2161518 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/05/06
XML
カテゴリ:登山
GW-4-12.jpg
朝は吹雪の中、出発準備を整える。写真では分かりにくいが、手前から奥に向けて、横殴りの吹雪となっている。ザックなど外に出しておくと、すぐに白くなってくる。羽毛服、オーバーヤッケ上下、オーバー手袋、目出帽、ヘルメットの完全防寒装備となる。

GW-4-14.jpg
頂上直下の懸垂下降地点。厳冬期はカリカリに凍るルンゼで、ロープは必ず出すところ。今回は雪は緩んでいるが、気は抜けない。迷わずロープを出して安全に下降する。残置シュリンゲがあったのでロープの設置は早かったが、結び目が入っていたのでほどいてやり直し。ザックにしまう際の些細な気遣いが、その後の行動時間を大きく左右する。ちなみにやまやろうは、ロープを末端で簡単にまとめたら、もう片方の末端をザック外に出して、結び目ができないようにする。

GW-4-20.jpg
早月尾根を下る。小屋が見えてきたら、斜面は広くなり、みな好き勝手な場所を降り出す。人のトレースは堅くてヒザに負担がかかるうえに、歩幅が合わないので使いたくないのだ。自分でトレースをつけた方が、早く降りられる。

GW-4-23.jpg
早月小屋は半分雪の中であった。小屋の主人、佐伯謙一さんと前の主人、田制さんが山を下りる準備をしていた。差し入れとして、丸ごとキュウリとマスの煮物をいただく。山行中の塩気は、大変ありがたい。

GW-4-27.jpg
馬場島に着くと、雨にしっとり濡れたヤマザクラがあった。里では既に散った桜だが、ここは標高760メートル。春はゆっくりやってくる。こういった人の写らない写真をお買いあげいただくと、やまやろうはとても嬉しい(1枚注文あり)。

GW-4-29.jpg
これが馬場島荘名物の山菜そばである。本物の(そこらで採れた)山菜天ぷらが、山盛りとなっている。ワサビ葉のおひたしが、ぴりりとしたアクセント。レンズが曇って、画面周囲がぼやけてしまった。現像してみると、これがそばを引き立たせる良い効果に生まれ変わった。瓢箪から駒である。

GW-4-32.jpg
やまやろうが、秘密の場所で採ったワサビ葉とコゴミ。蛍光灯の元で撮影したので、緑色がきつめに出た。

GW-4-33.jpg
コゴミをゆでたもの。マヨネースを付けて食べるのが、シンプルで好き。これも1枚注文があった(なぜ?)。

GW-4-34.jpg
ワサビ葉のおひたし。意外と減量するものである。もっと大きい葉を採ってきてもよかったようだ。

GW-4-36.jpg
帰宅したら、山道具をすぐに片づける。洗濯したり、ブラシで洗ったり、物干し竿にかけたりと忙しく、ビール片手にのんびりというわけにはいかなかった。青、赤、黄が鮮やかで面白い。







Last updated  2007/05/19 10:43:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.