吹きを行なっているトコロ。
 
《撮影:『NULYZAL』社長のちゃん(携帯のカメラが壊れているワタシが無理言ってお願いした・・・クショウ) 以下、同文》
 
'10.2.8 『塗猿』ブース2 
 
                                      《同文》
 
'10.2.8 『塗猿』ブース1 
 
                                      《同文》

  
 完全密閉加圧式ブース内での塗装のメリットは数限りなくある(らしい)。
 
 塗装面ゴミ付着による失敗率の大幅軽減はもちろん、塗料のミスト(粉塵)は速やかにブース内から排除されるので対象物に再び付着する率も減る。したがって、作業効率アップ(=スピードアップ)に繋がる。
 また、1年を通してほぼ同じ温度、湿度という条件を整えた環境下で塗装を行なえるので、硬化剤&希釈液の種類を選ばないで済み、塗装仕上がり(肌&光沢等)にムラがなくなる。
 常に塗装に適した空間なので、ハイグレード(より高価)な塗料の使い甲斐もある。(ちなみに『NULYZAL』さんトコは『DU PONT(デュポン)』製のハイグレードタイプを使用。)
 
 そして、何より最大にして一番メリットというのが・・・塗るヒトの身体に優しいハート・・・というコトだそうだ。 
 
 社長いわく、このブースを導入する以前ももちろん防塵マスクは必ず装着していたが、ソレでも肺に支障をきたして体調を崩すコトもしばしばあったらしいのだが、このブース導入以降、身体の不調を感じるコトはほとんどなくなったという・・・ソウデスヨネ、身体が丈夫であってのお仕事・・・一番大切なコトですねー。
 
 以上、 『NULYZAL』社長ちゃんからの『受け売り』ですたっ音符・・・エエ、すべてデスゥ・・・(クショウ)
 
 
 
 あ、まかさんのホイール、イイ感じの(つや)出てましたヨ♪
 
 ・・・ブースの外で見てましたから、良くは知らんけどww
 
 






最終更新日  2010年02月10日 00時58分43秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年01月31日
 
 本日(31日)は、時折日も差すような真冬にしてはそこそこのどかぁ~なお天気晴れ
 
 ただ、先日の雪解け水による我がガレージ内の『浸水』のせいで・・・
 
'10.2.1 1月最後の休日に 001(エスクーペに結露).jpg 
 
 ガレージの天井一面には大量の『結露』が発生・・・この陽気でポタポタポタポタと、いつまでもいつまでも『雫(しずく)を垂らすモンだから我がエスのルーフもビッチャビチャ雫・・・コンチキショーッ!!
 
'10.2.1 1月最後の休日に 002(3MAに結露).jpg 
 
 ・・・3MAのガソリンタンクの上も・・・ベッタベタ~
 
 「う~んんん・・・そうだっひらめきこんな日は「水気飛ばし」するためにドライブに行こうっ!」
 
 ・・・ってコトで、「バッテリー上がり」していたエスの充電も終わった午後3時半頃にようやくガレージから引っ張り出す。
 5分程度の暖気をしてから、いざ出発~っ
 
 で、SBEから国道8号線を通ってFKI市街方面へ・・・、我がエスにまとわり染みついた水分を飛ばす意味合いからも路面の乾いた主要道路を選びながらひた走る、好調好調。
 
 すると、30分程度走らせていたトコロで、携帯に電話が入る。
 
 「あぁ、yamasadaくん!火事だっ炎、地元で火事だっ!!炎
 
 電話してきた主は、消防副分団長だった・・・
 エエ、ワタシはいちおうぺーぺーの消防団員
 出先(っつうか、ただのドライブ)だからといって、地元の火事である以上はなおさらのコト引き返して現場に向かわないワケにはいかない。
 
 もう「水気を飛ばすため」なぁんて、悠長なコトももはや言っていられない・・・近道するためにFKI市街から峠を一本越えるルートで我が地元へ急行っ!

 ドレだけスッ飛ばしたんだろう・・・かなりのクルマを追い抜き、引き返しの所用時間は行きの時間の半分くらいだった。
 で、自宅前にエスを放り出したまま、消防メットと手袋を携え消防長靴に履き替えて、セレナに乗り換えて急いで現場に向かった。
 
 
 火災現場は、ワタシの小・中学校時代の部活先輩の自宅だった。
 直接現場に着いた時には、すでにウチの分団のポンプ車もすでに放水状態だったし、他の分団のポンプ車、本署の消防車、地元自警隊の連中も家の周りをグルリと囲んだ状態で一斉放水中となっていた。
 
 
 幸い(といえばイイのかどうか・・・)、先輩の家族皆んな無事だと確認はできたが、ソレにしてもモノ凄い火災だった、木造で屋敷が大きいだけに火がどんどん屋内で回る・・・ほぼ鎮火するまでに4時間はたっぷり要し、夜はすっかり更けていた。
 
