000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2008/07/13
XML
カテゴリ:登山
13
8:30 登攀開始。S竹会長-Dさん組が先行。

14
1ピッチ目は、出だしから立っている。ルンゼ内は濡れて困難。右岸をトラバース気味に突破。9:40終了。

15
10:07 2ピッチ目終了、特に問題なし。

16
3ピッチ目は、右岸の岩壁を巻いてバンドをトラバース。段差を乗り越すのが少々難。11:01終了。

4ピッチ目は、F4のチョックストンをアブミで越す。リングボルトが劣化していたので、破断するのではと心配になりながらアブミをかけた。終了点はザクザクの礫岩だらけ。後続に石を落とさないよう慎重な足捌きと確保体勢が求められた。11:40終了。

17
5ピッチ目は、F5左岸をアブミの連続で突破。ここで雨が降り出す。アブミを落とさないよう、手先に集中する。

18
ボルトの位置が遠くかつ見えにくいので、探しにくい。雨で岩が濡れているので緊張した。斜め上に向かうので、アブミが振り子にならないようバランスを考えながら掛け替えていった。13:13終了。

19
6ピッチ目は、チョックストンの下から右岸に回り込む。そこはフリーだぞと下山パーティから言われたが、慎重を期してアブミ使用。やまやろうのセットしたヌンチャクが短くて、ロープ流れが悪い。セカンドS沼さんは、ロープ一本で登攀する。それを会長と二人で引き上げた。13:45終了、雨は上がった。

20
三ルンゼを懸垂下降で下山するパーティとここで交錯した。落石の危険が高いので我々はそういうことはしないで裏側へ回る。

21
13:54 ロープをしまって出発。7ピッチ目は濡れた草付き。

22
13:59 終了点。休憩・昼食。眺望絶佳。右手はP4。

23
三ルンゼを見下ろしたところ。終了点は一人分の幅しかないので、自己確保が必要。






Last updated  2008/08/15 12:14:17 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.