000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

合唱道探求記~日々是精進…なんて出来ないよね…~

PR

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

バックナンバー

2017.12
2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

寒いですね New! ピピノさん

室屋選手の福島県民… New! saltyfishさん

プチ紅茶の会しました 笑顔のゆきさんさん

母校で唄う hokochan99さん

poco a poco poco a pocoさん
マコの部屋別館 マコ8896さん
♪♪丹沢の麓から ヤ… シャーイ0418さん
ちまちま草子 northern-bさん
Gomachan's Favorit… あこごまさん
びりあ~どあんさん… YYYYMGTさん

コメント新着

七夕伝説@ きのくに号 アドベンチャーワールドのキハ58系は天王…
山氏@安芸@ Re[1]:3/30(土)-31(日) お花見日和!(03/31) そうです。 以前に広島ターフェルさんと共…
どじこ@ Re:3/30(土)-31(日) お花見日和!(03/31) 3月30日の項のトップにあった伊藤憲孝…
しばおう@ Re:4/1(月)-6(土) 新任地での仕事開始!(04/05) しばおうこと柴田です。 宝塚国際室内合唱…
どじこ@ 今田陽次先生独唱会 今田陽次先生の独唱会を聴きに行きました…
山氏@安芸@ Re:気のせいでしょうか。。。(10/27) katoponさん >月曜日の写真でパートナー…
katopon@ 気のせいでしょうか。。。 月曜日の写真でパートナー様が立てている…
山氏@安芸@ Re:宝塚、残念でした(07/15) >どじこ様 応援有難うございました…
どじこ@ 宝塚、残念でした そうですか・・・宝塚コンクール、選外で…
どじこ@ いよいよ宝塚コンクールですね もう、今週末に宝塚国際室内合唱コンクー…

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

全9件 (9件中 1-9件目)

1

世界合唱シンポジウム

2005.08.02
XML
テーマ:コーラス(2163)
★そういえば、30日(土)の指揮者マスタークラスの時に、講師の「ダーン=オーロフ・
ステーンルンド」さん(ダーンさんが指揮したCDは、広島のマニアックな北欧中心のCDショップ<ノルディックサウンド>でCDが購入出来るようです。)が、【「Carus」社の楽譜は、
校訂が悪くて、いらんスラーとか強弱記号をつけとるんで、買ったらあかんデ!(関西弁で)】と言っておりました。【ちゃんと原典にあたりなさい】ということらしいです。

★カルス社の綺麗な読み易い印刷と渋いCD群が好きな私は結構ショックでした。。。カルス社か
ら出ている「Neumann」指揮のモーツアルトのミサブレヴィスのCDなんか、最高に気持ち良
いのですがね。
※「カルス社」の「売り」は「原典リサーチ」のはずなのに・・・。
誰か海外の楽譜出版社に詳しい人、真偽を教えてたもれ~!

★指揮者の寺沢さんもカルスファンなので、「え?」と思ったらしいですが、「実際に
例を見せられたので納得しました」という事でした。
まあ、悪気があって改悪したのでは無くて、演奏し易いように、という事で色々付け
足しているのかもしれませんが、私にはわかりません。。。(^-^;

★2日(火)は、久しぶりの会社。疲れが抜けないので早く帰ろうとしたら、仕事に掴
まってしまい。残念ながら21時コースでした。(TwT)
自宅に帰ってから、「広島グリー通信」を書いて、皆にメールし
た後、9月の17日(土)18日(日)に「山口県ふれあいパーク」で予定している「グリーの強
化合宿」の参加未定者に出欠確認のメール発信。
結局今日も2時コースでした。。。眠いよ~。。。(゜▽゜*)






最終更新日  2005.08.09 01:32:36
コメント(0) | コメントを書く

2005.08.01
テーマ:コーラス(2163)
シンポジウムには色々な合唱界の方が来られていました。

私がお顔を知っている合唱連盟の偉いさん方ですと、28日(木)のイブニングコンサー
トで皆川さんと、浅井さんがいらっしゃってました。
後は28日(木)の昼間に吉村さん。

皆様、18年前に、私が京都の大学部会にいた時にお話していた頃とは
かなりお年を召されておりました(ていううか、私ももうすぐ不惑だもんな~・・・)!

