1224436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

yamasadas800c的日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

本日フレンチトース… New! 越前SRさん

私のバックパックに… New! 銀線名人ぬかしんぼさん

コメント新着

にゃんこ@ Re[6]:備41・今回で何度目?の3MA起こし、始めました♪(08/06) yamasadas800cさんへ お世話になります! …
yamasadas800c@ Re[1]:備52・エスのステアリングダストシール交換(05/01) 銀線名人ぬかしんぼさんへ うーん、ホン…
yamasadas800c@ ひでさんさん、こんにちはー☆ > ヒデさんさんへ   ご無沙汰しており…

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

クルマ&バイクの回顧録

2016年02月10日
XML

 本日、北陸方面出張にあたり、そこかしこで私用も果たす・・・
 
 お昼休み時間に野々市辺りで一件、夕方には富山のエスオーナーさんトコにも訪問。そこでお使いを頼まれ、帰路の途中でG・Sさんトコにブツの手渡し。
 
 そして、小松辺りまで帰ったトコロで、あるエスオーナーさんに電話を掛けてみた。そのおカタとはもう10年以上はお会いしてなかった。
 
 で、連絡が取れて急きょそのカタのガレージを訪問っ♪
 
IMG_2801.jpg
 
 彼はすこぶるお元気でしたし、見た目も以前のままのようでした。
 っていうか、最近お子さんも手を離れ、旧車を弄るパワーは完全復活されていました。
 
IMG_2800.jpg
 
 久々に拝見したのだが、30年前に彼自身の手で再生されたエスロクはいまだに外装、エンジンともにピカピカのままでした。
 
IMG_2802.jpg
 
 そして、一昨年ついに完成したヨタハチもガレージ内に鎮座していた。
 子育てに忙しい時代も重なり、足掛け20年の歳月を費やしてついに完成にこぎ着けた珠玉の一台、昨年はヨタハチ生誕50周年でイベントも多い年だったからそれに間に合わせる意味もあったのでしょう。
 
 しかもナンバーが偉いっ。(←オーナーさんに愛車すべてのナンバー晒しの許可も承諾済)
 
IMG_2803.jpg
 
 エンジン&燃焼ヒーターシステムの仕上がりも極上モノ。
 画像を取り忘れたが室内の仕上がりもまるで新車のようだ。
 
 オーナーさんは90年代のOT誌に掲載されたコトのあるおカタ。
 ワタシは当時その記事を読んで、「同じ北陸のカタだし、石川県でも比較的福井県寄りの地域にお住いのカタだから是非ともこのカタとお会いしたい!」という思いで必死に(?)彼のお住まいの場所を探した覚えがある。
 まだエスオーナーである知り合いが近くに誰もいなかった頃のハナシだ。
 
IMG_2806.jpg
〈撮影者:ダポさん〉
  
 そして、久しぶりのガレージ訪問に満足し余韻に浸りながらウチに無事戻るだけではまだモノ足らず・・・今年初めてのダポさんアトリエ(作業場)訪問・・・で、しめっ!
 
 本日は仕事も私用もすべてマンゾク、マンゾク♪
 
 






最終更新日  2016年02月11日 17時37分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年02月01日
 
 つづき。
  

 高1の娘は15キロの道程をいつもカミさんのクルマ(ホンダ・フィット)の送りで通学しているのだが、その日はカミさんの都合が悪く、急きょワタシがハイエースで娘を高校まで送って行くコトになった。
 
 先日まとまってドカッと降った雪もかなり融けたので、主要&幹線道路の路面上にはほとんど雪はなくなっていたのだが、気温はさらに下がりこの日は氷点下。一見黒く見えるアスファルト路面も一昼夜日陰のトコロでは通勤時も実はテッカテカのツルッツルな箇所も多数の状態だった。
 
 娘を助手席に乗せた我がハイエースがS字コーナー手前に差し掛かる頃、前を走っていたトヨタ・ノア(おそらく4WD車)がちょっと不安定に横滑りしているのを見て、瞬時に自分も身構える。このコーナー区間は完全に路面がツルツル状態だった。緩やかなS字コーナー間で3回ステアリングを切り直すような具合でカウンターをあてたが、それでもリアホイールはそこそこに横に流れた。
 ワタシは、ちらりと娘の表情を横目で見た。驚いたリアクションを期待してのコトだ。
 
