331784 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

R.E.Life in梁瀬一郎 

2005年7月の「博多非凡塾」終了!!

皆様こんばんは。

セミの鳴き声がやかましくも、夏の到来を痛感させてくれる日々。
声はすれど、なかなか姿を見せず
近づけば声をひそめて、存在を消そうとする
どんなに変化の激しい毎日でも、セミの生態は変わらない。
そんな事実に個人的には少し安心したりもします。

いかがお過ごしでしょうか?
さて
お待たせいたしました!7月度の「博多非凡塾」です。
今回は久々に
ランチェスター経営(株)様のご協力のもと
いつもと少し形式を変えて実施したいと思います。

今回も異色の人物を迎え、極上の時間にしたいと思います。
少人数での開催となります、すぐに満席になる可能性ありです。


                           2005年7月吉日
                          事務局:yanaichi

過去の様子は、コチラ
                   
                      
※武士道らしく潔く清清と終了いたしましたっ。
    ありがとうございます!

                                              

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2005年7月の
「少数精鋭対話型学習空間」
 
「博多非凡塾」 (協力:ランチェスター経営(株))

開催日 :7月29日(金)
 開催時間:19:00~21:30(開場は18:30 )      
 開催場所:ランチェスター経営(株)会議室

(アクセス)
渡辺通1丁目交差点から電気ビルより
西鉄薬院駅に向かって1つ目の信号右角。
薬院駅より2つ目の信号。セブンイレブンのビルの7F。
(警固断層東隣!)
 
テーマ:「伊達塾のマネー哲学講座」
「お金の流れを理解する・目の前にある現実とお金の関係」ほか 

テーマリーダー::坂之上博成氏(「有限会社伊達塾」代表)



※講演会ではありませんので
あえてテーマリーダーと呼ばせていただきます

参加費1500円・終了後懇親会予定実費必要
(飲み物などは各自お持ち込みください)

今回のテーマリーダー坂之上博成さんは
新規開拓をメインにした営業職
コンサルティング会社勤務を経て独立。
ファイナンシャルプランナーとして
ネットを活用した数々の事業を立ち上げる。
現在は集客・営業ノウハウに特化したコンサルタント会社
「有限会社伊達塾」を経営。
独自の経験則から確立した「 売上を伸ばす為に最低限必要な知識」
「 机上の空論ではない現場で活用できるノウハウ」
「 精神論だけでなく、理論化された営業ノウハウ」 等を駆使し
経営者のバックアップと経営者・営業マン・独立起業予定者向けの
教材をネットを活用した通信販売業務を手がています。

※彼が「メルマガ大王」と異名をとるようになった頃の活躍もユニークです

All Aboutインタビュー「ファイナンシャルプランナーに聞く]
コチラ参照

今回は彼の専門分野のひとつである「お金」をテーマに
ワークショップスタイルにて
少人数で意見交換のできる場にしたいと考えます。

また「お金」の視点から、仕事に対する話なども
いろいろできれば・・と思います。

※今回も雑談・座談会形式のリラックスムードをイメージしています

◆今回のスペシャルな参加メンバー
(アイウエオ順)
・安部香予子さん
・伊佐康和さん 
・今井達也さん
・栢野克己さん
・小串広己さん 
・寿桜子さん  
・坂之上博成さん テーマリーダ
・高橋康徳さん
・永石貴信さん
・渕上 清志さん
・姫野ルミさん
・深見信吾さん
・森由香さん
・梁瀬一郎さん 
・山本晋也さん 




◆進行

19:00 ご挨拶
19:15 参加者各自自己紹介及び近況報告(各3分~5分間)
20:00 テーマリーダーの話(途中突っ込みOK)
21:00 質問・ディスカッション
21:30 終了

21:30~2次会

追伸
お金に対する考え方は皆さんいろいろだと思います。
自己紹介にて近況報告なども各自発表していただきますので
この機会に「お金」に対する考え方を自分なりに
再確認するというのはいかがでしょう?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆感想
いやぁ、今回も充実。
刺激的にインプットできました。


テーマリーダー合わせて15人という理想的な参加者数
今回はランチェスター経営(株)様の会議室をお借りし
スクール形式での開催となりました。

テーマは“お金の哲学”について
テーマリーダーは「有限会社伊達塾」代表の坂之上博成さん。

あまりに身近なのに、きちんと整理されていない部分を
彼が自ら実践してきたこと、考え方、現実の歪みなどを
ホワイトボードを使ってテンポよく進行しました。


「当たり前」だけど不思議に分かっていないこと。
「当たり前」で分かっていたつもりになっていたこと。
「当たり前」で実践していること・実践できていないこと。
「当たり前」だけど言われて目からウロコなお話。
個人的には
そんなポイントで整理しながら聞かせてもらいました。

どんな展開になるのかなと思っていましたが
「お金」をテーマにするということはそれぞれの生き方そのもの
つまり「人生哲学」の領域にも踏み込むわけで、
「投資」の3種類「事業」「金融」「教育」についても
結局は「何を目的にしているか」が大事なわけですよね。

「目的」がないまま漠然と「どうやればいいのか」と
質問したって仕方がない。
うん、当然ではあるのだけれど、こうやって実例交えて聞くと
改めて「大事なこと」が見えてくる。

たいへん勉強になりました。

具体的かつ客観的なご報告は今回の参加者
スピンアウト・高橋社長の
「報道記者メモ:気付きの列挙」を参照されたし。
(スゴイ、分かりやすい!高橋さんの記者メモ術を今度学びたいデス)

途中から坂之上さんがが立ち上がって
身振り手振りを使って話をしだした時に
ふむ「この人予備校とか行ったら超人気講師になれるよ、絶対!」と思いました。

分かりやすい表現、アクション、声のメリハリ、表情。
机上の空論ではなく、実践した人ゆえに迫る説得力。

しびれました。

今回参加者として来られた栢野氏も、えらく感心してましたものね。
主催者目線で「絶対イケるから、全国講演やろうっ」
って、すっかり煽ってましたね。


主催者って絶対そういう視点でモノ事見ちゃいますよね(笑)

そういえば、先日「海老蔵の襲名披露」を見て
自分の講演にも生かせる場面がたくさんあったと
しみじみ語っていた坂ノ上さん。

そうですね、目線とかセリフの出し方、間の取り方とか
舞台からはそんなプロの技術も盗めます。
坂之上さんの場合は「武士道&歌舞伎&新劇」が好きで
そのエッセンスをビジネスに生かすあたりがユニークです。


ご参加の皆様、坂之上さん、ありがとうございましたっ!

追伸
2次会の「激論大会」もスゴかった。楽しすぎます・・。





さて
次回の企画
「博多非凡塾」8月は夏季限定特別バージョンです。
キーワードは夏を乗り切る「ユニセックス・ヨガ」
名古屋から「がんばれ社長・武沢信行氏」も参加決定。
男子禁制だったヨガ教室が、この日のみ「ユニセックス」で特別開催!
初心者歓迎 2005年8月19日(金)博多非凡塾 番外篇



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.