1903536 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2006/10/29

 
XML
カテゴリ:登山
僧ヶ岳の三角点
9:13 僧ヶ岳。カップルが宴会中。やまやろうは大福と菓子パンを頬張る。ガスがかかってきた。この天候で駒ヶ岳に行っても何も見えないだろう。予定を変更しすぐに下山、鉱山道の分岐まで戻る。前から気になっていた鉱山道、この先に何があるのか確かめたくなってきた。

9:42 ヤブこぎ開始。道はほぼ水平に伸びている。潅木をかき分けもがく。草地に出ると、道がついているのが分かる。60年たっても迷うことはない。順調に?悪戦苦闘していると、目の前から木々が消える。ごっそり山腹が抜け落ちているのだ。水平に行けば道はあるだろうが、崩壊地はとてももろくて歩ける状態ではない。

小沢を詰めて崩壊の縁のヤブを伝う。上がって下がり道があるだろう地点まで来たが、ササヤブが濃くて分からない。ここまでで終わりにするか、でも収穫ないまま引き返すのも面白くない。前方に目をこらすと、何か木の柱が立っている。枯れ木にしては目立つし、枝がない。人工的な匂いを感じ、そこまではヤブこぎしてみることにする。

電柱?
10:38 ついに木の柱にたどりつく。ここは山腹から張り出した支尾根の平。柱には紐のような物が引っかかってる。近くにはこんな物が落ちていた。

碍子?
陶器製のおそらく碍子であろう。ということは、木の柱は電柱なのではないか。他に柱がないのが不思議であるが、朽ち果てることなく60年以上立ち続けていることのほうが不思議であろう。モリブデン鉱山に関わる遺構を発見して、とりあえず満足。

さて戻ろう。ガスの切れ目から僧-駒間の稜線が見えた。あそこに行けば登山道がある。ヤブこぎをもう少し進めて合流できないだろうかと考えた。実はヤブこぎし始めにウサギの死骸を見てしまい、再びそこを通るのは嫌だなと思ったのだ。

鉱山道を少し戻り、小沢を強引に詰めていく。道を少しでも外れると猛烈なヤブが待ちかまえている。それでも何とかなるのではと進むも、地面が見えぬほど密生したササに阻まれる。これは行ってはいけないのではないか。

冷静になろう。ザックを下ろして水を飲む。来た道を引き返す、これが最善策だ。登山のセオリーだ。となれば気持ちに迷いはない。小沢を下ると鉱山道に出るので、また厳しいヤブこぎに耐える。行きよりは気分が楽である。

11:23 登山道に戻る。いやーこれで無事に帰れるぞ。道ばたのモリブデン鉱石に腰掛けて一休み。1時間近くヤブこぎして到達した距離は、びっくりするほど近い。強引に上を目指していたら、今日中に帰って来られたかしら。
ほぼ水平に移動
小さな達成感と中くらいの疲労感、そして大きな安堵感に包まれながら下山する。

12:35 駐車地点に到着。地元の山に眠るモリブデン鉱山、そのベールをほんの少し覗いた気がした。






Last updated  2006/10/29 04:49:10 PM
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:登山
高い山に登っても寒そうだし紅葉も終わっているので、近くの適度な標高の山である僧ヶ岳(1855m)へ向かう。予定では駒ヶ岳(2002m)までピストンすることに。

宇奈月から入る。林道から見える烏帽子尾根山腹の紅葉がきれいだ。僧ヶ岳まで登らなくても紅葉は楽しめる標高まで下りてきている。烏帽子尾根登山口まで車で入る。

烏帽子尾根登山口
7:46 出発。葉を落とした明るい雑木林の中を、しっとりした落ち葉を踏みしめながら、ゆっくりと歩く。とても静かだ。熊鈴だけが山中に響く。

紅葉もぽつぽつ残る
標高1500mくらいの沢筋には、ぽつぽつと紅葉が残っている。

8:26 烏帽子尾根と宇奈月尾根との分岐。この先1600mで右手に入るのが普通の道であるが、今回初めて左の鉱山道に入ってみる。広くて緩やかで歩きやすい。気に入った。

鉱山道沿いの残骸

鉱山道沿いの残骸
道ばたには索道か何かの残骸が、半ば埋もれている。下の写真左にあるのは丸太であろう、まとめて積んであった。

鉱山道の入り口
9:00 鉱山道からここで別れて、右手の仏ヶ平に向かう。すぐに平でひとがんばりで山頂である。

後編に続く






Last updated  2006/10/29 04:48:40 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.