000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

R.E.Life in梁瀬一郎 

2005年2月の「博多非凡塾」終了!!

関係各位

皆様こんにちは。
ようやく少しだけ気温も上がり、暖かくなった福岡地区。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて
お待たせいたしました!2月度の「博多非凡塾」です。
今回は定例会場の赤レンガ館が工事中のため、変則的に
ランチェスター経営(株)様のご協力のもと「非凡塾」コラボ
「ランチェスター」
ということで、いつもと少し形式を変えて実施したいと思います。

今回も超少人数での開催となります、すぐに満席になる可能性あり。

※満席で終了いたしました。
ありがとうございます!

                         
                         2005年2月吉日
                         事務局:yanaichi
前回の様子はコチラ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2005年2月の「博多非凡塾」はランチェスター・コラボレーション
「少数精鋭対話型学習空間」
 「博多非凡塾」コラボ「ランチェスター経営」
開催日 :2月25日(金)
 開催時間:19:00~21:30(開場は18:30 )      
 開催場所: ランチェスター経営(株)会議室
〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2丁目3-3
         SASAビル7F
(アクセス)
渡辺通1丁目交差点から電気ビルより西鉄薬院駅に向かって
1つ目の信号右角。
薬院駅より2つ目の信号。セブンイレブンのビルの7F。
 

テーマ:「インプットとアウトプット」
    「デール・カーネギーコースとランチェスターにみる原理原則」
    「複写ハガキというコミュニケーションツール」                                


テーマリーダー:深見信吾様
       
http://plaza.rakuten.co.jp/sunclear/
※講演会ではありませんので
あえてテーマリーダーと呼ばせていただきます

参加費1000円・終了後懇親会予定実費必要
(飲み物などは各自お持ち込みください)

今回のテーマリーダー深見信吾さんは生産財(※)
の大手企業に勤務されながら
たくさんの学習(インプット)を自分なりにアレンジする
ことで、各方面への実践(アウトプット)を貪欲に行い
活躍されていらっしゃいます。
キーワードは「何でも参考になる。参考にならないものは、無い。」
人には4つの役割があると言われます
「家庭人であり、職業人であり、社会人であり、個人である」。
深見さんはこの4つのバランス感覚に優れ、アウトプットに偏りがない。
それぞれの側面においてまんべんなく実践されていることのポイント及び
彼のルーツのひとつ「デール・カーネギーコース」について
また今回の協力会社「ランチェスター経営(株)」の
「竹田ランチェスター」原理原則との共通点などについても
話していただきます。
ツールとしては「複写ハガキ」をテーマにワークショップスタイルにて
少人数で意見交換のできる場にしたいと考えます。

※生産財とは、生産者(メーカー)が製品やサービスを生産するために
購入・使用する原料や部品、設備などをいいます。

◆今回のスペシャルな参加メンバー
(アイウエオ順)

・伊佐康和さん 
・今井達也さん
・古閑裕典さん
・寿 桜子さん  
・坂之上博成さん
・寺田昌嗣さん
・姫野ルミさん
・深見信吾さん テーマリーダー
・福山克義さん
・藤永朋子さん
・堀内恭彦さん
・桝野 淳さん
・松本直樹さん
・宮本 涼さん
・森 由香さん
・梁瀬一郎さん 
・山本晋也さん 

◆進行

19:00 ご挨拶
19:15 参加者各自自己紹介及び近況報告(各3分~5分間)
20:00 テーマリーダーの話(途中突っ込みOK)
21:00 質問・ディスカッション
21:30 終了

21:30~2次会

※今回は、“複写ハガキ”のレクチャーもしていただき、実際に
皆様にも複写ハガキを書いていただこうと考えています。

追伸
仕事でもプライベートでもいいのですが、自己紹介にて近況報告
なども各自発表していただきますので、この機会に、新年に決めた
目標などの進捗状況などを自分なりに整理するというのはいかがでしょう?



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

開催当日の様子はコチラ!

◆感想
いやぁ、今回は変則バージョンでオモシロカッタですね。

いつもより少しだけ多い参加者、テーマリーダー合わせて17人
ランチェスター経営(株)樣の会議室をお借りし
満杯のスクール形式にて開催しました。

時間も進行も、非凡塾ともランチェスター勉強会とも少し違った感じで
どちらにも初参加の方も多く
「博多非凡塾」コラボ「ランチェスター」スタイルとなりました。


深見さんの話はたくさんのことを考える、いいきっかけでした。

「自己啓発」という言葉の響きはいろんなニュアンスを含んでいると
思うのですが
社会で生きていく限り、あらゆるシーンで人と関わるのだから
たくさんやるべきことはある。

自分のレベルを上げていく方法論や意識。

知っていても自分ではやれていない
“絶対に今からでも始めたほうがいい習慣”がたくさんあって
深見さんの言葉を通じて、自分の仕事のスタンスや
生活習慣まで考えさせられた。

インプットしたことのどれくらいをアウトプットしている?

「どんなことからだっていい、学べることはたくさんある。」
という
深見さんの進化を感じたり、「複写ハガキ」を実際にカリカリと
書かせていただき、アナログでとてもシンプルだけど
大事なツールだなぁ・・と深く頷くのでした。

本日のキーワードは“刻む”でしょうか。

二次会であらためて、参加の皆様も高いレベルで日々活動されている
スゴイメンバーであることを認識。

大切な時間となりました。

参加の皆様の感想

テーマリーダーサンクリアマンさんの感想

参加メンバー8RAINBOW8サンの感想

参加メンバーじゅんサンの感想

事務局imaggioサンの感想

事務局Sかんとくサンの感想


最後に
「他人を知り⇔自分を知る⇔自分に撤する」
あらゆる人の話を聞くことでこのループが循環していくのを感じます。

皆さまに感謝します。




次回以降の企画
こういう形式で今年度は月イチペースで
ユルク長く続けていくことになっております。

次回は 2005年3月25日(金)で開催決定
もう少しお待ちください。


講演会形式の50~100人規模の「博多非凡会」については
2005年4月16日(土)頃に武沢信行氏を迎えて開催予定です。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.