シンポジウムには、全国的にもコンクールに出場して有名な広島の「合唱団ある」の指
揮者の福原さんもいらっしゃっていました。お聞きしたところ、全期参加とのこと!
皆さん勉強熱心ですね~!
色々写真を撮っているのですが、どこでUPするのが良いですかね?皆さん、何か良いご意
見はございますか~?

1日(月)はまだ会社のリフレッシュ休暇が残っていたので、連れ合いと、娘2人と一緒
にお買い物に。

広島のダイヤモンドシティ「ソレイユ」内のジャスコ広島店で、壊れたポシェットの代
わりを買う。
学校が夏休みだからか、平日なのに結構家族連れが多い。
昼食は広島で有名なラーメン「我馬」のダイヤモンドシティ店へ。

実は博多ラーメンよりも「札幌ラーメン」が好きな私だが、ここは癖が少なく結構お気に入り。
私は「赤うまの全部乗せ(ネギ、味付け煮卵等のトッピングがどっさり!)」と明太ご飯を食べて大満足でした(食べ過ぎ?)( ^_^)/□☆□\(^_^ )

明日2日(火)からは久しぶりに仕事だ!会社に行けるかしらん???(^-^;







最終更新日  2005.08.03 23:06:40
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.31
テーマ:コーラス(2163)
日記に書き残した事を少々雑記として書いてみます。
-----
シンポジウムに参加している際に、ロビーでぶらぶら楽譜やcdを見ていると、「ブ
リリアントハーモニー」の方に、CDの購入を勧められたので、色々おしゃべり。

(*^o^)从(^-^*)

★私 : 「そういえば私の学生の頃に歌っていた混声合唱団が所属していた【関西
学生混声合唱連盟
】の合同演奏の指揮に、松下耕さんをお呼びした事があったみたい
ですね。1999年6月の話なんで、私は卒業してかなり(10年)経っていたので、良くは
知らないんですが」
BHの方 : 「【混声合唱組曲「鳥のために」】ですよね、私仕事で関西に行ってい
たので、そのリハーサルを聴きましたよ!」
な~んて、結構合唱という世界の中の話なので、全く知らない人同士でも話が通じて
しまうのが面白かったりして。
-----

◆31日(日)は、ゆっくり休みたいところだが、午後から「広島グリー」の2ヶ月に1
回の貴重な強化練習の日なので、広島県民文化センターへ。
何やら普段と空気が違うと思ったら、ボディビルの男女の大会をしておりました。体
格が良くて、異常に(笑)日焼けしたおにいちゃんからおじいちゃんまでいる姿は一種
壮観でした。せめて日焼けサロン位行こうかな~(え?違う?)

練習は、最終的には10名集ったが、相変わらず「学生王子」の英語の歌詞にてこず
る。。。3年前に一度シューマンのドイツ語の曲を演奏して凄い事になったので
(笑)、「外国の曲をやるとすれば、今後はまだ歌える英語のみ!」と限定して選曲した
のだが・・・。
昨年の「フォスターメドレー(福永陽一郎編曲)」もてこずったし、もしかして我々って
日本語しか歌えないんかな・・・(ふう)。
指揮者の山Gさんと相談して、
愛唱曲ステージの曲数を予定より減らす事とする。
愛唱曲も、外国の歌は(歌いたいけど)無理かな~・・・どないしょ・・・(涙)。(^-
^;






最終更新日  2005.08.03 01:24:05
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.30
テーマ:コーラス(2163)
★30日(土)、ホテル住まいが2日目なのと、昨日の飲み会の酒が残り、結構ハードな目覚め。R&Bホテルの食べ放題のパンとオレンジジュースを飲んで少し目が覚める。広島同志社混声指揮者のK原さんと合流して、9時過ぎに会場へ。

★クラシックのCD&楽譜マニアのK原さんを、各外国の楽譜出版社のブースに案内して、色々見た後、我等が「パナムジカ」のブースへご案内。30日(土)の午前のセミナーで「シュニトケの合唱音楽」がある為か、外人の方で「シュニトケ」の楽譜を求める方が。「シュニ↑トケ」と発音する外人さんの言葉と、「???(暫く聞きなおして)。ああ、シュニトケね」とベタベタの関西弁で応対する店員の方との会話にこっそり笑っている広島10年目で、最近大阪弁が下手になった私・・・。