 が、予想に反して、娘は前方の遠くをただ眺めるような視線で無表情のまま、というかまだ寝ぼけたままの感じで無反応だった。
 思いのほか神経が図太いようで期待外れだった・・・。
 
 
IMG_2622.jpg
 
 
 その日の夕方もまたワタシが娘を高校まで迎えに行かなければならなかったのだが、娘を乗せて帰路に向かうその時間帯は、その日の朝とは異なりもう路面は凍っていなかった・・・が、日中からまた降った積雪で主要道路以外は除雪作業が行き届いておらず、所々の交差点ではクルマの通る轍以外の路上では10センチ位の雪が積もったままの状態だった。
 
 この時の状況こそがLSD効果を体感する絶好のチャンスだった。
 ワタシはあらゆる交差点で故意に轍を外し、アクセルオンで曲がってみたり、パーシャルにしてみたり、アクセルオフにしてみたり・・・ハイエースのリアはもんどりうち、ワタシはステアリングを右に左に慌ただしく振り回していた。おっ、面白いっ!しかも、確かに車体は前にも進むっ!!
 
 どうだっ!?えっ、えっ?
 
 ・・・といわんばかりに得意げになってワタシは隣に座っている娘の顔をまたもや見た。
 
 相も変わらず、表情の一つも変えず遠くをぼぉーっと眺めているだけの娘だったが、ただ一言・・・
 
 
 
 「ねぇ、おとーさん・・・このクルマ、ナンかヤバくね?」
 
 
 娘にはこのハイエース、ドコか壊れているだけにしか映らなかったようだ・・・。
 

 
 
 ・・・しかも、今年の積雪はこれでおわりっぽい・・・あ~下手こいた。
 
 







最終更新日  2016年03月24日 19時53分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月27日


rblog-20160127182417-00.jpg


FRの2WD車である我がハイエース、越冬1年目だった一昨年の冬には新雪また深雪に対し辛酸を舐めさせられるコトが何度かあった。
例えば、積雪道で一車線分だけの轍(わだち)しかできていない小道などで対向車に遭遇した場合、両車お互いに外側の片輪だけ轍から一旦逸れなければならない時に4WD車ならすれ違い後に難なくまた元の轍上に戻るコトは可能だろう。しかし、後輪駆動の2WDだと轍から逸れた片輪が雪上で空転を起こしてしまうと轍上に留まっている片輪の方には駆動力が伝わらなくなり、そこから抜け出せなくなる場面に陥るコトになる。

そんなワケで、雪国である当地で商用グルマといえば大抵が4WD車のはずだし、最低限FF車を選ぶものなのだろう。

で、自分もできれば4WDのハイエースがもちろん欲しかったのだが、自分の中での第一希望は耐久性も考えてディーゼルエンジン車一択であり、その上で4WD車ともなると中古車でもかなり高くなってしまい予算オーバーとなってしまう・・・

ワタシはあまり深く考えず、そんな理由だけで2WDハイエースを選んだ。(中古の2WDハイエースはだいたいが太平洋側での使用車両なので、融雪剤等による塩害にもほとんど晒されず車両底が比較的綺麗なのも美点。)

ハナシを戻すが、2WDハイエースのこんな弱点を少しでも改善する方法がLSD(リミテッドスリップデフ)に換装するコト。
実は、ハイエースには4WD車にはメーカーオプションでLSDを選ぶコトも可能なのだが、摩訶不思議なコトに2WD車には選ぶ権限さえも与えられていないってえのはいったい全体どーゆーコトっっっ???えっ、トヨタさん?
4WDにLSDってのは雪国の冬場では『鬼に金棒』にも近く、LSDの付いていない2WD車はその真逆に近い存在だったりする。それにLSDの恩恵は、実は冬の雪道だけではなかったりする。横風の強い時の高速走行での安定性だったり、キツめの勾配のついた側道への乗入れのしやすさだったり。
結局、諸悪の根源はハイエースの後輪が独立懸架サスでなくリジッド(左右固定)サスのせいだからなのだが。

