2173287 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

Platinum

2011年11月07日
XML
カテゴリ:Platinum
 早速職場に持って行って、ペン先をフェルトペンにしてみました。

 案の定、プレピーの首軸と同じものを使ってあるので、万年筆のペン先は見事に取れました。そこに同じようにフェルトペンのペン先を入れると・・・

プラチナPraisirフェルトペン化1

 はい、出来上がり。

プラチナPraisirフェルトペン化2

 カートリッジインクを入れると、見事にフェルトペンになりました。これで、ちょっと高級なフェルトペンが出来上がりました。

 インクは今のところプラチナ純製を使ってますが、そのうち好みのボトルインクに替えてやろうと思ってます(笑)。






最終更新日  2011年11月07日 21時37分58秒
コメント(0) | コメントを書く


2011年11月01日
カテゴリ:Platinum
 職場で使う赤のフェルトペン。5~6年前はプレピーを使ってました。

新旧プレピー1

 これが結構使いやすくて、フェルトペンのペン先もたくさん買い置きしてました。

 でも、こいつの唯一の弱点はキャップでした。スリップ式なので、プラスティックの部分が磨り減って、キャップが閉まらなくなってしまうのです。大体1年とちょっとで2代目に替えないといけなかったと記憶しております。3代目か4代目まで使って、買い換えるのが億劫になったか何かで、しばらく使ってませんでした。

 最近、フェルトペンに不自由するようになりました。そんな時、ふとプレピーの上級モデルが出てたことを思い出しました。出たばっかりの時に何気なく手にとって見ましたが、ペン先がプレピーと同じ部品だったので買わなかったんです。同じ部品であれば、フェルトペンのペン先が使えるのではないか。そう思いました。

 思い立ったが吉日。早速購入。値段は1050円。赤で使うのでそのまま赤を買いました。

プラチナPlaisir1

 サイズ的にはプレピーと同じくらいでしょうか。金属製の軸です。ちょっと高級っぽいです(首軸以外は)。

プラチナPlaisir2

 中身はこんな感じ。首軸から先の部分はプレピーと同じものを使ってあるようです。ますます期待してしまいます。ただ同じ部品なので、やっぱり1年ちょっとで磨り減ってしまうのではという不安はあります。因みにインクはブラックが入っているようでした。

 とりあえず職場に持って行って、ペン先の取替えを試してみようと思います。






最終更新日  2011年11月01日 22時25分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月16日
カテゴリ:Platinum
♯3776復活1

 土日で実家に帰ったついでに、思い切って♯3776を持ってきました。ちょっと私には細いんですが、細字のペン先がついている適当な万年筆がこれしかなかったので、ひとまず使ってみようと思った訳です。

♯3776復活2

 インクはプラチナのブルーブラックのボトルが残っていたので、それを空きカートリッジに入れて使います。残念ながら赤インクの入っていたカートリッジしかなかったので、首のところが少し赤いんですが、よく洗浄したので使用上は問題ないでしょう。

 カスタム742フォルカンはこれでしばらくお休みです。ブルーブラックというのが少し気になりますが、同じプラチナですから、何とかなるでしょう。






最終更新日  2011年09月16日 17時52分10秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年11月18日
カテゴリ:Platinum
 職場にはブルーブラック万年筆としてクルトゥールとプレピーを置いてます。もっぱらクルトゥールの方を使っているので、プレピーの方はほとんど使いません。いつもペン皿に横になってます。

 この前、クルトゥールのインクが切れていたので久しぶりにプレピーを使いました。ずいぶん長い間使ってなかったので、インクは入っていたものの書けるかどうか心配でした。

 キャップを外して2,3回ペン先を紙に走らせてみたところ、意外や意外、簡単にインクが出てきたではありませんか。プレピーって気密性は高いんですね。

 そういえば、確かプレピーのキャップは特別な作りになっているそうで、インクが乾きにくいという記事を趣味文か何かで読んだような気がします。インクはモンブランとプラチナの違いはありますが、200円程度の万年筆の割にはなかなかやるもんです。少なくとも気密性についてはクルトゥールよりはるかによく出来てますね(^v^)。






最終更新日  2010年11月18日 13時04分43秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年06月11日
カテゴリ:Platinum
 プレピーにモンブランブルーブラックを入れました。しばらく使っているのですが、弱冠インクフローが悪くなったようです。
 モンブランとプラチナは同じ古典的ブルーブラックなんですが、「趣味文」に載っていたペーパークロマトグラフィの結果を見ると、プラチナの方が鉄イオンの含有率が少ないようです。もちろんそれだけではなく、他の成分の違いもあるのでしょうが、インクフローに関して言えばプラチナブルーブラックの方がインクがよく出てきた気がします。
 色としてはモンブランの方がフローが悪い分、薄くなっているようです。せっかく持ってきたモンブランも使いたいし、インクフローが悪いのも困るし、どうしたものか考え中です。