★3日連続通っているAMセミナーの「指揮者マスタークラス」は、初日2日目の課題曲「J・ブラームス<2つのモテットop74>」と曲が変わり、ブルックナーのモテット「Os Justi meditabitur(正しい者の口は知恵を語り)」を寺沢さんとスロベニアのjericaさん(女性)が振って、間宮の「12のインヴェンション」をニュージーランドのAndrewさん(男性)と、USAのSuzanneさん(女性)が振りました。

★「ジャパンユースコーラス」の方達も、最終日なので記念写真を撮ったりして盛り上がっていましたが、さすがに若い彼らも疲れていたのか、講習会では結構ピッチは下がり気味。必死で各自、音叉!で音を取り直していましたが、結構辛そうでした。
※ちなみに、ダーンさんから、マスタークラスの受講者の指揮者達には、「合唱団の音程については、今回は指揮には関係ないのであまり酷い時以外は言わないように。」と言われていたそうです。

★ブルックナーのモテットは、「alla breve(2分の2拍子)」で振りなさい。との指示があったそうで、通常どの合唱団の演奏会でもたいてい4拍子で振られる(特に最後のフーガの部分)この曲を2拍子で振る練習。
これが結構難しい!合唱団も良く付いていくな~、と、感心しました。ちなみにの、所謂通常の「2拍子」と、「alla breve」は違う!(わかります~?)というダーンさんからの指導が、かなりみっちりとやられていました。
・・・いや、しかしダーンさんは上手い!彼が手本で振ると、合唱団の音色が全く別物になりますからね~。。。
---

昼間は北山駅の賑わっているファミレスの横の定食屋で食べて、いよいよ「なにわコラリアーズ」の演奏を聞きにホールへ。

★京都府合唱連盟・大学部会時代の友人の女性とばったり会ったので、ロビーで色々おしゃべり。なにコラのI東氏が大学合唱団の合同等を振る際には彼女が殆どステマネをしているそうで、結構顔役の彼女。色々現在の京都の大学合唱団の状況についておしゃべり。いやいや、元気ですな~。

★今回、「なにわコラリアーズ」には広島在住の遠距離団員のH島氏(I東氏と同期)と、H島氏の紹介で広島合唱界からの刺客として送込まれたI川氏の2名がオンステしいているので、K原氏と前の席を確保。関西の地元の合唱団だけに、拍手や歓声もひときわ大きいようだ。

プログラムと曲順が変わり、1曲目が「ピリカピリカ」、良く響く大ホールで歌いやすそう。今回はドメスティックな曲ばかりで、2曲目は石井歓の「神舞い」、3曲目は間宮の「引き念仏(合唱のためのコンポジション3より)」、そしてラストの曲の前に、英語のスピーチの後に礼服の上を脱ぎ捨てたその下には「祭・法被」が!盛り上がる客席!
そして松下耕氏の「八木節」を歌って終了。コンクール等で聞くピリピリした音色は感じられず、リラックスした声質で楽しめました。曲が曲だったのと、事前練習が短かった為か、合唱団としての声の纏まりは感じられませんでしたが、外国の方にも「こんなに楽しんで合唱をやっている大人の男声合唱団が日本にもあるんだ!」と理解頂けたのでは?

★その次のニューヨーク市ヤングピープルズコーラスは、演奏した曲があまりにもつまらないので、折角コーラスが上手くても全然楽しめませんでした。。。唯一楽しかったのは、最後にやった「A列車で行こう」だけかな~。。。
---

★K原さんが、最後にもう一度じっくり楽譜を見たいという事なので、ヤングピープルズまででホールを抜け出し、もう一度国際会議場へ戻る。最後を飾るPMのセミナーには、私の学生時代所属していた「同志社学生混声合唱団CCD」の常任指揮者の「榎本利彦」先生が、「東京混声合唱団」の創立メンバーだった事に敬意を払い、日本が誇る指揮者「田中信昭」氏の「日本の合唱作品の変遷」の2回目を受講。

