2174659 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山都屋にゃん太郎のノート

PR

X

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

Fisher

2009年08月02日
XML
カテゴリ:Fisher

トレッカーと携帯

 トレッカーの置き場所を模索していたのだが、ある日ひょっこり携帯ストラップに着けてみたところ、なかなか良い感じ。携帯は必ず持って行くので、プライベートで外出するときはこちらの方が便利だ。仕事の時にもついてくるのが問題だが、しばらくこれで様子を見たいと思う。






最終更新日  2009年08月02日 12時49分53秒
コメント(2) | コメントを書く


2008年09月18日
カテゴリ:Fisher

ウエストポーチ1

 今年6月に購入したウエストポーチも旅行に持って行った。おかげでモレスキンを携帯することが出来た。観光の最中はさすがにトラベラーズノートを持ち歩くことは出来ない。ちょっとしたメモなどはモレスキンに書く方がいい。チケットなどはすぐにポーチのポケットに入れることが出来る。これでなくすこともない。けっこう重宝した。

FisherTreker04

 ウエストポーチにはフィッシャーのトレッカーを下げているので、気がついたことはすぐに書き込むことが出来る。これで筆記具で困ることはない。ちょっと小さいボールペンだが、ヘビーデューティーでなかなか使いやすい。キャップもしっかりしていて、外れて本体が落ちるということは全くない。外に出るときはこれが定番となりつつある。






最終更新日  2008年09月18日 08時37分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月21日
カテゴリ:Fisher

フィッシャー ボールペン トレッカー (5000)

 このボールペンを買って9ヶ月が経つ。いまだに休みの日に外出するときは必ずこれを持って行く。ジーンズのベルトのひもにカラビナを引っかけておけば邪魔になることなく携帯できる。
 軸が9.2ミリと短いので書きにくいのではないかとも思ったが、慣れてしまえばたいしたことはない。かえって邪魔にならず、都合がいい。






最終更新日  2008年04月21日 07時35分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月18日
カテゴリ:Fisher
 車の中において使っていたFisher 0-Gravityが壊れてしまった。ノックを押してもリフィルが出てこない。早速修理に出すことにした。ブログを開いてみれば、いつ頃購入したのかがわかるし、どの箱に入っていたのかも一目瞭然だ。ブログも役に立つものだ。
 車の中のような環境にはフィッシャーがしっくりくるのだが、代わりにカランダッシュの845をおくことにする。






最終更新日  2008年04月18日 08時29分26秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月06日
カテゴリ:Fisher
 軸が太いのでAG-7と比較すると格段に書きやすい。リフィルはFが入っている。フィッシャーのボールペンは両方とも重心が高い。このゼログラヴィティもちょうどアメリカ国旗のあたりに来る。ノック部分のメカニズムがどうしても重くなるので仕方のないことだろう。ちょうど指の当たる部分が微妙に3角形になっている。

Fisher 0 Gravity

 手帳にはこれをよく使う。理由はいくつかある。
 一つ目はPRリフィルの特徴で上向き横向き筆記が出来ること、水の中でも書けることである。そんな状況で書くことはないのだが、外に出て書く場合、なんとなく安心感がある。
 二つ目はインクの色が気に入っていることである。フィッシャーの黒インクは少しツヤがある。このおかげで、紙に書いたときに文字が割とはっきりする。
 三つ目はボテが出ないことである。粘性の高いインクを使っているので、糸を引いたような跡が出来ることはあるが、ボテは出ない。
 今のところ、このフィッシャーとカランダッシュをよく使う。フィッシャーがモレスキンポケット用、カランダッシュはモレスキンラージ用といったところだ。






最終更新日  2007年11月06日 11時40分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月31日
カテゴリ:Fisher

【上場セール】フィッシャースペースペン ASTRONAUTシリーズ ゼログラビティ

 以前購入したAG-7が細軸で自分の手に合わなかったので、少し太い軸のものを探した。その結果、ゼログラヴィティがよさそうだったので購入。基本的にフィッシャーのPRリフィルが気に入っているので、これを太い軸で使おうという魂胆である。

