000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2008/05/04
XML
テーマ:銀塩カメラ(86)
カテゴリ:写真
2-01
早朝の5ルンゼ登高。日が差して雪が緩むと落石のおそれがあるので、堅いうちに標高を上げる。

2-02
池の平山(後方の山)から朝日が差すと、みるみるルンゼ内が明るくなってきた。

2-03
ルンゼを登り切って休憩。ここは小窓尾根2121mピークのコル。本来はニードルに直接突き上げる予定であったが、谷の状態が悪くこちらのルートをとった。コルからの雪壁登りで1ピッチロープを出した。

2-04
ニードル手前で休憩。この先は厳しい地形になってくるので、気を引き締めにかかる。

2-05
ニードル下部で1ピッチロープを伸ばす。ロープなしで行けるかどうか微妙なライン。人数が多ければ迷わずロープだ。

2-06
ニードル基部。しっかりとした支点があるので、それを利用して懸垂下降する。

2-07
ロープダウン。ここから池ノ谷へ向けて、ニードル沢右俣の下降を始める。

2-08
ニードル基部を見上げる。落石があるので、待ち時間も気が抜けない。

2-09
右俣下降に8回懸垂下降したが、これは2回目。

2-10
同地点の下降。上からは、雪が切れているように見えた。空中懸垂や最悪登り返しも想定された。

2-11
雪が切れているように見えたのは、この段差であった。下部は雪がつながっている。それを見て、池ノ谷まで下りられることを確信した。

2-12
垂れたロープをゴボウして下る。

2-13
それでは厳しいので、支点をとって懸垂下降する。

2-14
先頭で下ったやまやろうが待っていたところ、左岸側壁から突然石が数個飛んできた。1m先の雪面に落下、事なきを得る。

2-15
斜面が緩やかになり始めた。とは言うものの、ロープは必要。

2-16
竹ペグが十字型になるようにして雪面に埋設し、支点とする。

2-17
ニードル沢左俣と合流する。左俣の方が広いし緩やかである。右俣は厳しい登下降となり、一般的ではない。

2-18
草付きまで下ってくる。もうロープは不要だ。眼下に見える池ノ谷二俣を目指し、疲れた身体を奮い立たせる。

2-19
池ノ谷二俣の幕営地。到着が遅かったので、水を作る者とテントを設営する者とに作業分担する。






Last updated  2008/05/20 10:07:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.