 
 
'10.2.1 1月最後の休日に 004(福井新聞の記事).jpg 
     《翌日の2月1日付け『福井新聞』掲載記事より》 
 
 
 本当の鎮火といえたのは夜中12時を回ってから、というのが正確だろう。
 いくら水を掛けても下屋の天井裏あたりでくすぶり続ける『火種』が一向に消せず、いつまでもプスプスと煙を吐き続けていた。

 我が分団員達が家に戻れたのは、後片付けやナンやらで夜中の2時を回った頃だった。
 
'10.2.1 1月最後の休日に 003(露払いできぬまま・・・).jpg 
 
 で、我が家に帰ってから外に放り出したままのエスをガレージに片付けるコトにした。
 
 
 我がエス『夜露』にグッショリ濡れて、すっかり冷え切った状態で我がガレージにまた戻りましたとさ・・・グッナイト・・・星
 
 






最終更新日  2010年02月02日 19時04分22秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年01月21日
 
 本日のブログ投稿で、ようやく『365回目』を迎えた・・・
 
 つまり、毎日日記を書き続けていたならば、ちょうど『1年分』というコトになるのだろう・・・が、実際には4年と半年という長い歳月を費やしてしまったワケである・・・(遅っ!)雫
 
 
------------------------------------------------------------------------
 
 今日の当地の天気は「雨・・・
 つい先日まではそこそこの「大雪雪が降り積もったモンだから、本日の天気で一気に『雪解け水』が発生するという構図が出来上がる・・・
 
 
 
 ・・・では、我がガレージにちょっと行ってみましょうか・・・
 
 
 
2010.1.21 一時の雪解けで・・・ 001(ガレージ外) 
 
 ・・・案の定ですネ。
 
 山間からの『雪解け水』の通り道は、今や我がガレージの前にと変化してしまっている。
 
 本来、山水(やまみず)は我がガレージのすぐ横を通る町道のさらに向こう側にあるU字溝を通って、最寄りの川に流れ着く経路のはずだったのだが、いつの間にやらそのU字溝は消失(=5年前の水害以降)してしまい、ほぼすべての山水が我がガレージ前を通るカタチとなってしまった。
 {※「今年こそ何とかしてくれ。」と、市に掛け合い中・・・(苦笑)}
  
 
2010.1.21 一時の雪解けで・・・ 004(3MAの下) 
 
 で、ガレージ内はこんな感じ・・・(過去に何度も掲載しているが・・・)
 
2010.1.21 一時の雪解けで・・・ 002(エスの下) 
 
 本日の最高時、ガレージ内の水深センチでした・・・
 こんな状態の我がガレージなので、真冬にもかかわらず太平洋側のような乾燥した空間にはなるハズもなく、年中通していつもジメジメジトジトなクルマ&バイクにとって劣悪な環境なのだ。
 
 
 
 
 
 もちろん悪いコトばかりではない・・・
 ガレージのフロアに染み付いたエスのエンジン・フロントカバーからにじみ出たエンジンオイルの染み、はたまた吹きこぼれたラジエーターのクーラント液の染み、排気漏れして真っ黒に染まった水滴、そして、デフオイルシールから滴り落ちたデフオイル・・・
 
 コレらのすべてを綺麗サッパリと洗い去ってくれる・・・赤ハート 
 
2010.1.21 一時の雪解けで・・・ 003(エスの下2) 
 
 
 
 ・・・って、アレレ?・・・全然、根本的に解決策になんかなってないですね・・・
 
 
 ナニ言ってるんだ、いったいオレ???・・・orz
 
 






最終更新日  2010年01月21日 18時09分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年01月10日
 
 コチラをご覧になられている皆様、ご無沙汰いたしておりました<(_ _)>ペコリッ
 
 今年のワタクシ、数え年で42才・・・つまり、 『初老』『本厄』を迎えるコトとなりました。
 
 で、ワタシの町内では昔から数え年の42才、そして数え年の61才を迎える町民男性は、厄払いの神事、並びに初老・還暦を祝う『餅撒き』を執り行う慣習行事がありまして、そのコトを地元では『おこない』と申しております。{※ おはらい(厄払い)には、数え年19才女性&25才男性&33才女性も含まれる。}
 コレが、結構にたいそうな一大イベントでして、ワタシ達同年のメンバーも2年前から「積み立て」を始めて準備金を貯め、昨年11月からこの日のための準備や打ち合わせ等を区長さんや神社委員会の人達と着々と進めていかなければならないワケでした。
 
 
 1月9日(おこない前日)の夜
 
 8日にはつき終えた餅、約800個を餅撒きに使用する『耳桶(みみおけ)』に詰め込む作業を開始する。
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 001(餅詰め作業) 
 
 本邦初公開!(?)、『目線ナシ』でウチのガキンチョふたり。
 
 甲斐甲斐しく親父の『晴れ舞台』のために餅詰めを手伝う、の構図。
 
 
 
