113489 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

YAMASOH * Reform

PR

Profile


kosaka4738

Category

Calendar

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.07.14
XML
カテゴリ:社長のひとりごと


久しぶりにジイも恐れるキレジイに遭遇しました。

先日のこと・・一連の北部地震と豪雨被害の補修仕事で

北摂の現場から帰る途中でした。

いつも通る道に差し掛った時でした。

そこは大きい道から細い道へと入るのですが、途中幅の広く

なっているところがあり、そこで双方の車がすれ違う。

そんな誰もが知っている『暗黙の了解』のいつもの道です。

その日もいつものように自分がその道に入りすれ違おうと

思っていた時、対向車が幅広い場所を無視し、通り過ぎ突っ込

んで来たのです。

そうなればもうそこはニッチモサッチモ行かない状況。

自分は仕方ないとバックして戻り出しました。

後ろから付いてきた車も2・3台一緒にバックしていました。

驚いたのはその間の出来ごと、突っ込んできた車は

私がバックで戻る間の約10秒ぐらい、ずうっーと大きな

クラクションを鳴らし続けています。

もう相手にしないでおこうと無視しながら戻り終え、すれ違い

ざまに窓を開け怒鳴ったその顔みてまたびっくり!


そこらのチンピラかパッパラかと思いきゃ、そこに運転して

いたのは・・70代かもう少し上ぐらいの老人。

信じられなかったので後でドライブレコーダーで画像再確認

しました・・・正しくイイ年のお爺さんでした!

何が気に入らなかったのか、誰かににハケ口を探していたので

しょうか?


幼いころから持ち続けていたお爺さんのイメージは・・・

穏やかで温和でいつもニコニコと・・・

家の床の間に飾ってある翁の夫婦人形のような・・・



穏やかに・・・なだらかに・・・

そしてゆっくりと・・・

自分だけはそんな老い方したいものですネ(^^)

 

中山

 







Last updated  2018.07.14 17:37:32
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.