1779396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/05/03
XML
カテゴリ:登山
GW-1-03.jpg
馬場島から立山川を遡行する。堰堤の仮橋で右岸に渡り、踏み跡をたどりながら、じりじりと進んでいく。踏み跡は水流よりかなり高い位置にあるので、徒渉することはない。

GW-1-07.jpg
谷が東へ進路を変えると、朝日に照らされながら高度を上げることになる。日焼け止めとリップクリームは、手放せない。谷の中はデブリでくちゃくちゃ。その下を水の流れる音が聞こえたかと思うと、雪が割れて滝になっているところもある。

GW-1-10.jpg
目指す東大谷右尾根が、正面に見えた。広い右岸を進めば、じきに水流は雪の下。予定では東大谷の出合いでテントであったが、あまりにも早すぎる。出来るだけ高さを稼ぐことにして、東大谷に入ることにする。

GW-1-13.jpg
正面のピークのスカイラインが、剱御前となる(別山尾根)。下から見ると、それほど高くないように思えてしまうが、そういうわけではないことが、翌日知ることになる。

GW-1-18.jpg
東大谷中尾根の末端で休憩。見える雪渓は左俣、スカイラインは剱岳。2年前は右側の中尾根を登攀した。今年はその時よりも雪が多く感じられる。新雪によって、尾根の上部が樹氷となっているのが分かる。

GW-1-23.jpg
右俣に入り、さらにその右俣に入る。稜線に出ようとしているのだ。新雪の下にザラメ雪や腐った雪があり、足が取られやすい。

GW-1-26.jpg
画面中央の黒々とした尾根が、中尾根である。スカイラインの大部分は、早月尾根になる。山頂は、おそらく見えない。画面右上隅奥になる。

GW-1-31.jpg
ようやく、右尾根の雪稜に立つ。ここからは、奥大日岳がよく見えた。雪庇がせり出す山頂付近に、何人もの登山者が粒々と確認できる。反対に、向こうからこちら6名は見えるのであろうか。

GW-1-32.jpg
剱岳西面全景。地形概念把握にもってこいの写真である。お買いあげ多数の1枚。

GW-1-35.jpg
日の明るいうちから、テーブルを掘って入山祝いだ。剱岳そして奥大日岳を見ながら酒を飲むのは最高の気分である。飛ぶように酒が売れる。結局持参した酒類は、初日で空にしてしまった。明日の登攀に備えて、軽量化したのだ(たぶん)。みんな良い笑顔である。







Last updated  2007/05/19 09:28:11 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.