000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2008/02/23
XML
カテゴリ:山スキー
富山県山岳連盟主催の講習会である。G会からは3名の参加。20名弱が二班に分かれての行動となる。地鉄立山駅そばの登山研修所から称名川を遡り、ゲートの前で下車する。ここからは歩きで人津谷を目指す。車道には雪がなく、てくてく歩き。途中でいやになって路肩の雪を使ってスキーで歩くが、これがかえって疲れるのだ。小汗をかいた。

人津谷の入り口にはネパールカレーが売りのクムジュンがある。今は雪に埋もれている。車道を歩いていた人もワカンやスキーを履いて、いよいよ谷に入る。ワカンはごぼごぼ沈んでつらそうだ。ここに入るのは7月以来

荒れる前の人津谷
出発時は暖かく、ヤッケを着ていると汗をかく。このまま標高1300mの前進基地(本日の予定地)まで行けるのではと淡い期待を抱く。

スキー組とワカン組とは速度が大きく異なる。スキー組は待ち時間が長くなり、寒い。行動開始から2時間ほどで本格的に雪が降ってくる。しかもばさばさと降るもので、ヤッケやザックがみるみる白く覆われる。

標高900m付近から道を外れて谷筋をなぞる。本日初使用のシルバコンパスで目的地を設定していたので、迷うことなく進む方角が分かる。腕時計に付けるコンパスより断然便利だ。

雪はやむ気配はない。予報からして今日は冬型。こうなることは分かっていた。ワカン組が追いついたところで協議。940m付近スギ林内で撤退を決定。このまま進んでも前進基地にたどりつくのは厳しいとの判断。雪洞を掘る体験でもするか?という案も出たが、いいやもう帰りたい。汗でインナーが濡れ、これ以上の行動は辛かったから。

往路下山。スキー組はシールを剥がしてめいめい滑る。斜度は緩く樹木も多いので、テレマークターンはほとんどしない。転ばないようにボーゲンで慎重に滑る。なにせ16kgの荷物を背負っているのだ、まともなターンは望めない。

岳友ぬまつちとともに先行していく。早く帰っても待ち時間が長くなるだけなのだが。板はよく滑った。制動をかけつつ滑らないと、時折出てくる吹きだまりに突っ込むことになる。2時間20分かかったところを37分で下山した。スキーの起動力万歳。クムジュン入り口で風を避けて後続を待つ。

2時間ほどで10cm弱積もった。林道は真っ白になり、スキーも可能。クロカンのようにすいすい滑る。車は雪で埋まっていたが脱出可能なレベル。文登研に戻ったが、外は吹雪である。講習会を実施する雰囲気ではなく、そのまま解散となった。雪にまみれただけの山行となった。






Last updated  2008/02/23 10:07:12 PM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.