そこで昨年暮れ、ワタシは思い立って社外LSDを購入しハイエースに装着した。

しかし、装着したら早速試してみたくなる心情とは裏腹に、暖冬といわれる今年は1月も24〜25日になってようやくの(待ちに待った⁉︎)銀世界一色となった。

雪上を走行してみてLSDを装着したコトが決して間違いでなかったと確信はできた。もちろん4WD車と同等とはなるはずもないが、未装着時には脱出不可能に陥る様な状況でもなんとか走破できるし、脱出もできる。
ただし、後輪の両方がしっかり駆動しトラクションが掛かるコトでケツ(リア)が左右に簡単に振れるので、ステアリング操作も右に左にカウンター当てたりしなきゃならないから慌ただしい。ついでにアクセル操作でも挙動が変わるので、ついつい開けぎみになる。とにかく楽しい。(←しかし、過信は厳禁と肝に命ず)

…そんなコトを確認できたあと…つづく。







最終更新日  2016年01月27日 22時04分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月27日
 
 ・・・今さらかよっ!と、お思いのカタもいらっしゃるコトは重々承知いたしておりますが、はい、・・・今さらながらでございます。
 
 タカスサーキット専用マシンCRM80の今年のカラーリングが出来上がってきたのは、第1戦『春一番』(4/7)開催前日の4月6日(土)の日のコトだった。
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 077(大会前々日に出来上がったCRMのカラーリング).jpg 
 
 仕上げたのはもう言わずと知れたおカタ、Dapoo!(ダポ)氏。
 
 その仕上がり具合をトクとご覧あれー。
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 078(ニューカラーCRM 右) 
 
 ご当産地イメージカラーでもある漆塗り風』『ドクロドット模様』仕様。
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 083(ニューカラーCRM 左前方) 
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 082(ニューカラーCRM 左).jpg 
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 080(ニューカラーCRM 右後方) 
 
 いくら小排気量なバイクといえども、ソコはサーキット専用マシン、いつズタボロになっても不思議ではないマシンなのでキレイなウチにと、記念撮影♪
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 087(ご満悦ダポさん) 
 
 塗りあがった外装をマシンに装着し終え、ソレを眺めながら満足そうに悦に入るDapoo!氏。(←あくまで想像。)
 
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 084(ニューカラーCRM 後方より) 
 
 彼のカラーリングにはいつも「アソびゴコロ」炎にも余念がない。
 
 リアフェンダーに描かれたドクロマークをステンレス板を鏡にして後続車に拝ませる演出(?・想像その2)や・・・
 
2013.04 3MAエンジン修理&CRM化粧直し 085(ニューカラーCRM タモソ) 
 
 たくさんのドクロマークの中にたったひとつだけ浮かび上がる『タモソ』マークなどなど・・・なかなか趣深し。
 
 
 で、そんな4/7『春一番』(第1戦)当日の風景。
 
UNDER99 2013.04.07 007(Dapoo!さん) 『撮影:まかさん』 
 
UNDER99 2013.04.07 002(Dapoo!さん) 『撮影:まかさん』
 
UNDER99 2013.04.07 001(yamasada) 『撮影:まかさん』
 
UNDER99 2013.04.07 005(yamasada) 『撮影:まかさん』
 
 
 雨風降り止まぬ・・・というより本当の暴風雨の中、僕達はがんばりましたとも・・・いいえ、ボク早速ウソをつきました・・・がんばったのはダポさんのみです。
 
 せっかく目前にまでした上位入賞をボクがみすみす手放させてしまった、っていうのが現実でした。
 
 
 
 兎にも角にも、明日(6/2)日曜日、タカスUNDER99第2戦の開催です。
 
 
 
 
 
 ・・・はい、明日はダポさん一人で走ってもらいます・・・ボクお留守番してます。
 
 
 






最終更新日  2013年06月01日 21時19分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年05月30日
 
 いやぁ~、5月12日(土)のブログを最後に2週間以上も空けてしまいました・・・
 
 「最近ブログのペースが上がってきたね。」と、せっかくヒトに言われた矢先のスローダウン。
 ・・・ハイ、ボクって天邪鬼(?)なのかもしれません・・・クショウ
 
 
 いやいやいやっ、ちゃんと理由はあるのです。
 最後のブログ書き込みの日、その日の早朝は当消防団『ポンプ車操法大会説明会の日』でした・・・消防団に入った経験のあるカタならもうお分かりでしょう・・・
 
 ハイッ、今年も『ポンプ車操法大会』のシーズンがやってまいりましたっ!
 
