2023977 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2009/09/20
XML
カテゴリ:登山
前々から約束していたことであったが、本日実行に移す。むすことの2回目の登山だ。家の出発は遅かったが、その分登頂が昼に近づく。行き先はアルペンルートの道すがらにある尖山だ。下の林道から駐車が見られ、大にぎわいの予感。

01
10:16 登山口の直前まで車を入れた。むすこはやる気十分。たくさん話しかけて飽きさせないように心がけた。木々の緑とか小沢のせせらぎとか話題を振るのであるが、彼は足下の石ころが気になる様子。

02
登山道脇の流麗な滝も彼には余り興味がないようであった。わざと石に飛び移ったり、小さな流れを飛び越えたり。泥だらけの靴は大目に見よう。

03
遊びながら歩いているから遅い。何組もの家族連れに追い越される。同年代の子供に追い越された時、突然速度が上がった。そしてやまやろうがつないでいた手を振り切り、むすこが先行した。ライバル心が燃えてようやく調子が上がってきたか。

04
この後はずっと一人で歩いていた。なんだできるじゃん。ようやく顔を撮れる。擬木の階段が出てきたら、山頂は近い。何度も励まして歩かせた。

05
11:29 山頂に到着。やったついにやった。彼は一人で登頂できた。よくやった偉い。沢山誉めて次の登山への気持ちを高ぶらせる。

06
彼にとっては山頂でのおにぎりが唯一の目的であった。5個を次々パクパクペロリ。景色を眺めるとかしないのか。ほどなく自らザックを担いで降りる準備を始める。目的を達したらもう帰るのか。

07
やまやろうはフィルム一眼も持参。デジカメより撮影枚数は少なかったがシャキシャキとしたシャッター音を楽しむことができた(それが一眼の醍醐味だ)。記念撮影はむすこと2人で。セルフでも標柱がうまく入った。

11:56 下山開始。順調に階段を下りるのでこれは何とかなるかと思った。しかし15分後、「んんー」と言葉にならない訴え。やっぱりキター!!「抱っこ?」と訊くと「うん」と答えた。わー勘弁してくれー。前回同様、下山は抱っこであった。

12:31 車着。むすこは汗ひとつかかず、やまやろうは額から玉の汗。まあむすこは登りで頑張ったよ。今度は自力下山してくれ。






Last updated  2009/09/20 08:41:59 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.