0 Gravity 1

 ケースは写真の通り。今まで購入したフィッシャーのボールペンの中では、一番スペースペンらしいケースだと思う。保証書は入らなかったようで、紙箱の中にケースと別に入っていた。

0 Gravity 2

 ケースを開けるとこんな感じ。

0 Gravity 3

 ゼログラヴィティはフィッシャーのボールペンらしくPRリフィルを使っているが、面白いことに白いアダプタが使われていた。長さを調節するもののようだ。いったい何のためか不思議に思ったが、フィッシャーのリフィルにパーカータイプ用のアダプタがついていたことを思い出した。試しにパーカーのボールペンリフィルをそのまま入れてみたら、思った通りピッタリと一致した。このボールペンはパーカータイプのリフィルが使えるということだ。自分はパーカータイプのボールペンリフィルには全く興味がないので、このままPRリフィルを使うことにする。

Fisher 0 Gravity






最終更新日  2007年10月31日 17時34分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年10月22日
カテゴリ:Fisher
 このところ、AG-7をよく使っている。金属製の軸なので、フォーマルに使える。涼しくなってスーツでいることが多いので、スーツのポケットに入れておくにはちょうど良いと思っているからだ。軸が細いのが玉に瑕だが、手帳に使う分には問題ない。
 サイドリリースボタン式なので最初はなかなか面白かったが、ポケットに差すときに間違ってノックしてしまい、ペン先が出しっぱなしになっていることが何回かあった。この点、サイドリリースは少し使いにくい部分がある。フィッシャーのPRリフィル自体には満足しているので、フィッシャー製で軸が太いものを探してみようと思っている。






最終更新日  2007年10月22日 10時42分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月15日
カテゴリ:Fisher
Fisher Refil

 フィッシャーのリフィルを購入。熊本市内のいつもの文具屋で買ってきた。リフィルのような消耗品はネットで買ってもお店で買ってもそれほど差はないようだ。お店で在庫があればこちらの方が早い。
 フィッシャーのボールペンについているリフィルはFなので、今回はMを購入。写真の下の方に写っているのが、パーカータイプのボールペンに取り付ける際にしようするアダプターである。これを付ければ、パーカータイプのボールペンがスペースペンに変身するわけだ。パーカータイプのボールペンを買ったら試してみようと思っている。






最終更新日  2007年10月15日 13時55分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月07日
カテゴリ:Fisher
 金属製の軸で、意外と重量感がある。バランスはいいのだが、軸が細い。一番太いところで9.5ミリ。持つところは8ミリ以下である。太軸が好きな自分としては、この点が残念だ。
 フィッシャーのPRリフィルの書き味には満足している。どちらかというと、カランダッシュのゴリアテの方が軽いのだが、PRリフィルも十分軽い。標準ではFの太さなので、Mに替えれば少しは寝かせて書けるようになるだろう。
 インクは黒くてツヤがある。なかなかはっきりした黒である。ゴリアテはどちらかというと薄墨系だ。PRリフィルとゴリアテを比べて書くと微妙な違いが分かって面白い。
 ノックはとても軽い手応えだが、「カチッ」と小気味よい音がする。リリースはサイドボタン式なので、これも面白い。指の当たる部分には横に溝が切ってあるが、これは思ったよりザラザラしていて、指もしっかり引っかかる。






最終更新日  2007年10月07日 11時22分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月01日
カテゴリ:Fisher
 銀行に行く用事があったので、そこで引き落としの書類を書いた。備え付けのボールペンを使ったが、よくある100円のボールペンで、軽い分、筆圧を加えて書かなければならないものだった。「やっぱりボールペンは筆圧をかけて書かなくてはならない」と思いながら、手帳に書こうとして持ってきたフィッシャートレッカーを出してみる。書いてみると結構軽い。トレッカーは小さいペンだが、あまり筆圧をかけずに書くことができるようだ。
 同じように、三菱のパワータンクも書き味は軽い。圧縮空気で押し出すタイプのボールペンはなかなか書き味がいい。どうも最近ボールペンに凝り始めている。






最終更新日  2007年10月01日 13時05分44秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.