★セミナーは、田中氏が主に東京混声合唱団で委嘱してきた合唱曲について、1曲づつの作曲者の紹介の後、実際に音源を流しながら、楽譜を画面に写していくという流れ。
同じ日の30日(土)のAMが第1回目で、間宮氏の「合唱のためのコンポジション第1番」を手始めに、原爆小景(林光)、風の馬(武満徹)、人間について(柴田南雄)を紹介したようです。
私が受講したPMは、もっとハードにガンガン日本の現代曲を紹介していきました。王孫不帰(三善)、をとこ・をんな(新美)、はまだ良い!のですが、ほとんど任意音程のオペラや、リズムが細分化されすぎて素人じゃ絶対無理な歌等、よっぽど【現代音楽】が好きなマニアか、田中マニアじゃないと耐えられない(笑)講座でした・・・。
わざわざ「これは田中先生の講座ですか?」と聞いて座ったおば様も、途中で気分が悪くなったのか(笑)、退席するし(爆)。

★唯一ほっとした空気が流れたのが、三善氏の最近の新曲「ゆったて哀歌集」より「鳥の歌」が紹介されたときと、最後の方に「多治見少年少女合唱団」が会場に入って(!)きて、一柳彗の「朝の頌歌」を、「笙」と共演で歌った時だけでしょうか。私は、「ここで聞かなかったら、もう2度と楽譜も出ないし、演奏もされない曲ばかりだから」となんとか頑張りましたが、結構皆ぐったりのようでした。。。
外国のおばさんが、少年少女合唱団の演奏に感動したのか、「ブラボー!ブラボー!」とすぐ横を退場する子供達に拍手を送っていたのですが、小学校1年位の女の子は、それが怖かったのか泣きそうになっていたのが面白かったです(笑)。

その夜のコンサートは、さすがに体力がもたないので聞かずに、K原さんと広島に帰り、漸く久しぶりに自宅へ。実家に帰っていた連れ合いと娘2名も戻っていて、漸く落ち着きました。。。

---
いや~、3日間という短い期間ではありましたが、ホント合唱を堪能しました!
また15年後位に今度は広島か、東京で開催してもらうと良いのですがね~。。。







最終更新日  2005.08.02 00:46:20
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.29
テーマ:コーラス(2163)
29日(金)の報告その2です。

★下の日記にも書いていますが、29日(金)のPMのセミナーの【東欧の合唱音楽~東方正教会の音楽-伝統と現代】は、
ブルガリアの歴史を写真(最近はスライドでは無くて、パソコンに取り込んだ写真ですね)と録音を使用しながら、キリスト教が導入された865年から、現代の21世紀の(共産党政権崩壊後の)音楽までを、「ソフィア室内合唱団」の指揮者のパヴロヴィチ女史が説明してくれました。
興味深い音源をたっぷり聞けたのが非常に満足ですが、メインホールでやってた割りには、聴講者も少なかったですね~・・・。講習後、なかなか普段は自分では(趣味が違うので)なかなか買わない東方系を買おうと、【MUSICA RUSSICA】のブースで売っていたソフィア室内合唱団「Orthodox Chants」を手に入れました。

ドイツの宗教曲に力を入れている【Carus】社の楽譜なんかは、パナムジカさんで結構すぐに買えるので、なかなか現物を確認出来ない【MUSICA RUSSICA】社のブースを見れたのは良かったですね。うちの指揮者も「10年探していた楽譜を漸く入手出来ました!」と喜んでおりました。
【MUSICA RUSSICA】のブース前では客寄せに、店頭でコピー譜を配ってまして、28日は「ラフマニノフ<徹夜祷>の3曲目」を配っておりました。それは楽譜を持っているので貰わなかったのですが、29日には「Mikhail Ippolitov-Ivanov(1859~1935)」の「Bless the Lord,O My Soul」を配っていたので思わず貰ってしまいました。⇒★「MUSICA RUSSICA」お勧めですよ!

