山屋のページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

サイド自由欄

<< 関連リンク >>
吉岡利紘のページ
山行記
山の写真アルバム
WINDOWSテーマフリーダウンロード
-------------------
坂歩こう会ネット板
坂歩こう会のページ
-------------------
<<お気入りブログ>>
以下のお三方は「坂歩こう会」の仲間でいずれも山行写真満載です
・フルムーン日記
・赤帽さんのブログ
・カガラ山の仙人



コメント新着

 yamahige8@ Re[1]:ここに幸あり(03/04) 元生徒さんへ 今や、NATOよりも納豆の方が…
 元生徒@ Re:金ヶ灯篭山(坂歩こう会)(02/20) ナイス! 災害後なのに、大丈夫でしたか?…
 元生徒@ Re:ここに幸あり(03/04) ナイス! NATOに?僕なんか納豆を頂くのが…
 hige@ Re:今日も無事に山歩きができて感謝~(12/19) ありがとうございます。  遭難とまでい…
 曽根川@ 今日も無事に山歩きができて感謝~ 帰宅してほっと一息~中国新聞を広げてみ…

バックナンバー

2019年05月15日
XML
テーマ:山登りは楽しい
  今日の坂歩こう会の定例山行は、広島市安芸地区の東中倉山(514m)・八世以山(494.8m)でした。
 コースは、JR瀬野駅~中倉神社登山口~233m峰~351m峰~展望所~東中倉山~伏附峠~八世以山~430m峰~立岩展望地~分岐~勝負迫登山口~JR瀬野駅、でした。
 五月晴れの絶好の登山日和に恵まれ、中倉神社に参集したメンバーは、新入の四方を加えて59名と、これまでの最多記録を更新しました。(この後、体調をくずされて1名の方がここで帰られましたので、58名での山行でした)


 中倉神社登山口から中倉山へは、樹林帯の中のいくつかのピークを次々と越えて、しかも所々のかなりの急斜面を登るというハードなアルバイトが続きます。中倉山には、陸軍の要塞跡があり、探照灯跡、待避壕跡、管制器跡、司令棟、炊事場跡などが、かなりの規模で点在していました。


 
 
 

 東中倉山山頂を超えて、一旦、伏附峠まで下りますが、前半のかなり長い尾根歩きでは、所々で展望が開け、また、群生するツツジの一部が咲き始めていて、心浮き立つ歩行となりました。ただし、伏附峠直前の下りは、急傾斜でロープ頼りの厳しいものでした。
 伏附峠からは急登続きの登りで、一気に八世以山山頂に到達します。途中、珍しい朴の木の花が厳しい登りを癒してくれました。
 山頂は余り展望が開けていませんでしたが、狭いスペースを覆いつくして(だいぶこぼれた人が居ましたが)楽しいランチタイムを取りました。

 
 
 

 八世以山からの下りも結構長く、ピークをいくつか超えて、時には厳しい下りをこなすハードなものでした。かなり荒れた竹藪を抜け、里道におりた時は本当にホッとしました。長い道のりの山行でしたが、その厳しいルートを歩き通した達成感は大きく、思い出に残る山行となりました。


 
 






最終更新日  2019年05月15日 20時39分38秒
コメント(0) | コメントを書く
a

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.