331655 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

R.E.Life in梁瀬一郎 

2004年12月度の「博多非凡塾」終了!

↓下記企画で終了しました

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
12月の「博多非凡塾」は12人限定の
「少数精鋭対話型学習空間」(すでに定員!?)  
 「博多非凡塾」
開催日 :12月17日(金)
 開催時間:18:30~21:00(開場は18:00 終了は20:50)      
 開催場所:(重要文化財)福岡市赤レンガ館
 明治42年(1909)竣工のかなりの
ノスタルジック空間

 テーマ:「格闘技的マーケティング」
    「人生の軸を作るための仕事の考え方」ほか
テーマリーダー:福山克義様
       (元ハワイ大学空手講師/現・釣具の
        逸品通販モールGear-Lab運営)
※講演会ではありませんので
あえてテーマリーダーと呼ばせていただきます

参加費実費・終了後懇親会予定実費必要

今回のテーマリーダー福山克義さん
体重97kg、ベンチプレス190k、トライした発明は数しれず
の異色のビジネスマンです。
彼の、サバイバル能力とエピソードは現在の社会人が
忘れている“強さ”を教えてくれます。
彼の人生と仕事における視点を「格闘技的マーケティング」と
名付け、少人数で意見交換のできる場にしたいと考えます。
後は開けてびっくりのワークショップスタイル

◆今回のスペシャルな参加メンバー
(アイウエオ順)

・伊佐康和さん
・宇野潤子さん
・小串広己さん
・栢野克巳さん
・寿桜子さん
・寺田昌嗣さん
・福山克義さん テーマリーダー
・森由香さん
・梁瀬一郎さん
・山本晋也さん

◆進行
18:30 ご挨拶
18:45 参加者各自自己紹介及び近況報告(各3分間)
19:30 テーマリーダーの話(途中突っ込みあり)
20:30 質問・ディスカッション
20:50 終了
当日の様子はコチラ!

21:00~中洲で2次会

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆感想
人の話を聞くということは
「やっぱり、おもしろい!」と思う。
ただし誰の話でもいいわけではなく、ワタシは
“あることを本気で考えた人”の“哲学とかその次にある
行動と展開”を聞きたい。
まず話を聞く時間そのものが、エンターテインメントで
これはコンサートとか芝居の感動と同質
さらに
“話を聞いて対話する”というシーンがあれば
嬉しいし、自分にも参加者にも確実に残っていく。
これが少人数でやる醍醐味。
だから確実に意識の高い人に来て欲しかったのです。

福山氏のビジネスと生き方にとても興味があって
これは酒飲み話にしておくのはもったいない!と
今回の企画になりましたが、予想以上に刺激的でした。

ますます、彼の凄さを認識して自分に足りないものも
強みも発見しました。

参加者の皆さんの聞き方もさすが。
というか今回メンバーのほとんどが独自の哲学を持ち
著作や全国で講演をしている方もしくは
そうなるレベルの方ですので時間密度はかなり濃いです。

“こんなことを聞いて、議論しているのは、今この瞬間
世界中でオレたちだけだ”という贅沢な場所になりました。

“ビジネスを超えて面白い生き方の発信地になりそうな”
と福山氏からもお墨付をいただきましたし

“昨日はオモシロカッタねぇ”と
栢野さんには別のセミナー会場でも言葉をもらいました。

皆さんに感謝します。


次回以降の企画
今回ここでのオープン募集はしませんが
こういう形式で来年度も月イチペースで
ユルク長く続けていくことになっております。

次回は 2005年1月20日(木)で開催決定!


講演会形式の50~100人規模の「博多非凡会」については
2005年4月頃に開催予定です。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.