★「Carus」は、マイナーな宗教曲(ラインベルガーを殆ど出していたり)に力を入れてくれているので、私も大好きな出版社&レーベルです。ブースの担当のお兄ちゃんは、「29日(金)」に、「今CD結構売り切れてるけど、明日にはたくさん入るよ~ン」と(英語で)言っていましたが、その通り30日(土)にはCDも楽譜もたくさん入庫されていました。

★29日(金)の夕方に【Carus】社のブースでメンデルスゾーンの【3つのモテットop.78】の【Anhang(付録)(詩篇2と詩篇43の異稿付)】付きの楽譜を買っていた所、前日にお会いした同志社CCD・OGのヤンマさん(仮名)とばったり、その時にいっしょにいらっしゃった、以前ヤンマさんと同じY混で歌っていたという元KG学生指揮者のSさんと一緒にイブニングコンサート前の夕食をご一緒。

北山の改札を出て、皆とは逆方向の地下通路出口を出て、中華料理の「白龍」で色々とおしゃべり。Sさんは前回のミネアポリスの合唱シンポジウムにも行かれていて、次回3年後のデンマークのコペンハーゲンでのシンポジウムにも行こうか、という方だけあってなかなかに面白い話を色々と聞かせて頂きました。

★20時30分から広島中央の指揮者の寺沢さんと、広島同志社混声の指揮者のK原さんと、同じ合唱団のI川君の4名で飲む約束をしていたので、「イブニングコンサート」は1団体目のグアテマラの「ビクトリア合唱団」の演奏のみを聞いて会場をあとにする。
「ビクトリア合唱団」は、最初に司会者が「最初の3曲は、植民地支配や内戦の悲しい出来事を歌った曲なので拍手はご遠慮下さい」という通り、暗めの曲。その最初の3曲の内の3曲目の、自分の殺した人たちの幽霊に苦しめられる将軍を描いた歌の「包囲の歌」がなかなか面白い。(※皆、司会者の言っている事なんて聞いていないので、1曲めからガンガン拍手をしていましたし、指揮者も1曲目から礼してたけどね。。。)

★最後にはグアテマラの鉄道が走る様子を歌った「ロス・アルトス鉄道(※汽車の真似も有り)」で盛上げて締め!
---
★20時30分に地下鉄の「四条駅」に集合して、すぐ近くの「市場小路」という飲み屋で飲み会。キリンの京都限定ビールの「1947」で乾杯をして、K原さんとI川君を(以前、顔合わせのみは終わっていたがもう一度)寺沢さんにご紹介。
K原さんと寺沢さんの共通のお知り合いの話でお互い吃驚した後、その後、色々音楽の話で盛り上がりました。

また、是非広島でも飲みましょう!と決めた後、土曜日の講習会の事前勉強をしなければいけない寺沢さんは23時にお帰りになり、その後残った我々3名はまた京都駅南口のラーメン屋でしつこく24時30分過ぎまで飲み、結構ふらふらでした。







最終更新日  2005.08.02 00:48:52
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:コーラス(2163)
皆様訪問ありがとうございます(^_^)
山氏@安芸でございます。

今日は昨日気合を入れて日誌を打ちまくった為か
朝におきられず、会場についたのが、  またまた9時30分。
その後「パナムジカ」で楽譜とcdを見ていたら、  
あっという間に10時前に!

★今日も前の席で、広島中央合唱団の「寺沢 希」さんが参加れている
指揮者マスタークラスのワークショップを見ていたところ、後から色々な人が入ってきて盛況に!

指導を受けているのは、ニュージランドの男性指揮者と、アメリカの女性指揮者と、
ノルゥエー出身?のもう一人の女性指揮者合計4名です。

★是非皆様、明日と月曜以降は、指揮者コース勉強になりますよ!ご参加を!
全部は聞き取れない講座に行く位なら(え、私だけ?)、こっちいきませう!

PMコンサートの寸評。

中国○、EST私的には○。アメリカ人には×の様・・・。
オランダユースは「不思議の国のアリス」以外は×。
⇒estとオランダユースは隣の外人のとっつぁんがどう反応しようかと迷っていた!

午後のブルガニアの教会音楽の勉強は是非、明日行くべき!
色々音源も聞けます!
講義後、CD買っちゃいました!