 んでもって、今年は3年ぶりの選手としての出場ですぅ・・・orz
 ちなみに今年のワタシは「4番員」です。
 
 まあ、そんなコトはどうでもイイんですが、とにかくその説明会があった翌週から、連日夕方からの操法練習が始まりました。
 大会日は6月10日(なので、約4週間みっちりシゴかれます・・・そんな本日(30日・水)、練習も3週間目突入の中休みの日でした・・・カァナリ疲れてます・・・。
 
 
  -------------------------------------------------------------------------
 
 ま、5月もまもなく過ぎようしてるのでとりあえず振り返ってみました、ってコトです。
 
  -------------------------------------------------------------------------
 
 ウチの上の娘ももう中1。ノート型PCをお年玉で買ったのだが、ウィルス対策ソフトも入れないままネットを覗いてたモンだから、さあタイヘン!
 
 「お父さん、PC動かなくなっちゃった・・・」
 
 「んなコト言われても、父さんだって全然どうしたらイイのかも分からんぞっ・・・あっひらめきそうだっ!こういう時の友だち頼みっ、タメちゃんに助けてもらおうっ!」
 
 IT会社のタメちゃんに早速電話したら、週末に我が娘のPCを診てくれると言う、ありがとうっ、タメちゃんっ音符
 
 で、その週末(12日・土)彼がウチに来てくれた。約2年ぶりの顔合わせでもあった。
 
 
2012.05.12 マセラッティ シャマル1
 
 ・・・風の便りでクルマを買い換えた、とは聞いていたが、なっ、ナッ、何ですのっ!?このクルマっ!!!
  
 アルファロメオ・SZザガート右矢印マセラッティ・シャマルへの鞍換え・・・ホント、イタ車好きですね~っw
 
 
 
 ・・・で、操法練習も2週間目に突入した23日(水・練習 中休み日)・・・
  
2012.05.24 3MAホイール外し2
 
2012.05.24 3MAホイール外し1 
 
 普段からの完全運動不足&不摂生のせいで疲れがドンドン蓄積しているのが分かる自分にムチ打って(?)、3MAの前後ホイールを外す。
 
2012.05.24 NEWタイヤ入荷 
 
 ろくにありもしない袖を無理やり振っての『NEWタイヤ』購入ですっ!(クショウ)
 
2012.05.26 チェーン掃除 
 
 ホイール外したついでにドライブチェーンのお掃除と、以前カシめた繋ぎ部分のカシメがキツ過ぎたのか、動きがやや渋かったのでコレまた『NEWジョイント』と付け替えてみました。結果はGood!グッド
  
2012.05.26 NEWタイヤ装着1 
 
 で、26日(土)NEWタイヤと組み替えてもらったホイールを車体に装着。
 ちょっとは見栄えよくなりました?
 
2012.05.26 親父の愛車1 
 
 ・・・なぁんて自己満足に浸っていたら、ウチの親父が久々に登場・・・んっ!?ヒサビサ?
 
 っていうか、当ブログでは今まで一度も登場していないウチの親父・・・ハイ、いろいろとワケあって20年前から一緒には暮らしておりません。
 
 が、極たまぁ~に、何の前連絡もよこさずに突然我が家にやってくるのが彼のスタイルのようです。
 
 ワタシが、エスみたいな小さくて古いスポーツカーに乗るようになったのは、彼の影響がやはりあるのだとは思う。
 親父は若い時からクルマ好きで所有遍歴台数は20台は下らない。ワタシが覚えてるだけでも、フェアレディーZはS30系だけでも3度は乗り換え(←何度か廃車にしてるw)、130も2台(←当時は完全違法改造のターボ車)は乗り継いでいたし、BMWのマルニなんかにも乗っていた。
 だから、彼は比較的「大柄のパワー&トルクのあるクルマ」が大好きなのだ、その点がワタシと全然違うトコロ・・・そう思いたい。
 
2012.05.26 親父の愛車3 
 
 このクルマにはもう10年以上乗っているらしいが、彼のクルマ遍歴からすると異例の所有期間だ。以前のオーナーさんが大切に乗っていたクルマを譲り受けたモノだそうだ。
 入手後、インパネの計器類は次々に壊れていったそうで、電光表示のエアコンモニターなんかは表示ばけしたまま。
 昔から手先が器用な親父だったが、古ぼけていた純正ステアリングの革巻き部分も自分で直したんだ、と嬉しそうにワタシに話す。 
 
