000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/10/14
XML
カテゴリ:登山
秋晴れの元、僧ヶ岳登山会が開催される。6時に魚津市役所に集合し、宇奈月の烏帽子尾根登山口へ。参加者17名にスタッフ22名。G会5名は最後尾について、ベルグバハト(救助隊)を担当する。

宇奈月尾根と合流した先で、旧鉱山道を使って仏ヶ平を目指す。昨年ヤブコギした地点の電柱が、澄んだ秋空にくっきりと浮かんで見えた。

仏ヶ平は空高く
仏ヶ平は風衝地形で樹木が生えない。ニッコウキスゲが枯れ果て、種の入った実がカサリと音を立てる。ここまで来たら、僧ヶ岳の頂はもうすぐだ。

仏ヶ平紅葉の島
振り返れば仏ヶ平は、ササ原に紅葉が散在していることが分かる。見事な色の対比に、思わず感嘆の声をあげる。

僧ヶ岳山頂直下
山頂直下では、登山者は紅葉の中を進むことになる。

毛勝山
紅葉・黄葉の向こうには、毛勝山。大明神沢に、雪渓が見えた。

北駒ヶ岳と駒ヶ岳
僧ヶ岳山頂からの北駒ヶ岳と駒ヶ岳。遠くは後立山連峰が屏風のようにどこまでも連なっている。山座同定が追いつかないほどの山々が見渡せた。

山頂で昼食、休憩、記念撮影の後に、東又コースを通って、片貝川まで下った。

成谷山から僧ヶ岳
成谷山まで下って来し方を振り返ると、まぶしいばかりの紅葉、また黄葉。それが僧ヶ岳(左のピーク)まで続いているのだ。ため息が出るほどの素晴らしい景色。登る前は紅葉の進み具合を心配していたが、上部は何ら問題なくきれいに色づいていた。

この時期の僧ヶ岳は素晴らしい。紅葉もそうだし、涼しい季節で登りやすいからだ。県外からの登山者にも登ってもらって、この魅力を実際に感じてもらいたいものだ。






Last updated  2007/10/14 10:29:18 PM
コメント(4) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.