他にも色々話はあるけど、また次回ゆっくりと。。。!








最終更新日  2005.07.30 07:56:03
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.28
テーマ:コーラス(2163)
朝の5時に起きて、冷蔵庫を空にしないのといけないので、無理やり朝食を作って、食べて荷造りをして家を出ると、残念ながら6時45分頃のレールスターになってしまった。
始発だからかがらがらだったので、ゆっくり座った所、朝が早かった為かすぐに爆睡。

新大阪まであっという間に着いてしまった。レールスターは新大阪までなので、乗り換えて京都まで。京都駅から地下鉄で20分乗って、漸く【国産会館駅】に到着。駅には「WSCM⇒」と貼り紙もしてあり、雰囲気も盛り上がってくる。
既にオープンシンキングの時間になっているからか、意外と降りる人は少ない。着替え等はロッカーに入れて(後で国際会館の中にクロークがあるのに気づくのだが)、会場へ。入口ですぐにスタッフの方が出迎えてくれて、受付をすませる。久しぶりに関西弁の飛び交うのを聞いて懐かしくなったりして。。。

AMは「指揮者マスタークラス~19世紀ヨーロッパの合唱曲」のセミナー会場で聴講。広島中央合唱団の常任指揮者の寺沢希さんがいじめられるのをじっくり見ようかと思っていたら、「こんにちは」との声がして振り返ると、中央合唱団の女性の方達が3名も!2名は前期日程。1名はなんと全日日程で参加されているとの事。千里に下宿している息子さんの下宿に押し掛けて(息子さんは追い出して)、3名で宿泊して宿泊費を浮かしているって!

アフタヌーンコンサートの前に昼食をと思ったら、2駅戻って「京都コンサートホール」のある「北山駅」の周辺は意外と食事をするところが少なく(デート用のレストランは一杯あるのだが)、結局サンクスでサンドイッチを買って立ち食いする羽目に。。。もうすぐ不惑を迎える人間がコンビニの前で立ち食いとは。。。

アフタヌーンコンサートは、最初の「トルコのオルフェオン合唱団」は、民族衣装らしき服を着て登場。どこかアジア的なにおいのする音色の合唱曲を色々。太鼓や動きもあり、なかなか面白かった。指揮者のエルナラ=ケリモヴァさんのダイナミックな指揮も曲と合っていて、会場を沸かせていた。

結構時間が押して、オルフェオンだけで14時20分になっていたので、15時からのセミナーが間に合わなくなると思い、「ノルウェーのオスロ室内合唱団」を聞かずに飛び出して国際会館に戻ると、なんとコンサートの遅れに合わせてしっかり「15時30分スタート」に修正されていました。ショック!後から聞いた話では、「オスロ~」の演奏はかなり凄く、終わった瞬間にスタンディングオベーションの嵐で、皆すぐにロビーで販売されていたオスロのCDを買いにダッシュしたとか。。。
あ~!残念!

PMはこちらも楽しみにしていたメインホールでの「ロマン派初期の合唱音楽(フリーダル・ベルニウス氏)」を受講。英語ばっかりだとずっと聞いていなければいけないので疲れるところを、松下耕さんに要点を通訳して頂けたので、すこしは楽に。曲は日本ではほぼ聞く事の出来ない「ロマン派初期」の「ハウプトマン」「ニコライ」(そしてメンデルスゾーン)のロマン派らしい音を中心にどう曲作りをしていくかを、モデル合唱団の「京都アカデミー(おっと旧称)」に歌ってもらいながらクリニック。
【7th、9thの音】や【半音階進行】に特に注目して欲しいという話と、【同じ歌詞を歌っているのにパート毎に発音が違うのは不味い】等色々とレクチャがあり、興味深く聞けました。15時30分開始と、30分送れて始まったのに、間違えたのか17時30分まで伸ばさずに17時に終了しちゃうのは、残念。。。

その後学生時代に良く通った「今出川」下車すぐの定食屋【松之屋】で学生時代と同じ味だった【唐揚定食750円】を食べ、もう一度【北山駅】へ。良い場所で聞きたかったので、18時15分に会場に入り前から16列目に座る。