2012.05.26 親父の愛車4
 
 ま、いつまでも元気に乗ったってください。
 
 
 
 
 そして、その翌日(27日・)は『FTP』見学。
 
 そして、いつものようにワタシのブログにはメイン会場の画像がたまでありません・・・(苦笑)
 
2012.05.27 FTP グループ駐車場風景 
 
 そう、ココはメイン会場ではなく『FTPグループ駐車場』・・・
 
 
2012.05.27 FTP 石川 Tさんのエス4 
 
 石川県のTさんから連絡をいただき、昨年の秋にようやく仕上がったという彼のエスを拝見させていただくのが主な目的だったw(?)
 
2012.05.27 FTP 石川 Tさんのエス3 
 
2012.05.27 FTP 石川 Tさんのエス1 
 
 素敵なS800チェーンタイプでしたっ音符
 
 さあさあ、matool800さんも早く仕上げてくださいよ~っ!
 
 
 
 
 
 
 
 ・・・・・と、まあそんな感じの5月でありました。
 
 






最終更新日  2012年05月31日 17時28分32秒
コメント(8) | コメントを書く
2012年05月09日
 
 GW連休も終了し、ワタシは平穏な日々を送っています・・・
 
 
 いやいや、気付けば我が3MAの『自賠責保険の満期』のお知らせが届いておりましたし、ソレに続き『任意保険の継続』も立て続けにやってまいります・・・
 車検がないバイクとはいえ、出費がかさみますねぇ・・・イテテッ
 
2012.05.09 3MAのタイヤ 001(3MAのリヤ) 
 
 さらに追い討ちを掛けるかのように・・・
 
2012.05.09 3MAのタイヤ 002(3MAのリヤ・アップ) 
 
 先日のダポさん達とのツーリングを最後に、3MAのリアタイヤ、ほぼ天寿をまっとういたしました。サイドトレッド部分にはまだ溝が残っているので誠に名残惜しいのですが、センターのワイヤー繊維が露出しております。
 
 
 というか、このタイヤ、製造年が『2007年』モノです・・・賞味期限(?)がはるか昔に切れておりました。途中、「中休み」(苦笑)があったとはいえ、よく頑張ってくれた、と言えるのかもしれません。
 
 先日のツーリングでは本当に、見る見るゴムが削り取られるかのようでした。出発前にはセンター部分の溝はインジケータをカスめ始めていたとはいえ、確かにまだ存在していたのですが・・・260キロ行程のハイペースツーで油分のすっかり抜けたタイヤは、まるで消しゴムのようにカきムシられカスとなり消え去りました。 
  
2012.05.09 3MAのタイヤ 003(3MAのフロント) 
 
 フロントタイヤも同じく『2007年』モノ。
 溝がまだ残ってはいますが、同時に交換でしょう。
 
 
 しかし、出費の時期が重なります・・・とっても痛いです・・・。
 
 SRXの車検更新はまたまた遠のきます・・・我がエスの車検日も、もう間近です・・・しばらくお休みいたしたいと思います。
 
 






最終更新日  2012年05月11日 09時38分56秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月28日
 
 GWも前半があっという間に終わっちゃった・・・っつっても、毎度のコトながら村の行事や地元産業のイベント等でほとんど休みっちゅう感じじゃあないんですけどね・・・。(書き込み日:2012.04.30現在)
 
 でも、連休開始日(?)28日の土曜日の朝、ちょっぴりのプチツーに行って来ました。
 ハイ、その日の昼以降は、翌日のまつり準備がしっかりとあったモンですから、午前中限定でしたけどぉ・・・(´Д`;)
 
2012.04.28 プチツー2012GW 001(4台ツー)
 
 今年最初のプチツーは、やはりダポさんからのお誘いでした。
  
 灯台もとホニャララ・・・とはまさしくこのコトで、ダポさんのハナシでは、地元でワタシのひとつ上の先輩もバイクにずっと乗っているというコトを初めて聞いた。
 で、その先輩から今回ダポさんが誘われ、ワタシもご一緒させていただくコトになったワケ。
 
2012.04.28 プチツー2012GW 004(ZRX1300) 
 
