2171444 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

Pilot

2017年09月06日
XML
カテゴリ:Pilot
 ツタヤに行って見てしまいました。最近でたクリアモデルです。ついつい購入してしまいました(笑)。使ったことはありませんが、きっと書きやすいでしょう。さしあたって黒のカートリッジがついていたので、それを差し込んでおきました。ぼちぼち使おうと思っています。








最終更新日  2017年09月06日 18時25分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年03月24日
カテゴリ:Pilot
 OHTOのTascheを使っていましたが、短い万年筆で少しカジュアルなものをということで、プレラを買ってみました。太めなんですが、長さが120mmなので、これでもポケットに入るだろうと考えました。

 カジュアル感を出したくて色はオレンジにしました。注文はもちろんペンハウス。3200円に送料がつきました。

 到着に意外と時間がかかりました。注文して5日といったところです。

IMG_6259.JPG

IMG_6260.JPG

 カートリッジインクは黒が入っていますが、ちゃんとコンバーターが付いてます。コンバーターの中には円筒形の部品が入っていました。どんな役割をするんでしょうか。インクを攪拌するんでしょうか。以前(と言っても10年近く前ですが)、同じコンバーターを買った時はついてなかったような気がします。

 ペン先はFです。インクに何を入れるか、今から楽しみです。

IMG_6261.JPG






最終更新日  2016年03月24日 21時43分10秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年09月02日
カテゴリ:Pilot
 キャップレスのインクを抜いて洗浄しました。今回は軸もきちんと洗うことに。すると思ったとおり・・・。

キャップレス洗浄1

 ものの数分もしないうちに出てきた、出てきた。

キャップレス洗浄2

 こちらは上から見たところ。昨年まではパイロットブラックしか入れてなかったので、軸の裏にたっぷりこびりついていたようです。

 蓋がついているので、分解したままではなかなか軸の中まで洗えないのではと思いましたが、なんとか流水で流してそのまま瓶の中に漬け込みました。長年の汚れがたくさん出てくると思います(苦笑)。

 飛行機の中ではペン芯から漏れても、この蓋と軸の間に表面張力でくっついて漏れなかったんでしょうねえ。そう考えると、キャップレスは飛行機の中でも十分持ち込めるといえそうです。実際これまで何回も持って行ってインクが漏れたと思ったことがないわけですから。それでも、帰りの飛行機では注意が必要ですね。

 皆さん飛行機に乗った後のキャップレスはきちんと軸まで洗いましょう(笑)。






最終更新日  2011年09月02日 18時06分50秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年01月26日
カテゴリ:Pilot
 どうしても細軸の蓋無を試してみたくて、お年玉(?)で購入しました。

 デシモはシルバートリムなので、ゴールドよりちょっと若者向け(?)って感じです。購入したのはこちら。

キャップレスデシモ1

 色は青。黒か白とも思いましたが、何となくその時の気分で青です(笑)。

キャップレスデシモ2

 ノックをすると全長が弱冠短くなってかわいいペン先が出てきます。Fニブですが、十分細いです。小さいながらも意外と柔らかいペン先です。
 長さは収納時が14cm、筆記時が13.5cmです。

キャップレスデシモ3

 数年前に購入した蓋無黒のゴールドトリムを並べてみました。中のペン先ユニットは同じ作りのようです。ゴールドの方はカートリッジをそのままつけてますが、デシモの方は金属のカートリッジキャップをかぶせてありました。インクは純正のパイロットブルーです。

キャップレスデシモ4

 太さは完全に軸のみの違いです。長さはまったく変わりません。片手で操作できるのが一番いいところです。私は旅行の時はトラベラーズノートと蓋無を定番で持って行きます。

 しばらくデシモとモレスキンを持っていって使いました。使い勝手は何てことない万年筆ですが、私には弱冠軸が短いのが気になりました。机上でノートに書くのであればこちらでもいいだろうと思うのですが、机上ではないところでモレスキン等の手帳に書くときは長いサファリの方が何となく書きやすく感じてしまいます。

 軸の細さはあまり意識しませんでした。重心が低くていい感じで書けます。細字なので、手帳などの狭い紙面では重宝します。少なくともサファリのEFより細いです(^v^)。

 多分旅行用の万年筆としてトラベラーズノートと組み合わせるだろうと思います。私の中では蓋無はすっかり旅行用万年筆になってますね(^v^)。






最終更新日  2011年01月26日 18時29分07秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年06月14日
カテゴリ:Pilot
 とりあえずカスタム743を出してみました。問題はインクに何を使うかです。
 引き出しをあけて何かないか探してみました。パイロットはブルーもブルーブラックもありました。その他にセーラーのジェントルインクもあったので、いくつか出してみて試し書き。結果、どうもピンときません。これらのインクはプライベートリザーブと比較すると艶がないのです。
 プライベートリザーブレイクプラシッドブルーはアウロラ88に入れるので、何か違うインクがいい。そう思っていろいろ探してみたらウォーターマンのブルーブラックを見つけました。
 このインクは自分が一番最初に買ったインクです。かれこれ5年前になるでしょうか。当初はブルーブラックに対する固定観念があったので、乾燥すると緑色っぽくなるこのインクが嫌いで、そのまま使わずじまいで残っていたものです。だからまだたっぷりあります。
 アウロラにプライベートリザーブを入れるのなら、何か変わったインクがいいかもしれない。乾くと色が変わるこのインクも楽しいかも。とにかく縦書きノートに使うので速乾性が大事。このインクは特に問題ありません。そこで、これを743に入れることにしました。
 仕事で使うわけではないので、思い切ってコンバータに入れてみました。プッシュ式は回転式よりインクがたくさん入ります。コンバータはこの万年筆を買ってしばらくしてインクフローが悪くなったので、それ以来使わずにカートリッジにインクを入れていたのですが、今回使ってみようという気になりました。調子が悪かったらカートリッジに替えます。
 書いた感じはペン先が軽いので予想通りコントローラブルです。少し15号ペン先は大きいと感じることがありますが、しばらくは743とアウロラ88の2本立てで使ってみようと思います。






