2244049 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2007/11/03

 
XML
カテゴリ:食べ物
9月29日10月6日に続いて、三回目のむかごご飯。

むかごごはん
これまでのものより、大粒を選んできた。中にはPETボトルのキャップほどの大きさのものもあり、これはむかごというより小芋という外観であった。中身もぽくぽく素朴な味。

しっかり二膳平らげた。元気がモリモリ出るかしら。






Last updated  2007/11/03 11:18:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:登山
870mピーク
10:18 880m 白倉山中央のピーク(870m)。数年前に、ここまで来た記憶がある。登山道ができたばかりの頃で、登りで滑って泥だらけになり、嫌気が差して途中撤退したのであった。今回は三角点のあるピークを踏んで、白倉山登頂することも目的であった。

紅葉1
秋晴れの空に紅葉が美しく輝く。

魚津市街
魚津市街を望遠ズームしてみる。拡大するとありそドームが写っていることが分かった。ならばウチから白倉山が見えるということか。今度確認してみよう。

紅葉2
はたと足を止めてしまう。紅葉と青空のコントラストが素晴らしい。リバーサルで撮影したら、もっと透き通った紅葉になるであろう。上に気を取られていたら、実はもう山頂であった。

山頂の三角点
10:36 885m 白倉山(878m)。三角点踏んづけは、登頂のセレモニー。

山頂全景
三角点のほかには、石でできた小さな祠がある。木のうろに塩ビ管が立てかけてあって、その中に帳面が入っていた。ぺろぺろめくると、知った名前がぞろぞろ出てくる。狭いのー富山岳人網は。やまやろうも一応記帳。

10分ほど後に、真っ黒ネコさんご一行が登頂する。手際よく食事の準備が始まるのがすごい。ここでようやく落ち着いて話をすることができた。山のことは当然として、仲間のこと、GPSのこと、カメラのこと、これから行きたいところなど、ネタに困ることはない。

白き立山
雲が流れ、白く輝く立山が顔を出した。左隣は剱御前だろう。右手には奥大日岳と大日岳。樹木が多いので、眺望ポイントは限られている。狭いが、見応えはなかなかのもの。

やまやろうとネコさん
行動食だけのやまやろうに、温かい焼きそばがプレゼントされる。あーうれしい。会えることが分かっていたなら、いろいろ担いでくればよかったな。

12:27 一足先に下山する。早足で移動し、落ちるように高度を下げる。気を抜くと本当に滑落するような急斜面なので、あなどれない。

何のきのこ?
山の幸鑑定は、妖怪大猫氏にお願いしてもらおう。

爪痕
12:48 585m 五合目。ブナの幹にいくつもの爪跡。もう冬眠しているのかしら。気配はなかったが、立山スギの根本を通る時などは緊張した。穴があったりするものだから、ヤツがいるかもしれないではないか。行きも帰りも、リンリン富山競輪♪

白倉山紅葉
13:09 345m 登り口に到着。林道沿いのむかごを採取。これまででもっともサイズが大きく、量も採れた。

13:51 265m 駐車地点に到着。焼きそばのお礼に、むかごを置いておく。






Last updated  2007/11/03 10:45:43 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:登山
やまやろうは、彼の出没情報をネットで入手する。とちの湯から駒ヶ岳を考えていたが、急遽、白倉山に変更した。山頂で話ができるように出発時間を計算した。

登山口に駐車
車を発見。会えることは確定した。問題はどこでか、だ。

橋のたもとの看板
9:02 250m 橋のたもとに車を置いて、スイ原谷沿いの林道を歩く。お土産が実っている場所を覚えておく。

登り口
9:20 330m ガイドブック通りの時間に着く。予習していたからこの辺りかなと気を付けていたら、オレンジのリボンが枝に付けてあった。草に埋もれて看板は分かりにくかった。スギ林の中を登る。

沢の横断
沢を右岸に横断する。ここもちょっと分かりにくい。目をこらすとリボンなどあったりする。あとは踏み跡を忠実にたどる。尾根筋にたどり着くと、急登になる。

9:40 500m 急登が終わり、道は右に折れる。一旦下ってササをかき分け、再び尾根に取り付く。

五合目
9:47 575m 五合目の標柱が立つ。ここからは傾斜が緩くなる。潅木と広葉樹の複合林だ。滑りやすいので枝をつかむ。クマ鈴の音が聞こえる。こちらも音を出して存在を示す。

草むらに動く青い影
10:00 700m ついに遭遇、真っ黒ネコさん。いやーニアミスはあったが、山中でお会いするのは初めてである。何年間も会いたい会いたいと思っていた人に、ようやく対面することができた。奥さんと娘さんも同行。やまやろうは一足先に山頂で待つことにする。

<後編に続く>






Last updated  2007/11/03 10:10:29 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を継続して実践中。

・2005年より山行記録と写真を主なテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな山行記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山(ともに共著)。こっそり山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会のガチな山行を両立。

・BUMP OF CHICKEN、日本酒、ミニカー、せんべろ巡りが好き。

・RICOHのGRII、THETA SC使い。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.