 コレ)が、先輩の愛機 『カワサキZRX1300 ダポさんペイント仕様』
 ダポさんが彼からペイントの依頼を受けたコトで、彼もバイク乗りだというコトを初めて知ったワケです。
 
2012.04.28 プチツー2012GW 002(CB1300ボルドール&CB750カスタム) 
 
 コチラが、先輩のお連れのカタの『ホンダCB1300スーパーボルドール』ダポさんの隠れ愛機(?)とでも呼ぶべきの 『ホンダCB750カスタム』
 新旧のCBシリーズの競演ともいえるし、かたやヨーロピアン、もうかたやアメリカンの対比ともいえるし、かたや人気シリーズのCB、もうかたや超マイナーなCBだともいえるっw
 
2012.04.28 プチツー2012GW 003(CB) 
 
 とはいえ、ソコはダポさん、そこかしこにダポさんオリジナルの「俺様仕様」にシツらえてはありました。
 
 
 今回のルート:国道158号線九頭竜~岐阜・白鳥~やまびこロードの往復 総走行距離260キロ
 
 今回の感想:
 
 ダポさんは、旧型アメリカンタイプのバイクでも相当のペースで走れる、というコト。
 『九頭竜・道の駅』から以東の白鳥までの区間はかなりの高速コーナーが連なる道路なのだが、後ろを走ってたワタシの目の前で何度もリヤタイヤをよじらせて、ウネウネとリアテールを外側にスライドさせながらコーナーを旋回させていくサマをまざまざと目の当たりにした。
 また、低速コーナーは低速コーナーで、さほどバンク角もないはずのアメリカン(タイプ)バイクを「旋回角度」をほぼ一定に保持したまま、奥に行くほど切れ込んでいるようなタイトコーナーでもソレを見越しているかのようにビタッと一定のバンク角で駆け抜けていく後ろ姿、ホントお見事過ぎてカンドーモン・・・なんですわ手書きハート
 
 
 
 
 そんなダポさんとCB750カスタムとのコンビだったんですけど、今回が走り納めだったらしいです。
 
2012.04.28 プチツー2012GW 006(CB750custom) 
 
2012.04.28 プチツー2012GW 007(CB750custom) 
 
 ほとんど「一目惚れ」で入手したバイクらしいのですが、今回を最後に手放してしまうのだそうです・・・

 
 
 
 
 
 
 
 ・・・サアッ!ツギナルバイクハ、イッタイナニナニ???
 
 
 あ、ボク、GW後半はお仕事デース・・・orz
 
 






最終更新日  2012年04月30日 19時52分54秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月14日
 
2012.04.14 bike 002 
 
 本日(土)はまあまあのイイお天気だったので、3MAを走らせてみるコトにした。
 昨年の最終キャブセッティング後にはまだまともに走らせてなかったからだ。
 
 時折日差しの見える空模様ではあるが、やはり走行中の風はまだまだ冷たい。
 ドコに向かうともなく走り出したワケだが、気付けば最寄りのトンネルを抜けてIKD方面・・・もう無意識ともいえるルーティンワークですな・・・(苦笑)
 
 本日の天気に対するキャブセットは・・・ うんっ、イイッ音符
 
 っていうか、過去最高ともいえる吹け上がり調子の良さだ。スロットル開度に即応しての加速感で、今までの我が’89型3MAなら7千回転付近パーシャルからのアクセル開けで加速を渋るような領域(3MAでは鈍感なスロットル反応回転域「不感帯域」)でもまずまずの反応を示す。
 そして、何よりも1万1千回転シフトアップでの繋がり(トルクの繋がり感)具合がとても良かった。
 また、農道一直線のトコロで一度フルスロットルでのシフトアップを試みた時、4速1万3千回転までをも淀みなく回る、というコトも確認。それ以上は高速道路ではないので試せなかった・・・残念。
 
 
 ・・・気付けば、IKDから『おととみねま』峠、そして、IMJ経由でTRG市の土花吉さん邸宅に到着・・・もっとも、何の連絡もしてなかったから土花吉さんは『ご不在』だったが(苦笑)
 
 で、Uターンして国道8号線を使いTRG湾~河野海岸を眺めながら帰路に着いた。
 
 
 本日の3MA巡航距離:132キロ
 
 本日のみ限定の3MA総括:
 