最終更新日  2010年06月11日 10時31分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年05月20日
カテゴリ:Platinum
 最近プレピーが活躍しています。というのも、仕事ノートで使っているモレスキンラージレポーターでフロリダブルーの裏ぬけがひどいため、奥の手として古典的ブルーブラックを使っているからです。手持ちの万年筆でブルーブラックを入れているのがプレピーだけだったため、急な出番となったわけです。
 これまでもモレスキンにはいくつものインクを使ってきました。本来自分はインクフローが多い方が好みなので、どうしても染料系のインクは裏ぬけが悩みの種でした。モレスキンでもいろいろ試したあげく、裏抜けしないのはモンブランやプラチナなどの古典的ブルーブラックと、セーラー極黒などの顔料系インクでした。顔料系は万年筆用だとわかっていてもちょっと心配なので、常用インクにはしませんでしたが、モレスキンには使ったことがあります。裏ぬけはしないのですが、鉛筆と一緒でボールペン等で書くときは下敷きをしかないと写ってしまいます。
 ブルーブラックはなかなか使い心地がよく、一時期日記に使っていたくらいです。こちらはかなりフローのよい万年筆で書いても全く裏ぬけはありませんでした。今回は染料系で唯一裏ぬけのなかったフロリダブルーが抜けたので、やむを得ずこれを持ち出したわけです。
 元々このプレピーは細字の割にはインクフローがよいのです。プラチナブルーブラックはいい感じで濃い青を出してくれます。たっぷりしたフローでも抜けたりしません。おかげで毎日プレピーのお世話になっています。
 ところが困ったことにプレピーの弱点が気になってきました。それはキャップです。ボディがプラスティックなため、頻繁にキャップを開け閉めすると引っかからなくなり、キャップが閉まらなくなってしまうのです。以前はフェルトペンが同様の症状で使えなくなり、2代目になったことがあります。
 これまではほとんど使うこともなかったのでこれまで約3年くらい持っていたのですが、ここのところ毎日のように使ってみますと、さすがに緩くなっていることがわかります。ちょっと気にしながらも大事に使いたいと思います。いざとなったら、2本目を買ってきてペン先だけ交換するという手もあります。いろいろ考えてみたいと思っています。






最終更新日  2010年05月20日 08時39分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月28日
カテゴリ:Platinum
 職場にアドミラルを持っていったのでプラチナの♯3776を持って帰ってきました。今のところフロリダブルーが入ったままになってます。ペン先が少し引っかかるのが気になります。とりあえず使う状況が思い浮かばないのでしばらく休ませておきます。そのうち別のインクを入れて復活させるかもしれません。






最終更新日  2010年04月28日 15時33分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年03月17日
カテゴリ:Platinum

【プラチナ万年筆】プレピー万年筆05ブルーブラックPPQ-200#3

 たまたま近くの文具屋さんに行ったときのこと。何気なく家内から頼まれていた手帳を購入して、レジの横を見たらプレピーがありました。既に何本も持っているので、そのまま素通りしようと思ったのですが、よく見ると、Mニブ(0.5ミリと表示)が出ていました。そこで早速購入。

プレピーM1

 ご覧の通り外見はこれまでのプレピーと一緒(当たり前か)。

プレピーM2

 よく見ると「〈05〉M」と表示されてます。

プレピーM3

プレピーM4

 ペン先は少し大きなニブがついてます。色はブルーブラックのボトルインクを持っているので、ブルーブラックを買いました。これがまた古典的ブルーブラックなので、カートリッジを付けてペン先からインクが出てくるまでかなり時間がかかりました。まだ馴染んでないせいか、インクフローは良くないのですが、使っているうちに良くなることを期待しています。
 線の太さはさすがに通常の万年筆と同じで、MかFくらいです。これまでのプレピーがものすごく細かったので、かえって太く感じます。取りあえず職場に持って行って使うことにします。






最終更新日  2010年03月17日 08時34分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年07月10日
カテゴリ:Platinum

プレピー緑1

プレピー緑2

 こちらは息子に買ってやったグリーン。ペン先は色に合わせて緑になっている。いったい何に使うのか知らないが、最近息子は自分の使わない万年筆をこっそり持ち出しては使っているようだ。

プレピー黄色1

プレピー黄色2

 こちらは小学生の娘に買ってやったもの。実は個人的にゴールドになっているペン先が気に入ってつい衝動買いをしてしまった。黄色いインクは個人的に使わない色だが、ブルーなど別の色を入れて自分も1本買おうかなと思ってしまった。







最終更新日  2009年07月10日 20時50分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月09日
カテゴリ:Platinum
 職場に置いているプラチナ♯3776にフロリダブルーを入れているのだが、それがこのほどインク切れを起こしてしまった。早速インクを入れたいのだが、肝心のボトルインクはおうちに置いてきている。そこで、3776をうちに持って帰ってインクを入れた。
 カートリッジ式なので、カートリッジにインクを注射器で入れる。さすがに数回やっているので、カートリッジの差し込み口が弱冠ゆるくなってきている。しばらくしたらカートリッジを交換した方がいいのだろうが、空のカートリッジなどそうあるものでもないので、どうしようか思案中である。






最終更新日  2009年06月09日 07時37分54秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.