000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2018/01/20
XML
カテゴリ:山スキー
岳友Yたさんからの招待もあり、ナイタースキー
なんて高校生以来なんだけども参加してみた。

17:30から4時間、休憩なしでずっと滑り続けて
28ラップを記録した。仕事以上に頑張った感。


イオックスアローザ​は初めて来たが、この夜景は
素晴らしい。今日の雪は硬かった。ピステを踏んで
くれたところはまだ滑りやすいが、日中のガタガタ
が残るコースは凹凸がそのまま凍っており、かなり
滑りにくかった。


シラハギコースを主に滑る。板がよく走るので、
あっという間にリフトに着いてしまう。楽しい。


主催者?のI原さんが登場したところで集合して
記念撮影。これはその後の開会宣言。

精確な数は分からないが30~40名はテレマーカー
が集まったと思う。アルペンスキーヤーを圧倒して
いた感じがあった。

やまやろうの知った顔もちらほらあるのだが、?な
人からお久しぶりですとか言われると困惑する。

ゲレンデで会っているんだけれど、自分が忘れて
しまっているのだよ。申し訳ない。みんな帽子と
ゴーグルを着けているので素顔が不明。

フェイスブックのアイコンもテレマーカーは大抵
滑っている時の装備なので、素顔が見えないのだ。

自分の記憶力の乏しさも悪いのであるが、顔を
やまやろうに覚えてもらいたい方は、SNS上でも
素顔をさらした方がいいですよ。

今回の趣旨はテレマーカーが集まって情報交換する
というものである。リフトで同乗したら話し合う
のが普通であろう。

おくてなやまやろうは会話せんかった。勿体無い
わなあ。興味がないわけではないが、技術も行く
山域も決まっていて、今更聞くのもどうかと思って
いる頭の固い偏屈おじさんなんです。


解散は三々五々であるが、結構最後まで残っている
人が多かった。ゲレンデは最後まで凍結すること
なく、快適に滑ることができた。硬いのだがザラメ
状の雪がかぶっていて速度を出しても怖くない
レベル。


今回上手なテレマーカーが多くて、普通に滑って
いても目立たない。やまやろうはファンスキー
テレマークを持参した。

まあ目立ったであろうが、斜面が硬くて滑るのは
大変であった。細板革靴の方が、変態度は高かった
であろう。

魚津ICまで高速に乗り、その足でらーめん世界へ。
休憩なしで滑ったということは、飯も摂ってないと
いうこと。

23時の食事。おつまみセットとビンビールにして
みた。今日のイベントの成功を祝して!

やまぶろぐ
フェイスブック(フォローOK。基本フォロー返し)
インスタグラム(フォローOK。基本フォロー返し)
ツイッター(フォローOK。基本フォロー返し)






Last updated  2018/01/21 12:32:07 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.