 TM34キャブのJN(6ZL10・’90STDと共通の2段階テーパー角付き)は、3MAのエンジンレイアウトによる特性に’89型3MAのJN(6L02タイプ)よりもやはりマッチしているのかもしれない。本来あまり期待できなかった低回転域(3~5千回転)でのトルク感もかなり改善。
 昨年の自分のセットしたコンペンセータ内MAJ群との兼ね合いもかなり良好で、低回転域に重きを置いたMAJ番数選びだったのだが、結果的に高回転域での切り替わりポイントでもドン付き息継ぎ感は今回まったくなかった。
 このセットで、気温&湿度を問わずいつでもこの傾向であれば良いのだが・・・そうはいかないんだろうなぁ。
 
 
 そして、夕刻、今度は1JKに乗り換え。
 いつものように(?)、『町内ひと回りコース』、ドッドッド・・・ !? アレレ?ノーマルマフラーに戻してからはスムーズな音質のトゥルルルル・・・ってサウンドだったはずなのに?・・・っていうか、トルクの出方もナンかギクシャクしてるし・・・
 
 なぁんて思いつつの信号待ち。
 青に変わって、再び加速を始めたら、ドゥルルルル・・・プスンッダッシュ ありゃりゃ、止まっちゃった・・・ガス欠っぽい症状で止まっちゃったけど、ガソリンはまだ半分以上ある・・・。
 何度かキックしたらまたエンジンはかかったので、元来た道を引き返すコトにした・・・しかし、途中途中でやはりガス欠っぽい、今にもストールしそうな症状が度々出る。何とかガレージまでたどり着けはしたが。
  
 
 本日の1JK巡航距離:約6キロ(←トホホ。)

 本日から(!)の1JK総括:
 
 『燃料通路の見直し』! 
 

 はいっ、以上っ!    ・・・ ユーザー車検への道のりは案外険しい(?) ・・・
 
 






最終更新日  2012年04月16日 18時48分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月06日
 
2012.03.25 季節はずれの雪降る休日 001 
 
2012.03.25 季節はずれの雪降る休日 003 
 
 ・・・彼の言動に多かれ少なかれワタシも感化されてしまうトコがあるコトは否定できないだろう・・・
 
 そのが素敵なクルマを手に入れた。
 
 そして、昨夜そのクルマに乗せてもらった。
 彼は嬉々としてクルマを操り、楽しげにそのクルマのコトを語る。
 本来の彼は『バイク野郎』であるにもかかわらずだっw
 
 ここ最近のワタシはというと、もっぱらバイクのコトの方に傾倒しかかっていたのだが、彼の表情を見ていてまた我がエスのコトが気になり出した・・・(苦笑)
 
   
 
2012.04.06 My エス 
 
 で、久しぶりに引っ張り出してみた。
 実際に乗り出したのは夜9時を回ってからだったが、そうだよねぇ~、やっぱ楽しいですよねーっ、エスもっ音符
 
 国道8号線のクルマの流れに合わせてクルージング。路面の継ぎ目や荒れの少ない主要道路では特にとっても快適っ!w
 もっとも、前回にも書き込んだが、現在の我がエスはガソリンタンクの固定スティが外れているので、激しい運転はご法度ですけどね。
 
 
 今回、スマホに入れてるアプリ『GPSスピードグラフPLUS』で、巡航速度を計測してみた。
 スピードメーターが『60km/h』を指している時の『GPS・・・』は『54.0km/h』を表示。また、メーターが『ぬわえ』の時で『よふ.や』を表示した。
 つまり、我がエスのメーター誤差は約10~12%{※}はあるコトになる。
   {※ 現在履いてるタイヤは165/75R13
 もっとも、『GPS・・・』の方だってドレだけ正確なのかは疑問ですけどね(笑)・・・そもそも0.9キロ単位で上昇下降表示する理由も なぜっ!? って感じですが。 (ヤード換算なのかな???)
 
