2030188 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/08/13

 
XML
カテゴリ:登山
三の沢取り付き
4:00 起床、5:22、出発。すぐに三の沢取り付きとなる。末端は雪渓が詰まっているが、壁からは離れている。

シュルンドの先に滝がかかる
壁の右端には滝がかかる。直登は不可能。シュルンドの下をくぐり、左手のガラガラルンゼを1ピッチほどフリーで登る。

ルンゼを1ピッチ詰めたトラバース地点
残置のボルトとハーケン、シュリンゲとカラビナがある。ここから懸垂できる。さて登攀路。右手の滝に向かってトラバースすることになるが、逆層のもろい岩質である。中間支点を取れそうな潅木は見あたらない。出始めの確保点すら見つけられない。悩みに悩んで、これ以上の登攀は無理と判断。残置を使って懸垂下降する。

シュルンドに落ち込む滝の流れ
ただ帰るのは悔しいので、シュルンドの下から滝の撮影を試みる。雪渓の上からは分からないが、15~20メートルほどの高さがある。

流れはシュルンドの下へ
冷たい流れは、スプーンカットのシュルンドの下へ消える。末端の雪渓には穴が開いていたが、そこに落ちてしまったらどうなるのであろうか。想像もしたくない。

真砂沢ロッジに戻り、成司さんに報告。幕営地を片づけて8:00に帰路につく。往路を素直に戻る。

八ツ峰とニッコウキスゲ
8:27 長次郎谷出合い。休憩がてら、写真撮影。登攀者以外の対象は、花である。岩をよじ上り、花に出来るだけ近づく。いろいろ構図を試してみるが、「いいのが撮れた」という確信には至らない。

ライチョウ親子
11:12 剱沢の詰所。昼食を兼ねて大休憩をとる。軽く行動食で済ませたやまやろうは、撮影タイム。ライチョウ親子がひょっこり顔を出したので、ここぞとばかりにシャッターを押しまくる。

剱に抱かれるライチョウ
もっと近づきたいが、相手を刺激してはいけない。ズームを利用して剱とともに。三脚が欲しいところだが、軽量化のため持ってきていない。12:06、出発。

12:47 剱御前小舎。ちょっと缶ビール。

雷鳥沢のクルマユリ
14:35 雷鳥沢野営地。ゆっくりゆっくり歩いているが、今日中にバスに乗れそうだ。

15:36 室堂ターミナル。高原バスの増発臨時便は定刻発車ではないので、来たら乗れる。爆睡。

17:10 立山駅。さすがに下界は暑い。真砂沢ロッジの夜が恋しい。

18:30 G会館到着。反省会をして解散。今回は目的の東面スラブを登攀することは叶わなかった。しかし、その全貌をこの目で見てきただけでも価値があるのかなと、気持ちを切り換えた。再挑戦する日がやってくることに期待したい。







Last updated  2007/08/26 04:37:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.