「ノルウェーのノルディック・ヴォイセス」と「バッハ・コレギウム・ジャパン」という豪華な顔触れを楽しみにしていたのだが、横に座ったアメリカ人のおっさんが、ロビーで事前にビールを飲みすぎたのか、途中で寝るし、息は酒臭いしで、ちょっとアウト!だよ。。。

「ノルディック・ヴォイセズ」は一人一人のレベルも高い上に、歌い方に余裕があり、日本で良くある「上手い演奏だけど息が詰まる・・・」という事も無く、ほんと遊び心満点の舞台でした。
で、休憩時間にロビーであんまり暑いので自分も(横のおっさんに対抗して)ビールを飲むかどうしようかと悩んでいた所(BCJの演目にjsバッハの「モテット1」「モテット3」という寝て下さいと言わんばかりの曲があったのでためらっていたのです)、大学時代の1回上の女声の先輩とばったり!超忙しい鉄関連の会社で毎晩死ぬほど働いているはずなのに何故?と聞いたところ。「今回はしっかり休みを取った」との事。う~む。私と同じく会社より合唱優先ですな。。。
BCJは上手かったけど、合唱がなんか器楽的な扱いで、自分の好みからはちょっと違うかな~と言う感じ(←おっと偉そうですな)。合唱団自体も、合唱団というよりかは、ソリストの集りという印象だったし。まあ、でも広島にいたら聞けなかった初BCJ体験は満足。アルトに、カウンターテナーで東京藝大⇒エリザベト音楽大学の宗教学部大学院卒の青木さんがまだいたのが嬉しかったデス。

9時20分に演奏会終了。スタンディングオベーションで沸く会場を後に地下鉄に乗り、京都駅南口の「R&Bホテル」へチェックイン。ここは、6300円で朝食のパンとドリンクが飲み放題という泊まるだけだとお得なホテル。しかし、今日はホント疲れたな~。今日はもう寝ます。








最終更新日  2005.07.29 00:37:45
コメント(1) | コメントを書く
2005.07.27
テーマ:コーラス(2163)
いよいよ今日から【世界合唱シンポジウム】が始まった(セミナー等は明日の木曜日
から)。

明日の朝早くの新幹線で広島を出るので、早く寝ないといけないのだが、昼から山口
の支社に打ち合わせに行って、なおかつその後「広島グリークラブ」の練習に出席する
予定なので、早くは帰れない。

マネジャーをしていて、新入団員の方の楽譜が届いたので、それを持って行かなくて
はいけないので、山口からの帰りに、そのまま広島女学院高校の近くの練習場の教会
へ20時頃到着。

ロンベルクのミュージカル「学生王子」の1曲目の練習をちょろっと。12月には本番だ
が間に合うのか?とちょっと焦る。。。
終了後早く帰れば良いのに、指揮者と私と、他2名で、居酒屋に行ってしまう。
小澤指揮のフォーレのレクイエムチケットは即完売だった」等、の話題で1時間
ちょっと飲み。今日はさすがに早く切り上げて23時には帰宅。
連れ合いも娘も帰省させているので、今から洗濯をして、明日の準備もしてから寝な
いと。。。

明日はモバイルパソコンで(昼間はセミナーを受講したり、コンサートを聞いたりで
無理だが)、夜には速報を流す予定。写真のアップは帰ってきてからかな~。






最終更新日  2005.07.27 23:32:12
コメント(2) | コメントを書く
2005.07.24
テーマ:コーラス(2163)
世界合唱シンポジウム参加記念に、ブログを始めよう!と年初に心の中で誓っていたのに、始めるのはもう来週からシンポジウム開催というこの週末。。。
◆この生来の怠け癖の為、なかなか毎日更新は出来ないかもしれませんが、ぼちぼちと木曜日からの【シンポジウム参加体験記】なんかも計画しながらブログを始めてみましょう。

現在の所属合唱団(あっ、OBOG合唱団もあわせると5つだった)

広島中央合唱団
広島同志社混声
広島グリークラブ
小澤征爾平和のメッセージ記念合唱団
CCDアルママター






最終更新日  2005.07.25 00:59:41
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.