2245909 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2012/02/05
XML
カテゴリ:山スキー
2月の例会山行は雪稜縦走が計画されている。今日は時間があったので、その取り付きを確認しに行った。

01.jpg
伊折橋から早月川左岸の山稜を望む。ここまで来るのに2WDはなかなか大変であった。圧雪路面が続き、対向車が来たらすれ違えない幅の雪壁の道を通ってきた。これ橋に見えないけれど伊折橋なんです。

02.jpg
伊折集落。背丈ほどの積雪。ちょうどホイールローダーによる除雪がされており、駐車スペースは沢山ある。一台の車で単独男性が入山準備。地元HOSO会の方だ。写真を撮りに来たとのこと。

10:15 スキーを履いて出発。警備隊の雪上車が置かれていた。適当なスギ斜面に取り付いて、支尾根を目指す。足回りはダイナフィットアップヒル ウロコ板バージョン。130cmの取り回しの良さを活かしてジグを多めに切ってぐいぐいと登る。

03.jpg
10:48 支尾根に立つ。植林スギを抜け雑木になるが、枝に悩まされることはない。

04.jpg
眺望のきく支尾根で、剱岳の雄姿がばっちり拝めた。ウロコ板で登れるので大した斜度ではない。

05.jpg
11:26 山腹を横切る林道に達する。赤谷東側のU字カーブの地点(伊折集落の南)。ここからは雪の林道を東進する。ヒザ下ラッセル。湿った雪に変わる。ワカンだったらかなり大変だろう。

06.jpg
12:05 赤谷の東隣の谷まで行こうとしたが、雪が重いしゲタになる。昼も食べたいので、谷手前の斜面を下ることにする。ワックスを塗っていなかったからスキーが滑らない。谷に真っ直ぐ向かって「歩いて」下りる(直滑歩?)。

07.jpg
12:21 林道に出る。氏のスノーシューは往路のみだ。踏まないように少し移動し、足場を作って昼食とする。袋ラーメンと魚肉ソーセージ。汗で濡れた身体が程よくあったまる。

12:56 林道をラッセルで下る。いやあゲタがひどい。このまま歩くと体力がきついと感じ、シール用ワックスを滑走面にこすりつけた。復活。板が軽々雪面から出てくる。メインテナンス道具も少しは持ってこないとだめだな。

13:22 路傍のスギが雪の重みで弓形に曲がり、道を塞いでいる。その先で雪上車の轍が現れた。ありがたい、クロカン滑りですいすい下る。

08.jpg
13:30 そこから伊折集落はすぐの距離であった。すなわち雪上車は現状役に立たないということ。偵察がてらちょうど良いトレーニングになった。改めてウロコ短板の機動力の高さを知った。どんどん遊び(トレーニング)に出たくなった。






Last updated  2012/02/05 05:35:34 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を継続して実践中。

・2005年より山行記録と写真を主なテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな山行記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山(ともに共著)。こっそり山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会のガチな山行を両立。

・BUMP OF CHICKEN、日本酒、ミニカー、せんべろ巡りが好き。

・RICOHのGRII、THETA SC使い。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.