2189532 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

カレンダー

お気に入りブログ

古書、蕗谷虹児『汀… New! しぐれ茶屋おりくさん

わしの鉄旅は結構ハ… プチおたくさん

文房四宝 scorpion 2さん
海外出張者の憂鬱 hidek10208さん
秋田庄内いろいろ日記 zunsanzunsanさん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:今年の初ゴーヤ(07/11) precios de cialis y viagracheap cialis …
http://buycialisky.com/@ Re:パーカージョッター(05/22) cialis official webpageviagra without p…
http://buycialisky.com/@ Re:ゴーヤーを強引に(05/13) generic cialis without prescriptionhow …
http://buycialisky.com/@ Re:ゴーヤの実(06/29) generic cialis canada pharmacybuy ciali…
http://buycialisky.com/@ Re:「黄門さまと犬公方」山室恭子(文春新書)(09/06) cialis switzerlandlevitra or cialiscial…

カテゴリ

バックナンバー

2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2007年08月27日
XML
カテゴリ:Parker
Parker Duofold開
 この万年筆は購入して1年近くになるが、これまで2~3回「お蔵入り」の危機に遭っている。理由はインクフローの不調である。書き出しのかすれがどうしても治らない。自分ではペン先ユニットの精度が悪いのではないかと勝手に解釈している。
 しかし、この危機を乗り越えて使い続けてきたのは、軸の絶妙なバランスがいいからである。万年筆はもちろん何本か持っているが、この書き味はデュオフォールドでないと味わえない。そういう意味では個性的な万年筆なのだろう。
 インクフローの不調を克服するために、書き方を工夫したり、カートリッジに替えたりしてみた。しかしカートリッジのときは、コンバータとの違いがあまり見られなかったので、今ではコンバータに戻している。インクは以前入れていたウォーターマングリーンである。今のところは、ペン先にあまり筆圧をかけないようにして書く方が調子がいいようだ。
Parker Duofoldペン先表
 キャップは旧型の矢をモチーフにしたものだ。クリップの裏に小さな穴が空いている。このせいかどうかは分からないが、キャップ内の気密性は低い。しばらく使わないと、ペン先のインクが煮詰まったようになり、書き出しのインクが濃くなる。それはそれで良い色なので困ることはない。ただし、2~3日に1度は使ってやる必要がある。







最終更新日  2007年08月27日 08時42分56秒
コメント(4) | コメントを書く
[Parker] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.