000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2011/12/24
XML
カテゴリ:登山
魚津は20cmほど積もった。ならばパウダーを求めてあわすのへ行くしかない。休日だがすぱっと起きて家族より先に朝食をとって出かける。道中の小一時間がいつもより長く感じられた。新しいクルマに乗りたがっている?

8時過ぎに到着したが、あわすのは車が少ない。なんと雪が足りずに上部リフトを動かしていないのだ。関係者に聞くと、一晩で5cmほどしか積もらなかったとのこと。うをーどうすれば。立山山麓に移動する。

こちらも一部しか滑走できないということだ。一日券が2000円になるというのは少し魅力だが、やまやろうに許された時間は午前中だけなのだ。やはりここも諦めた。となると残るのは来拝山くらいしかない。

いろいろ考えてあって、ザックとシールは持ってきていた。水なし行動食なしであったが、トレーニングだから心配なし。

01
8:50 立少前を出発。シールで林道歩き。無風晴天で日差しが暖かい。

02
9:00 A看板から斜面に取り付く。先行者のワカントレースが続いているので、それに従う。汗が止まらないのでファイントラックにTシャツ姿。それでも暑い。

03
9:20 ワカンは直登できるが、スキーでは切り返しが難しい。ヤブが埋まりきっていないのだ。たまらずスキーを担ぐ。山頂までこのスタイルとなった。

04
9:29 かんば平。トレースを踏んでいるから沈まない。大助かりだ。

05
9:47 急斜面を登り切り稜線に出た。鍬崎山が樹間に見えた。目を反転すれば毛勝方面が白い。駒・僧も白い。山頂直前で先行者とすれ違う。トレースの感謝を述べる。

06
10:09 山頂。視界がきき富山平野がよく見渡せる。看板が高いということは、積雪は大したものではないということだ。

07
立山は雲の中であったが鍬崎山が雄姿を見せた。山頂をわずかに隠した白銀の大日岳と弥陀ヶ原も瞠目に値する。

10:19 下山開始。城前峠経由も考えたが、スキーが使えない状況の斜面では時間が読めない。よって往路を引き返す。

10:51 林道に出る。鍬崎山に大きな雪煙がたなびく。この晴天は短いようだ。

10:59 立少到着。このトレーニングをもって、正月の山行に突入することになる。






Last updated  2011/12/25 09:04:13 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、12年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.