最終更新日  2010年06月14日 16時26分58秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年06月10日
カテゴリ:Pilot
 職場で使っているフォルカンもこのたびカートリッジ交換。いつの間にやらインクを使いきっていました。カートリッジは純製のパイロットブルー。古い箱のシングルスペアーインキではなくて、最近のカートリッジです。こちらの方がまだ何本か入っているので、そちらを先に使ってしまいました。
 フォルカンはペン先がよくしなるせいかペン先がペン芯から離れてしまうのでしょう。インクの供給が途切れることがあります。私のように普段使いで早書きするので仕方がないことかもしれません。
 ペン先とペン軸のバランスはとてもいいので、カスタム742のFニブなんてちょっと食指が動きますね。






最終更新日  2010年06月10日 13時53分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年06月07日
カテゴリ:Pilot
 縦書きの場合、

1、インクは速乾性の高いものがよい。
2、万年筆は軽い方がよい。

という2点を今のところ感じています。現在一緒に持ち歩いている万年筆はペリカンMー800とアウロラ88です。使い比べてみると、やはりアウロラ88が取り回しやすくコントローラブルです。ただし、これに入れているのがプライベートリザーブのアメリカンブルーなので、左のページに書くときは右手を浮かせて書かないといけないくらい乾きません。この次はレイクプラシッドブルーに入れ替えて使いたいと思います。

 最近ちょっと気になっているのがお蔵入りにしているパイロットカスタム743です。これには15号のS(ソフト)Mペン先がついています。このペンも太軸で軽いので、意外と縦書きに合うかもしれません。15号のペン先は少し大きいのですが、調べてみる価値はありそうです。問題はインクなのですが、少し濃いめのブルーがいいのと、速乾性を考慮して、パイロット純製のブルーブラックあたりを入れてみようと思っています。調子がよければ、トラベラーズノートと一緒に持ち歩いて使いたいものです。






最終更新日  2010年06月07日 10時40分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月30日
カテゴリ:Pilot
 職場ではモレスキンにアドミラルを使い、ツバメノートにはフォルカンを使っています。フォルカンにはフロリダブルーを入れてますが、ツバメノートに使うのならば何もフロリダブルーを入れておく必要もありません。そこで、このインクを使ってしまったら元のパイロットブルーのカートリッジを使おうと考えています。
 確かカートリッジインクは職場の消耗品の中にたくさんあったような気がしたので、ちょっと探ってみました。

パイロットカートリッジインク1

 ありました、ありました(^o^)/。何となく見慣れない箱だったので、見過ごしておりました。パッケージのデザインからしてずいぶん昔に購入されたもののようです。

パイロットカートリッジインク2

 とりあえずなかのカートリッジの形は今のものと同じようだったので、使えるでしょう。
 万年筆を使っているのは自分くらいしかいないので、好きなように使わせてもらいます。






最終更新日  2010年04月30日 14時16分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月13日
カテゴリ:Pilot
 仕事ノートにモレスキンのレポーターを使うことに決めて、いよいよ書き始めました。とりあえずインクはフロリダブルー。フォルカンに入れたばかりだったので早速使用。
 ところが困ったことに、同じウォーターマンのフロリダブルーを入れても、フォルカンではインクフローが良すぎて裏抜けしてしまうことが判明。途方に暮れております。
 仕方がないのでこれまで使っていたプラチナの♯3776で書きましたが、こちらは抜けません。まだ、ペン芯の中に以前入れていたパイロットブルーが入っているのかもしれません。少し別のノートに使いながら、徐々にインクが入れ替わっていくのを待つことにします。

 この前、日記をこのフォルカンで書いてみました。最初のうちはよかったのですが、そのうちインクがペン先まで届かず、掠れる現象が起きてしまいました。どうもペン先がしなってペン芯から離れるとき、インクがついてこない感じです。フロリダブルーとの相性が悪いのかもしれませんが、とりあえずこの現象が起こったのもこの時だけでした。一応フロリダブルーはこのまま入れ続けるつもりです。






最終更新日  2010年04月13日 07時55分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月10日
カテゴリ:Pilot
 基本的に細字なんですが、パイロットのニブはうまく研いであるせいかFかEFくらいです。ただし、筆圧をかけるとペン先が開くので字幅が太くなるのが面白いところです。
 軸の太さがぴったりなので、筆圧をかけないようにちょっとコツがいりますが、いい感じです。インクをフロリダブルーにしたので、モレスキンにも書けると思います。しかし、細字のわりにはインクフローがとてもいいので、裏抜けしないかどうか心配です。
 無印良品のA5無罫ノートを使っていますが、これには思いっきり裏抜けしてしまいました。本年度はモレスキン以外はツバメノートで統一しようかなと考えています。






最終更新日  2010年04月10日 16時11分20秒
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.