 
 ・・・いや、すぐに飽きてその場を立ち去って行きましたけどネ・・・
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 002(餅詰め・1段目) 
 
 そんなガキンチョふたりではあるが、餅に絵を描くコトだけは性に合ってたみたいで、何時間も黙々と描き続けていたのは印象的でした。(さすが我が子供達だ・・・笑 ※描いたのは8日の夜。)
 その絵餅の個数、100コをゆうに越える。
 「小もち」は上画像()のように何段重ねかにして高さが均等になるように250コ程度、まずは敷き詰めた。その上に「中笠もち」を置き、さらに「小もち」を150コ程度敷き詰め、なお且つ「大笠もち」を敷いて、またさらに「小もち」100コ・・・そして、最後に「恵比須さんの絵もち」を敷いて完了。
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 003(餅詰め完了) 
 
 このように耳桶をこもで巻き付けるためだけに 『漢(おとこ)結び』 (アレレ?コレって全国共通語カナ???)という紐の結び方を村の長老(?)から直伝してもらった。強い結束力を必要とする場面で有効な結び方なのだそうだ。
 
 
 ・・・あっ、亀○縛りは聞き忘れた・・・残念。
 

 1月10日(おこない当日)
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 010(42才側) 
 
 コチラ()が、今年の『初老』組、いわゆる『ヤング』組。
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 011(62才側) 
 
 で、コッチ()が『還暦』組。「団塊の世代」である『還暦』組は画像に写っている玉垣のスペースだけでは入りきらず、画像には写っていないが向かって左側にさらに足場を組んで『桟敷』を組んだトコロにもズラリと並んでいる。
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 013(餅撒き風景・小餅) 
 
  『餅撒き』 開始~っ!
 画像中央で餅撒いてるのがワテ。

2010.1.9-15 餅撒き&大雪 009(餅撒き風景・大餅) 
 
 約100コくらい「小もち」を撒くと耳桶の中から現れる「大笠もち」。
 
 あ、先に言い忘れてしまったのですが、民衆が「餅を拾う」という行為には、『厄年』である我々『初老』並びに『還暦』の人達の「災い事を少しずつに分散させて引き取ってもらう。」という意味合いが込められているのだそうだ。
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 
 
  で、『餅撒き』のオープニングにまず撒かれる『恵比須様・特大絵餅』を激しい争奪戦の末に見事ゲット賞金したお方とは・・・
 
2010.1.9-15 餅撒き&大雪 014(Z改めFZ@京都さん) 
 
 京都からはるばるお越しのZ改めFZ@京都さん(バイク仲間)でした~っ!スマイル
 
 いやぁ~、しかし、まさかこの行事にお越しいただくとはユメユメ想像すらしておりませんでしたヨ・・・ホントにありがとうございました♪
 
 






最終更新日  2010年01月15日 18時54分47秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年01月01日
 
2010.1.1 迎春(3MAイラスト) 
 
 今年もよろしくお願い申し上げます音符
 
 






最終更新日  2010年01月02日 14時49分11秒
コメント(13) | コメントを書く
2009年12月13日
 
 12月12日(土)、予定どおり今年もこの『忘年会』は執り行われた。
 
 越前SRさん名幹事のもと、県外からも3名お越しいただき、オシャレに『イタリアンのお店ワイングラス』で・・・
 
 ・・・のはずだったのだが、コチラが予約を入れようとしたトコロ、別団体に『貸し切り』予約を入れられてしまっていたために、結局会場は全国チェーン居酒屋『魚○ビール』に変更~っ!
 
 
 ・・・というオチ付きでした・・・オトキチ18番サン・・・(苦笑)
 
2009.12.12 ローカルホンダツインカム忘年会in福井 001(『魚民』会場) 
 
 まあ、会場は『魚○』なのでこんな感じ・・・。
 『1時間半飲み放題』のうたい文句はイイのだが、ナニせあわただし過ぎるネ・・・
 
2009.12.12 ローカルホンダツインカム忘年会in福井 006(『ワンオフ工房』風景) 
 
 で、2次会の会場に移動・・・会場となったのは、『コンセプトY』の産み出されるめがね職人Hさんの『ワンオフ工房』アトリエ。
 モノ作りの現場というのは、DIY派の多いエス乗り&AK乗りにはなかなか良い雰囲気の場となるのではないでしょうか♪
 
2009.12.12 ローカルホンダツインカム忘年会in福井 016(2次会) 
 
 夜も更け、日付けが変わっても皆さんのお話は尽きない・・・。
 
 
 
 コレをまた明日からの活力源にして、何とか年を越せるように頑張りたいと思う。
 
 ・・・って、アレ?なんだか物々しい締めくくりになっちゃったナァ・・・
 
 






最終更新日  2009年12月16日 13時04分01秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全213件 (213件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 22 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.