000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

水性ゲルインクボールペン

2011年09月05日
XML
 ちょうどうちの家内と娘と一緒に街に出て、自分ひとりうろうろしていたんです。

 鶴屋のウイング館5Fに高級筆記具ステーショナリーコーナーがあって時々行くんです。よくプレゼントに筆記具を買うときに利用するんですが、この日は何か面白いものはないかなあなんて気分で行ってみました。

 するといつものように

「何かお探しですか?」

と来たので、ついつい

「クロスのボールペンはありますか?」

なんて言ってしまったんですねえ。もちろん「御座います」。

 結局全てのモデルを試し書きさせていただきました。基本的にクロスの定番モデルは細いので、センチュリーとかセンチュリー2などは細すぎて全く合いません。どうも私の手は大きいようです(苦笑)。その中でしっくり来て一番気に入ったのは一番大きいタウンゼントでした。これ13000円するんです(汗)。



 最近はクロスも太軸のモデルをラインナップしているようで、いろいろ見せてもらいました。ものすごく重いモデルから軽いモデルまで軸の色もこちらはかなりカラフルに揃えてありました。

 基本的に定番モデルから新作まで、クロスのボールペンはロータリー式です。ロータリーはどうしても片手で操作しにくいので、どうしたものかと考えておりました。すると、最新作のエッジというモデルを紹介されました。これは軸尻を引っ張るとリフィルが出てきて、押し込むとリフィルが収納されるという、言わばノック式とは逆のメカニズムです。最初は戸惑いますが、慣れると片手で操作できました。値段は5000円でクロスの中では安い方です。これで候補はタウンゼントとエッジに絞られました(すっかり買う気)。



 タウンゼントは個人的にものすごくしっくりきました。ボールペンもここまで来ると書きやすいものです。リフィルは油性ボールペンがついています。ちょっと重いのと、ロータリー式が気になります。

 逆にエッジは片手で扱えるメカニズムで、こちらは軸の太さが書きやすさにつながってます。これはゲルインクリフィルが標準でついているので、油性リフィルを別に買わなくてはなりません。因みにリフィルはタウンゼントやセンチュリーのものとは違って、一回り大きいものを使います。細い方が650円、太い方は750円だったと思います。

 ということで、その時の財布の中身と相談して、エッジに油性リフィルをつけて購入しました。

クロスエッジ1

 さすがにクロスだけあって、袋も上品です。この日は雨が降っていたので、写真には写しませんでしたが、わざわざこの上からビニールをかぶせてくれました。さすが鶴屋万貨店。気配りが違います。

クロスエッジ2

 箱もなかなか上品です。いかにも「高級筆記具」って感じです(実際そうなんですが)。こうした部分のデザインはアウロラやペリカン、シェーファーなど欧米のメーカーは上手いですね。

クロスエッジ3

 中はこんな感じで入ってました。各国語で書かれた説明書と、一緒に購入した油性ボールペンリフィルです。

クロスエッジ4

 色はシルバーと黒とグリーンがありまして、ブルーは既に売れてました。ちょっと考えてグリーンを選んできました。

クロスエッジ5

 軸尻を引っ張って伸ばすとこんな感じで筆記状態になります。標準で水性ゲルインクリフィルが入ってます。この日はこれで日記を書きました。

 太軸なので、万年筆のようにはいきませんが、水性ゲルインクの軽さも手伝って、日記を書く分にはスラスラ書きやすかったです。とっても楽でした。ジェットストリームでは1000円モデルでもこんな風には書けません。なんてったって太いので、ポケットに差して持っていくわけにはいかんでしょうね。でも、こう見えて結構軽いんですよ。因みにクリップはスプリング式になってます。

