1780165 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2011/07/30
XML
カテゴリ:登山
毎年恒例の立山歩こう会である。雨模様の天候は参加して初めてだ。

6:50 バス2台が魚津を発つ。アルペンルート走行中に雲の上に抜けることを期待したがだめであった。

01
9:07 室堂ターミナルにバス到着。雨は小降り、アルパインジャケットと雨具下を着ける。

9:16 出発。時間が読めないので先を急ぐ。脇腹が痛くなるくらい飛ばした。室堂ターミナルから一の越までに雪渓の横断は6箇所あった。

02
9:47 一の越。3年前は30分を切っていたが。雨の中でも雄山に登る人はいるのだ。

自分は東一の越まで下る。乗越直下の雪渓には誰も歩いた痕跡が見られない。すなわちこの先何かあっても、通りがかった誰かに助けを求めることはできないということ。ちょっと逡巡した。晴天なら突撃だが、この雨天はこの先どうなるか分からない。

03
東一の越まで下って考えることにした。道はずっと明瞭だ。1箇所沢筋に下る踏み跡があったがすぐに消えてしまった(間違えてるやん)。

04
龍王岳、鬼岳方面はガスの中。岩稜の基部しか見えない。

05
雨にしっとりハクサンイチゲ。登山道沿いは花が多い。

06
東一の越がもうすぐという所で、雪渓の横断があった。結構な斜度で踏み跡は当然ないものだから、慎重にステップを切る。いやー怖かった。

07
10:26 地形図と標高からここが雄山南稜と判断。気合い入れて登高開始。雨はパラパラとジャケットを叩く。

08
下部はハイマツのヤブこぎ。枝に足を乗せる空中歩行。手足を使って新雪ラッセルのごとくわしわしと登るしかない。この天気と激ヤブは、単独行だと泣けてくる。

09
10:47 ヤブは終わり、岩とハイマツのミックス帯となる。岩稜部はホールドが豊富なものの、抱える大きさの岩でも浮いていたので注意。

10
11:00 一瞬ガスが取れる。一の越の高さに到達した。南稜には幾つかピークがあって、どこまで到達したのかよく分からない。しかし尾根は一本筋なので、ひたすら標高を稼げばいつかは雄山に至る。

11:35 タイコの音が聞こえた。ゴールはもうすぐか。

11
11:40 東稜と合流する2930mのピーク。写真奥が東稜方向。

12
タイコを励みに最後の登り。ガスの中に人影が浮かび上がった。ついに一般ルートを捉えた。

13
11:59 雄山の三角点。心配していた割には早く着いた。全身びしょぬれだ。山頂は気温14℃。堪らぬ寒さとは感じなかった。

14
峰本社授与所前はこんな感じ。色とりどりの雨具の人々。ちょうど昼だ。邪魔にならないところで志むらの寿司3個パックを平らげる。近くでライチョウがいるとのことで人だかり。

景色も土産もあったものではないので、12:16一の越に向けて下山開始。落石を起こさないようにしながら、登山客を追い抜いていく。風に当たると手指が冷たい。手袋を着ける。

12:37 一の越。ここから室堂山荘までは小走り。

15
途中、短い時間カルデラ内が見渡せた。雷鳥沢にテントが幾張りか見えた。

16
13:04~13:50 室堂山荘。バス出発予定まで2時間もある。生ビール700円を注文。雨天なもので「カーッ、うめーっ!!」てなものではない。サービスのほうじ茶の方が、よっぽど身体に染みた。びしょぬれの服を着替えようとしたら、着替えまで濡れてしまっていた。化繊Tシャツとジャケットで我慢する。G12もしけしけ、レンズもしけしけ、故障しないか心配。

17
13:56 室堂ターミナル到着。短いながらも充実した山行であった。土産は玉殿の湧水2リットル。これで氷を作ってビールや日本酒をロックで楽しみたい。

18
ターミナルでもまだ1時間あるなー。青空も出てきて暖かくなってきた。たまらずL缶500円を買ってプシュッ! 柿ピーがつまみ。山を見ながらの一杯は、サイコーでつ。

立山自然保護センターに足を伸ばす。人だかり。外来植物除去作業が始まろうとしていた。どこかで見たような人。山スキーでお見かけするS森氏。立山周辺のお勧め山スキールートを教えてもらった。

建屋3階にてライチョウ目撃申請。やまやろうは成鳥4羽(オス3、メス1)とヒナ2羽を申請した。本日の目撃件数として一番多かろう。

14:50 バス出発。

17:10 魚津到着、解散。






Last updated  2011/07/31 09:48:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.