2172110 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Pelikan

2013年10月17日
XML
カテゴリ:Pelikan
 ペリカンM−1000にインクを入れました。ペリカンのターコイズを入れました。しばらく前はプライベートリザーブのアメリカンブルーを入れていたような気がしますが、結局、洗浄せずにそのまま入れました。

 色は同じ青系なので、あまり気になりません。やっぱり太い軸は書きやすいです。しばらくこの万年筆で日記を書こうと思います。

IMG_4650.JPG






最終更新日  2013年10月17日 21時59分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年01月11日
カテゴリ:Pelikan
 インクが切れたので、吸入です。とは言っても、軸尻を回すのではなくて、首軸を外して直接注射器でインクを飲ませます。飲ませるインクはプライベートリザーブのアメリカンブルーです。どうも昨年末からこちらの方がしっくり来るんです。かなり前に買ったので、インクの量も少なくなり、ペン先からインクを吸入できるような状態ではありません。嘴の巨大なM-1000では、インクを吸えない状態になるのが早いんです。

M-1000閉じ

 とりあえずこれでしばらくの間は大丈夫でしょう。この次はmasahiro万年筆の吸入が待ってますので、これらと並行して使用します。






最終更新日  2013年01月11日 19時45分14秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年10月05日
カテゴリ:Pelikan
 ペリカンのM-1000に、久しぶりにインクを入れました。プライベートリザーブのアメリカンブルー。ちょっと濃い目のブルーで、結構好きなんです。もともとレイクプラシッドを入れていたので、ほとんど洗浄もせずに飲ませました。

M-1000

 のんびり日記を書いてましたが、やっぱりM-1000は書き心地がいいですねえ。改めてその良さに感じ入ったところです。ふわふわのペン先とバランスの取れた太い軸。やっぱり万年筆はこれが一番ですね。






最終更新日  2012年10月05日 18時58分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年10月06日
カテゴリ:Pelikan
 ペリカンM1000に関しては私のお気に入り万年筆ですから、ペン先にもこだわっています。ということでペン先ユニットだけで3つ(EF、M、B)持ってます。これまではBニブを使ってました。ヌルヌルのインクフローを楽しんでいましたが、さすがに細字の方が日記もすっきりするだろうということで、EFニブに交換しました。

 このユニットが一番最初についていたもので、モンブランのブルーブラックで書いてました。それこそ3年ぶりに使います。おまけに使っていたインクが古典的ブルーブラックですので、インクフローが心配でしたが、特に問題なく書くことができました。

 インクは秋も深まってきたことですし、ターコイズをやめてプライベートリザーブのレイプラにしました。ペリカンですからEFと言っても国産のFくらいの太さがあります。それでも細字ですから日記のページもすっきりしました。しばらくこれを使うことになります。

 ちなみに先月か先々月のナショナルジオグラフィックを読んでいたら、レイクプラシッドという湖を見つけました。正確に訳すと「プラシッド湖」ということになるんでしょう。なかなか自然豊かな場所のようです。ますますこのインクが気に入った今日この頃でした。






最終更新日  2011年10月06日 21時54分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年07月18日
カテゴリ:Pelikan
 レガシーに入れていたターコイズが終わりました。

 とうとうこれの出番です。

M-1000

 M-1000です。ペリカンです。

 なんてったってBニブです。太字です。

 太字のターコイズもなかなかグーです。以前入れていたグリーンが洗浄せずに残っていたので、ほんのちょっと混ざってしまいましたが、それもまたいい感じです。

 万年筆独特の濃淡もはっきり出てます。これで日記を書くのもまた趣があるんですが、インクが早く終わりそうです(笑)。






最終更新日  2011年07月18日 18時58分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月26日
カテゴリ:Pelikan
 M-1000の冬将軍がなくなりました。さすがにBニブはインクの減りが早いです。ちょっと薄墨系を使っていたら、思いっきり濃いインクで書きたくなりました(笑)。そこで、M-1000の軸色に合わせてウォーターマンの濃縮グリーンを吸入。ちょっともったいないような気もしますが、ドバドバのフローで書いてます(笑)。ウォーターマンが終わったら今度はデルタのグリーンです。その次はエルバンのアイビーグリーンかな(笑)。






最終更新日  2011年03月26日 15時22分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年10月06日
カテゴリ:Pelikan
 職場に持っていってモンブランのブルブラを入れていたジュニアですが、とうとうしばらく使わないうちにインクが出なくなってしまいました。ニブが太いので、おそらくこれから先も使うことがないだろうということで、お家に持って帰って洗浄しました。

ペリカーノ洗浄

 そのまま水につけたらすぐにインクが出てきて、10分も経たないうちにご覧のとおりです。1日浸けて引き上げましたが、まだまだペン先の根元にインクが残っている始末。ブルーブラックはしぶといんでしょうか。とりあえずきれいにしてから片付けました。

 職場には古いブルーブラックが一瓶あるんですが、そちらはクルトゥールに入れて何とか消化します。






最終更新日  2010年10月06日 18時16分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月28日
カテゴリ:Pelikan

ジュニアとモンブラン

 とりあえずプレピーとモンブランの相性が悪いので、ペリカーノジュニアに入れてみました。ちょっと太字なのが気になりますが、一応これで書き込んでみようと思います。






最終更新日  2010年06月28日 08時06分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年05月09日
カテゴリ:Pelikan

 これを使って日記を書いていたのですが、何となくペン先の方を持って書くのでキャップが少し邪魔になってしまいました。そこでキャップを外して書いてみましたが、自分は書いているうちに少しずつ持つ位置を変えるので、やっぱりキャップはつけていた方がよさそうです。
 因みにペリカンに関しては最近(というよりここ1年くらい)吸入機構を使ったことがありません。すべてペン先ユニットを外してインクを注射器で入れています。私の中ではスーベレーンはインキ止め式になってしまったようです。






最終更新日  2010年05月09日 10時18分18秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月29日
カテゴリ:Pelikan
M-800 1

 実家に帰ったついでに万年筆を探してみたところ、Mー800が箱に入っていました。何となくこれを使ってみたいと思ったので持ってきました。とりあえずインクは何を入れようかと考えて、一応プライベートリザーブのレイクプラシッドブルーを入れました。

M-800 2

 さすがにこの万年筆はきちんと握って持つことになります。筆記角度が45度くらいの時が一番インクフローがよくなるようなニブの形になっています。最初はM-1000と同じように持ってましたが、どうしてもうまく書けません。今回は全く別物だと割り切って使うことにしました。
 しばらくこれで日記を書きました。それほどたっぷりインクが出てくるわけではないので、M-1000のようなヌルヌラというわけではありません。そのうちインクを替えて職場に持っていこうかとも考えています。






最終更新日  2010年04月29日 10時54分08秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.