628351 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

長寿高齢化社会を生きる

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yamato6413

Freepage List

Rakuten Ranking

2018.12.14
XML
外来で認知症の人やご家族に接する機会が多い。
認知症も「老化」が原因という考え方が浸透したのか、自宅で長く見ていきたい!
という要望が増えている。
しかし、その要望には「地域差」が有るように思う。
古い地域では「あんたんとこの爺さんが迷子になっていたから連れてきたよ」というような話を
ご家族がされる。
町中の地域では「変な爺さんがウロウロしている」というので警察へ連絡・・
で、結果町内での見守りがしっかりしている地域では認知症も生活しやすいようで、そんな地域では在宅での介護もしやすい。
しかし一方、直ぐに警察というと家族も大変な様子。
保護されている警察署へ出迎えに行かねばならない。
市民にとり役所や警察というと敷居が未だ高いので家族はその後大いに困惑するわけだ。
ある家でのケース。
76歳の父がどういうわけか朝になると仕事に行くと言って外へ出る。(定年で退職している)
そして迷子になり近所の人に「保護」してもらい帰宅する。
一方夕方になると「家に帰る」と言って家を出て行こうとするので奥さんは慌てて止めるのだが旦那は怒り出すので困った!困った!と相談された。
そんなことが今年の初めからおきていた。
朝は近所の人も洗濯物を干したりして家の外に出ていることが多く「あれ?隣の爺さん?徘徊?」となり早めに手が打てるわけだが夕方は家の中で妻と夫のもめ事で気がつかない。
そこで対策は夕方の買い物に夫を連れて行く・・
と言う単純なものを提案した。
理由は近医で「そんなときこの薬を飲ませなさい」と精神安定薬をもらい飲ませたところ本人が「ぐったり」してしまい妻として耐えがたかった・・
という話を聞いていたから「非薬物療法」を説明し採用となったわけ・・
あれから半年・・
買い物中に「余分な物」を買い物かごに入れる傾向があるが、奥さんがこっそり棚に戻して帰宅して本人も満足しているご様子。
だから、私も夕方ついて歩こうかな~と思っている。
濡れ落ち葉のように背について・・・
だって相手の方が足が速いから・・






Last updated  2018.12.14 08:00:14
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

マルタン@ Re:在宅介護サポート隊(10/27) いつも素敵な絵を、ありがとうございます…
申し訳ございません@ Re:在宅介護サポート隊(08/09) 申し訳ございません
ゆぐどらむ@ Re:在宅介護サポート隊(03/05) ゴルフ良いですね 腰を痛めたのと太ったの…
ゆぐどらむ@ Re:在宅介護サポート隊(03/03) いつもブログ拝見しております 様々ジャン…
ばおっち@ Re:在宅介護サポート隊(02/08) 抗生剤ができても、新たにそれに対する耐…

Headline News

Free Space


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.