2243997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/09/22
XML
カテゴリ:登山
車中泊、裸足で寝たら、明け方冷えた。靴下を履いてウトウトしていたら、もう朝だ。5:45起床、おにぎり二個を食べる。

6:07 駐車場に移動し、歩き始める。25リッターザックにトレイルランニングシューズ。日帰り登山はこういう軽装で充分だな。

戸隠牧場入り口
6:17 1190m 戸隠牧場入り口、右手の管理棟に登山届を提出する。

牧場の夜明け
案内板に従い牧場の中を通って登山道に到る。大洞沢沿いに道は続く。朝は晴れており、日差しを背中に浴びつつ高度を上げる。

滝登り
6:56 1500m 滝が出てくるが、鎖とホールドを利用して突破。この上には岩壁のトラバースもある。ここも鎖とスタンスがしっかりしているので、慎重に歩けば問題ない。

一不動からの朝靄
7:17 1725m 一不動。避難小屋がある。この下の氷清水という水場が補給できる最後の地点であった。補給を忘れたやまやろうは、残りの行程を1リットルでしなければならなくなった(結果ピッタリであったが)。コースタイム2時間のところ1時間で来てしまった。あまり汗をかかず、足もよく動く。

高妻山は修験道の山である。この先アップダウンが繰り返され、各小ピークには仏様にちなんだ名前が付けられている。それが10箇所あり、最後が山頂となる。ちなみにやまやろうはこんな感じであった。

二釈迦 (見落とした)
三文殊 7:33 1830m
四普賢 7:44 1865m
五地蔵 7:55 1950m(1998m)
六弥勒 8:01 1960m ようやく紅葉が散見。
七薬師 8:06 1960m
八観音 8:21 2000m
九勢至 8:28 2005m 最後の急登にとりかかる。ここはきつい。
十阿弥陀 8:58 2290m 山頂はもうすぐだ。

右は妙高、左は火打
七薬師あたりまでは、遠くの山並みが見えたのであるが、次第に雲が出てきた。

山頂
9:01 2300m(2853m)高妻山山頂。岩がごろごろしている。一不動から山頂までのコースタイムは2時間半であったが、1時間45分で来てしまった。トータルでも3時間を切り、予定より30分短かった。軽量化のおかげであろう。行動食と水を口にする。暑くも寒くもない山頂、のんびりしていたくなるが、これならお昼に戸隠そばが食べられると思い、早めに下山しようとする。

しかしその前に絵はがきを作成。雲が多いので、題材は南方の戸隠山しかない。手早く描くそばから、雲が山稜を隠していく。あらあらスケッチしたら色鉛筆で彩色。

10:00 下山開始。百名山なのでたくさん人が登ってくるのかと思いきや、20人ほどしかいなかったのでは。下りも快調に歩き、時短が期待。

新道入り口
10:46 1955m 六弥勒の右隣に、新しく拓かれた登山道がある。ネットでその存在は知っていたが、詳細は不明であった。山頂でこの話を小耳に挟み、場所が分かったので使ってみることにする。

ササがきれいに刈り払われている。踏まれていないので土が軟らかく足に優しい。ずんずん標高が下がる。かなりの急坂なのでこれを登りに使うのは厳しいだろう。

ブナ
途中からはブナ林に変わる。下部の道は、昔の踏み跡を利用して作られているように感じた。

11:41 1225m 牧草地に出る。その際を歩けば、朝の登山道に合流する。

12:00 1200m ヤギやウマを眺めながらのんびり歩いて牧場入り口に到着。新道はやはり早かった。これを使わない手はない。

12:14 駐車場に到着。絵はがきに落款を押して完成。
絵はがき






Last updated  2007/09/23 10:24:11 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を継続して実践中。

・2005年より山行記録と写真を主なテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな山行記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山(ともに共著)。こっそり山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会のガチな山行を両立。

・BUMP OF CHICKEN、日本酒、ミニカー、せんべろ巡りが好き。

・RICOHのGRII、THETA SC使い。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.