 気になったのは口金が少しだけ合ってないということです。リフィルがほんの少しだけグラグラしてます。後でリフィルに薄いセロテープを巻いてみようと思います。

 もうしばらくしたら油性リフィルに替えて、定評あるクロスの書き味を堪能してみたいと考えています。






最終更新日  2011年09月05日 20時01分11秒
コメント(6) | コメントを書く


2011年07月15日
 この前まとめ買いしたサラサのブルーですが、ターコイズに一番近いのはライトブルーでした。しばらくライトブルーを使ってみましたが、やっぱり万年筆のインクは微妙に変化があります。

 インクの色自体はそれほど違いがないんですが、万年筆の方は濃淡が出ます。サラサの方は濃淡が出ませんからのっぺりして薄くなるんですが、万年筆の方は濃い部分が出てきますので、書いた感じは意外とはっきりしてます。なかなか不思議なものです。

 現在はライトブルー、ペールブルー、コバルトブルーを交互に使い分けています。さすがに夏はこうした涼しげな色の方がいいですね。万年筆の方も現在はほぼ毎日ターコイズを入れたレガシーで書いてます。






最終更新日  2011年07月15日 16時36分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年07月11日
 白くまノート用にサラサを使ってるんですが、手持ちのグリーンがなんとなくこの時期にそぐわないような気がしました。ちょうどペリカンのターコイズがとってもいい感じだったので、いっそのことサラサもターコイズっぽい色にしようかということでサラサのターコイズを買いに行きました。

 ところがサラサにはターコイズがありません。その代わりブルー系は店頭に並んでいるだけでも5種類くらいあって、ちょっとびっくり。ターコイズに近い色と思ってライトブルーを手に取りましたが、その隣に気になる色があと2色。そんなに高いものでもないし、とりあえず買ってしまえ!ということで、3色まとめ買いとなりました(笑)。

サラサブルー

 左からコバルトブルー、ペールブルー、ライトブルーです。

サラサブルー2

 上から順番に書いてみたんですが、なんとなく気に入ったのはコバルトブルー。なかなか濃い私好みのブルーでした。

 ターコイズに近いのはやっぱりライトブルーでしょうか。とりあえず白くまには日替わりで使ってみようと思います(笑)。






最終更新日  2011年07月11日 19時03分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月02日

白くまにサラサ

 英語日記として使っている白くまに、最近サラサをよく使うようになりました。なんとなく太い万年筆よりはサラサくらいの太さのペンがちょうど書きやすく感じてしまったからです。

 これがボールペンではなかなか良くないんです。ジェットストリームでさえインクの粘度に限って言えばゲルインクにはかないません。このゲルインクのサラサラ感がまたいい感じなんです。

 現在サラサは緑しか持ってないんですが、そのうちサラサのターコイズでも買ってこようかなと思っています(笑)。






最終更新日  2011年07月02日 15時35分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年01月14日
 うちの息子が突然

「赤ペンを買ってきて。」

と頼むので

「何を?」

と聞くと

「これ!」

と言って出してきたのが SARASA Clipの0.5でした。これが一番書きやすいとのこと。確かにゲルインクの中では一番よく見ます。売れてるんでしょう。

 その後、付け加えて

「よくなくなるんだよね。」

 気になって詳しく聞いてみると、友達に貸しているうちに行方不明になってしまうそうです。どこにでもあるペンだと誰のものかあいまいになってしまうんでしょうか。

 一応、予備も含めて2本買ってきました。きちんと名前を書くように言いました。






最終更新日  2011年01月14日 18時06分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年08月02日
 仕事上の書類で鉛筆書きしてある部分の上からボールペンで記入する場合、
これは意外と都合が悪いようです。書き出しのかすれがひどくなったり、鉛筆書きした部分にインクが乗らなかったりします。この日も鉛筆の上にインクが乗らなくてもどかしい思いをしていました。

 そこでふと思いついて、これを出してきました。顔料インクの方で、長期保存する書類に使っても大丈夫です。こちらは水性インクなので、鉛筆の線の上からでもどんどんインクが乗ってきます。いい感じで仕事を進めることが出来ました。乾くのに少し時間がかかりますが、あわてず騒がずのんびり書き進めました。






