山屋のページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

<< 関連リンク >>
吉岡利紘のページ
山行記
山の写真アルバム
WINDOWSテーマフリーダウンロード
-------------------
坂歩こう会ネット板
坂歩こう会のページ
-------------------
<<お気入りブログ>>
以下のお三方は「坂歩こう会」の仲間でいずれも山行写真満載です
・フルムーン日記
・赤帽さんのブログ
・カガラ山の仙人

登山歴60年以上、野鳥を観察して30年以上の大先輩のブログです
タカ長のタカの渡り観察

ワンゲル薬師


コメント新着

 yamahige8@ Re:笑顔で会える日のためにby辻井伸行(07/13) New! 辻井さんはいいですよね。 ところで、赤帽…
 タカ長@ Re:笑顔で会える日のためにby辻井伸行(07/13) New! タカ長は演歌人間ですが、辻井伸行さんの…
 yamahige8@ Re[3]:今日の鈴が峰(07/12) ナカムラ チエコさんへ メールが出せな…
 ナカムラ チエコ@ Re[2]:今日の鈴が峰(07/12) yamahige8さんへ   おはようございます…
 yamahige8@ Re[1]:今日の鈴が峰(07/12) こんばんは、ナカムラ チエコさん。 ちょ…

バックナンバー

2020年05月29日
XML
カテゴリ:散歩散見
 今日は早めに出て、東峰から西峰に向かう尾根の途中で美鈴が丘団地方面に向かって下っている踏み跡があるのが気になっていましたので、この路を探検することにしました。確かに踏み跡があり、マーキングも所々にしてありますので、明らかに登山路に違いありません。
 ところが下に行くにしたがって分岐が所々にあり、迷い迷いおりているうちに、とうとう踏み跡が無くなってしまいました。とにかく強引にそれらしい方向に藪を漕いでいますと、立派な広い路に出会いました。標識があり、「平成29年度 鈴が峰山麓ルート」と書かれてありました。どうもここで、何かの競技が行われたと思われます。
 団地に出てみますと、鉄の扉で閉鎖されていました。鍵はかかっていません。
 

 そこで、立派に整備されている登山路を逆に登り返すことにしました。立派な路はだいぶ荒れていましたが、周回コースになっているようで、上部で分かれて鈴峯の登山路になっていました。先程通った分岐に戻り、尾根まで登り返し、東峰に戻りました。

 今日も頂上には誰もいません。下山路で一人の女性とすれ違いました。
 






最終更新日  2020年05月29日 20時27分29秒
コメント(2) | コメントを書く
[散歩散見] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.