4307132 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

やまぶろぐ・登る呑む撮る滑る山ブロガー

2021/07/29
XML
カテゴリ:登山

2年ぶり3回目の登山引率。
2017年​、​2019年​に続くもの。

アルペンルートは雨。室堂も雨。
30分くらい待機してから出発。

天候が少し回復したので、ミクリガ池を
時計回りに散策して室堂山荘から室堂
ターミナルへ戻ることにした。

室堂山荘で天候が比較的落ち着いて
いたので、急遽、室堂山が追加された。

今日の天候は非常に不安定。まあ案の定、
雨が降ってくるわけだ。結構激しく。

先頭を歩くやまやろうは、これ以上歩いても
どうかと思った。

が、校長判断で前進した。室堂山で雨が
止み、カルデラ内が見えたが、児童は
興味ない(頭の中は、おむすび)?

天候がいまいちな時点でモチベーション
はないわな。雨天の室堂山は寒かったと
思う。

個人的には、山にはもう登りたくないと
言う児童が出ないことを祈るだけだ。

楽しくないと、やってられないよな。
やまやろうは散策でも楽しんでもらおうと、
花の名前、地獄谷、血の池、室堂山荘
(日本最古の山小屋)、室堂山のスキー、
ライチョウの生態など、自分の中の引き出し
を全て引っくり返して解説した。

小学六年生で花になんて興味あるかね。
クルマユリは割と食いつきがよかったが。
チングルマの名前は見つけるたびに連呼した
ので、憶えてもらえたかな。

雄山往復より行動時間は当然早いわけで、自宅
には17時に帰宅できた。汗はかいたが余り動いて
いない。LSDをキメてみた。


夕方ランの結果。
12.97km/1:28:52/6:51/km

GARMIN ForeAthlete 45の結果では7:01/km
と、キロ7分ピッタリで走っていたのだが、停止
時間込みであった(記録はStrava)。

1時間半を走り続けるルートを考えるのも結構
大変なのだ。やまやろうは周回して距離を稼ぐ
タイプではない(飽きる)。走りながら季節の
移り変わりを確認したい人。

水田の脇を走る時間が長い。稲穂が伸びてきて
いる。片貝川は渇水気味だ。鮎のつかみ取り
できるかな。東山円筒分水槽は、相変わらず
満々と水を湛えて美しい。






Last updated  2021/07/29 09:47:57 PM


PR

X

Profile


やまやろう

Free Space

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.