 
 それにしても、ガソリンの値段どんどん上がってきましたねぇ・・・キツいなぁ・・・(ボソッ)
 
 
 
 ・・・なぁんて言うヤツは、クルマ&バイクを趣味にするなっ!ってコトなんですかね・・・
 
 
 
  
 ・・・撤回。それよりも10日に1度ペースだったオレのブログ、何ナニ?一体どうしちゃったのよ、オレ???(苦笑)
 
 






最終更新日  2012年04月06日 23時12分21秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年09月08日
 
            2010.7.4~12 SRX-6のOH計画 024(3MAと1JK)
 
 つまり、3MA vs 1JK、または 249cc vs 608cc、または 2ストパラツー vs 4ストシングル、または レーレプ vs ネイキッドの比較でんな。
 
 
  
 ・・・いや、別に較べなくてもイイのだが、我が所有しているバイクとして、ただナンとなーく比較してみるコトにする・・・。
 
 
 オンロードバイクとしての『運動性能』を比較してしまえば、もうコレは圧倒的に3MAに軍配は挙がる・・・実のトコロ、3MA('89)の低回転域のトルクの細さを考えると、スタートダッシュだけに限れば1JKの方が速いかな?とも思っていた・・・10数年前までは。
 しかし、当時1JKを友人のタクちゃんがまだバンバン乗っていた時に、ワタシの3MAともう一人の友人(Booチン)のMC18('89型NSR250R)とでのツーリングの際に、シグナルグランプリをするコトでその予想の答えも明らかになった。
 
 結果は、スタートダッシュの際に1JKにほんの数メートル先行はされたものの20メートルも過ぎないまでに軽くパス、それ以後はあっという間に遥か後方のかなた{※}となった1JK・・・。
 
 
 ・・・しかしNSRの方は、最初から常に我が3MAの数十メートル先にいる存在だったが・・・(苦笑)
 
 {※ タクちゃんの威信のため言うが、バイクの運転は上手だ。}
 
 今現在の我が3MAはというと、あの当時のノーマル3MAより低速トルクが数段増したお陰で、はるかにスタートも楽になった。そのコトも考えると、今や1JKが3MAの性能を越えるシチュエーションはもはや皆無のようにさえ思う。
 
 かといって、我がモノになってからの1JKの『走り』に特別不満があるワケではない。
 単気筒エンジンならではのエンジン鼓動は、何はともあれ心地良く、スローペースで走っていても退屈には全然感じない。むしろ、高回転キープ(6千回転以上(※レッドは7千))で走っている方が、「壊れるんじゃないかぁっ!?」と思うほどの振動に、走っていても妙な緊張感に捉われて楽しさを幾分かスポイルされてしまうくらいだ。
 
 それよりも、我が1JKに対して本当に不満なのは『フロントブレーキのタッチ感』だ。
 最初期型の1JK('85)は2ポットタイプのダブルディスクだったが、我が1JKは、マイナーチェンジ後のいわゆる2NXで、'87年から装備採用された対向4ポットキャリパーには進化しつつもシングルディスクへの簡素化へとも換わってしまったオカシなヤツ。
 コイツのタッチは、まずレバーのストローク量がビックリするくらい少ない。マニュアル指定の『遊び量』を無視してフルストローク量を測ると、レバー先っぽで見て2センチも動かないほどである。ダブルからシングルディスクタイプに換わった時点でマスターシリンダーも小径に変更された(多分、5/8→14ミリ)はずだが、もっと小径タイプにしないと、あまりに少ないストローク量に、他のバイクから乗り換えたヒトは間違いなく違和感を覚えるハズだ。
 しかも、効きが全然良くなくて、握力めいっぱいに握らされるコトうけ合い♪である。
 パッドの種類を替えてみると少しは改善できるのだろうか?(今度換えてみよう・・・)
 
 
 あっ!1JKが3MAを凌ぐトコロ、見~つけたっ♪
 
 ソレは、燃費
 
 3MAのアベレージ、15キロ/L に対し 1JKは 25キロ/L は確実。
 
 フルタンク同士で、3MAの巡航距離が200キロチョット程度しか距離を伸ばせないのに対し、1JKはユウに350キロ以上も走れるワケだ。
 
 オマケに我が3MAは諸々のセッティング変更で『ハイオク専用』車になってしまったのに対し、1JKは『レギュラーガソリン』のまま。
 
 これからのワタシのバイクライフには 1JK、 実はイイかも!?
 
 
 ・・・とその前に、肝心要なのがでんがな、タイヤの交換でんがな・・・orz ガクゥッ!
 
 






最終更新日  2010年09月10日 21時46分32秒
コメント(2) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.