000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2008/01/27
XML
カテゴリ:山スキー
G会新年コンパ、酔醒山行は、魚津の大杉山(734m)。メンバーは、S竹会長、やまやろう、そしてk美さんである。人数少ないが面白い組み合わせ。

9:00 大菅沼の集落に、車を停めさせてもらい、田圃脇の道をスキーで歩き出す。積雪は15センチ。今回地図が無く、2年前に登ったルートに出ようと考えていた。しかし林道が下っていくので、引き返す。20分のロス。素直に上り坂の林道に軌道修正。こちらで正解。楽に高度を上げることができる。

10:00 林道が沢を横切るところで休憩。風なく日が出て気持ちのよいスキー日和。会長は本日下ろした新テレ板。k美さんはクロカンスキーに半シール。やまやろうは短テレ板で先頭チビラッセル。ショートカットしないで、林道を忠実にたどる。

10:24 島尻水源感謝の碑。ここで林道を捨て、植林スギの中の作業道に入る。高度が徐々に上がる。地図がないので、どこに出るのか見当がつかない。後で確認したところ、作業道は地形図には載っていないようだ。

魚津市街地の眺め
11:05 魚津市街の展望が利いてきて、右カーブを曲がったら、ぶどう原の中にいた。こんなところまで道がついているとは知らなかった。2年前適当な尾根から取り付いたのと比べて、とても楽だ。ぶどう原のスギは、とうに人間の背丈を越えてしまい、また雪が少ないので埋まることなく林立している。これではスキーはできない。

古いワカントレースが出てきた。それには従わず、我々は道をたどる。山頂の位置はだいたい把握していたので、そこが見えたらスギ林に入りジグザグを切る。山頂までは急斜面だ。k美さんのクロカンでは登高がきつくなってきた。なるべく緩やかに登るようなトレースをつけていく。

林道終点(大杉山直下)
12:10 登り切ると、林道の終点である。これは地形図にも載っている、坪野から伸びている林道である。山頂はすぐ上だが、見晴らしが良いのでここで昼食とする。やまやろうは夜、朝とたっぷり食べてきたので、何も要らない。休憩が済んだらワカンに履き替えて、ほんのひと登りで山頂である。

大杉山より僧ヶ岳
12:50 大杉山山頂。僧ヶ岳が大きい。別又谷を正面にとらえる構図は珍しい。雲によって山頂は見え隠れしている。隣の毛勝山は西北尾根が見えるだけで、山頂はついに姿を見せることはなかった。3人ともここまでの景色を拝めるとは思っていなかった。とても良いところだ。

登頂記念撮影
やまやろうはクラッセWとデジカメで交互に写真を撮っていく。カメラをどこに向けても絵になる。こんもり新雪をかぶったスギは面白いし、山は白く美しい。市街地も模型のようだ。南側の山々も、デジカメで記録しておけば山座同定に役に立つ。

13:37 シールを剥がしてスキーで下山開始。木立の中をすり抜ける。午後になってもパウダーが残っていて滑るのが楽しい。急斜面はすぐに尽きて、登りのトレースに合流する。あとはすいすいーと道なりに滑降していく。ぶどう原までは10分で下った。

13:55 感謝の碑。スギが多くても雪が少なくても、林道をショートカットして滑ることができた。3人、大満足の顔である。クロカンのように歩きながら帰路を急ぐ。

14:11 大菅沼集落。3時間で登ったところを30分で下ってきた。スキーとは何て便利な道具なのだろう。里山はただ滑るだけでも面白い。ゲレンデスキーだとこうはいかない。魅力的な魚津の低山が、まだまだありそうだ。






Last updated  2008/01/27 10:27:16 PM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.