1903794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2006/10/09

 
XML
カテゴリ:登山
6時半。登山には遅い起床だ。むすこのホッペをぷにぷにしていたら、7時を回ってしまった。登れる山は限られる。やめようかとも思った。

晴天なのに山に行かないと、やまやろうは後で愚痴るので、嫁さんは、「山に行ってこられ」と気持ち良く送り出してくれた。ありがとう。

目指すは大辻山だ。立山で初雪があったので、展望の良い山で確認する。

長尾峠に車を駐める。林道を下った先の登山口からではなく、目の前の長尾山経由で行くことにした。

10:03 出発。落ち葉で埋まり、木の根が張り出す湿った道は、滑りやすい。

10:10 あっけなく長尾山。少し下って、大辻山登山道と合流する。あとは一本道をひたすら登るのみだ。風がなく暑い、汗が流れる。グループ登山や夫婦連れなどがんがん追い抜いていく。今日は休憩なし、水補給なしで行くと決めた。

10:23 奥長尾山。通過地点に過ぎない。アップダウンが続くが、気にせずがんがん足を出す。

10:59 大辻山(1361m)。1時間を切った。低山であるが立派なトレーニングになった。そして眺望がやまやろうを待っていてくれた。

冠雪の立山
立山は、輝く白さだ。雪の季節がやってきたことをこの目で実感する。左手の大日岳の頂も白くなっているので、2200~2300mくらいまで降雪があったようだ。

剱岳ズーム
剱岳をズームアップ。険しい岩峰のため、雪の付きは悪い。が、雪がないと剱は剱らしくないと思う。

パチパチとデジカメを撮ったら、腰をおろして休憩。お菓子とスポーツドリンク程度。風が抜けることなく暖かな山頂だ。人は多くて、登山道上の人も含めれば30~40人はいるだろう。

じきに雲が出てきて、左手の剱、そして正面の立山を覆い隠してしまった。右手にも雲があり、薬師岳を狙っている。あと20分登頂が遅ければ、今日の大展望はまったく楽しめなかったことになる。

11:20 山並みが雲に隠れたところで、下山する。下りは走りこんで持久力とバランス感覚をトレーニングした。体幹をまっすぐに保つようにして、木々の間を風になって移動する。

11:48 大辻山登山口。目標の30分を切った。だから何だという目標なのだが、ただのんびり歩いても本番(雪山登山)の役には立たない。短時間でも有意義な登山であった。

コースタイム:
10:03 長尾峠出発
10:23 奥長尾山
10:59 大辻山
11:20 下山開始
11:48 登山口到着






Last updated  2006/10/09 06:27:23 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.