2130981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2008/08/31
XML
カテゴリ:沢登り
G会の沢訓練。参加者は四名。天気は良い。ならば訓練ではなく本チャンの沢へ行こうということになる。地形図を引っ張り出して、近場の沢を調査。小川支流の打谷へ行くことになる。あり合わせの装備を持って、スーパー農道を走る。

01
8:48 170m 採石場そばに駐車して、歩き始める。

02
9:01 170m 左岸の作業道がなくなったら沢へ下りて遡行開始。

03
9:08 175m 最初の滝。少し下流側から右岸を巻く。巻き道あり。
9:28 185m 高巻き終了。下降ルンゼにペナントあり。

04
9:37 190m 最初の二又。右に入る。

05
9:55 次の二又は左へ。

06
10:05 215m 大滝30m。右岸のルンゼを詰めて高巻く。
10:27 255m 高巻き終了。

07
10:30 265m 大滝20m。右岸から高巻く。
11:04 310m ルンゼの下部でロープを出し、懸垂下降15mで谷に戻る。

08
11:15 320m 釜あり8m滝。直下の連瀑はフリーで登る。

09
同地にて昼食休憩。8m滝は右岸を巻く。

10
11:46 335m 斜瀑は左岸をフリーで登る。

11
11:56 ここもフリーで。

12
登っても登っても滝、また滝。相似形の滝ばかりで、いくつ登ったか忘れてしまう。標高はちっとも稼げない。

13
お助けロープを出した小滝。

14
萩を愛でながら遡行。

15
12:43 410m 二又。右が本流。やまやろうトップでロープを出す。

16
13:07 435m 先に登った会長いわく、上部はさらに滝が続いているという。負釣山の稜線に出るのは時間的に厳しいと判断し、ここで下降とする。

13:30 休憩後、下降開始。大滝は懸垂下降。ロープ長が足りない場合は、高巻きした。

16:35 作業道に到着。夕方になったためオロロに襲われる。

16:55 駐車地点に到着。

訓練気分で集まったが、本格的(しかもかなりヘビー)な遡行となった。充分に沢感覚がつかめた。完登できなかったのは残念だが、他会の記録によれば早発ちしても一生懸命な沢だということが分かる。






Last updated  2008/09/03 11:06:07 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.