最終更新日  2010年08月02日 09時20分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年09月26日
 職場や家庭で赤ペンとして使っているのがこれ。安いので(140円)とにかく何も気にせず使えるのが便利。水性なので書き味も滑らか。

 子どもも中学生になり、筆箱の中には様々な色ペンが入るようになった。子どもたちの間で最近の流行はHi-tec-C colletの多色ペンらしく、3本差しや4本差しのペン軸に好みの色を入れて使っているようだ。何でも、中学校近くの売店でも品薄状態が続いているそうな。うちの長男もこれ専用のペンシルリフィルを手に入れて喜んでいたくらいだ。
 ゲルインクは油性ボールペンと比較すると筆記距離が短いのがネックである。中学生となると赤ペンはかなり使うだろうから、Hi-tec-C colletでは追いつかないのではないかと思っていたら、案の定、すぐになくなってしまうらしい。リフィルといっても1本100円するので、結構馬鹿にならないものだ。
 そうこうしているうちに、いつの間にやらリビングのペン立てに入れていたV-corn赤が行方不明になっている。犯人は長男。やっぱり赤だけはたっぷり書けるものが便利なのだろう。
 一件落着でよかったのだが、リビングに赤ペンがないのも困る。そこで、職場に出入りの業者に頼んで一箱10本注文した。10本でも1400円。どんなに使うと言ってもこれで1年くらいは持つだろう。

【パイロット】VコーンC0.5レッドLGV-15EF-R






最終更新日  2009年09月26日 14時29分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月07日

HI-TEC-C colet1

HI-TEC-C colet rifil

 娘がこの2色ボールペンを使っていて、「やっぱり3色がほしい」というので、買ってやった。中学生なので黒は鉛筆やボールペンを使うらしく、基本的に青、赤、緑の3色を使いたいらしい。ハイテックCコレトは色が多数そろっているので、娘も最近好んで使っている。
 これまで0.3ミリを使っていて、使いにくいということだったので、今回は0.5ミリを選択。色はアクアブルー、アップルグリーン、チェリーピンクの3色。まあ女の子らしい選択だろう。因みにアクアブルーは自分が選んだ。自分で使ってみたが、パイロットブルーに似た青だ。






最終更新日  2009年07月07日 08時02分48秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年05月29日
 またまた職場に行くのに筆記具を忘れてしまった。年のせいか、ぼんやりしているとこうなってしまう。ただ今回は職場にジェットストリームを入れたスウィフトを置いているので、すぐさまこれを使った。
 改めて使ってみると、なかなかよろしい。リフィルが合わず、少し口金の部分がぐらぐらするが、それでもなかなか良い書き心地だ。重心が低いのがいいのかもしれない。ジェットストリームの1000円モデルと比べると8倍くらいするのだから、良くないと困るのだが、ボールペンを忘れたときのために職場に置いておくのにはちょっともったいない感じだ。






最終更新日  2009年05月29日 13時34分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月06日

【新油性インクボールペン】ジェットストリーム 0.7mm 「極めて滑らかな書き心地」を実現した、世界初の画期的な新開発インクを搭載!

 仕事で赤はよく使う。特に帳簿等に長い線を引くことが多い。この時、普通のボールペンでは、線を引くときにダマができてしまう。ゲルインクも含めてたくさんのボールペンを試したが、このテストに合格したのはパイロットV-Corn赤しかない。
 この前、ジェットストリーム赤を使ってみたが、やはりダマができてしまった。インクがサラサラなので、ペン先からインクの小さな滴が飛んでしまった。さすが粘性が低いと感心しながらも、ダマはなかなか乾燥しないので困ってしまう。この後、V-Corn赤に取り替えて作業を続けたが、やっぱりきれいに引ける。この仕事にはV-Corn赤が一番いいようである。因みに自分の使っているのは顔料インクの方だ。



【パイロット】VコーンC 0.5レッドLGV-15EF-R






最終更新日  2008年06月06日 11時35分32秒
コメント(2) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.