331481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

R.E.Life in梁瀬一郎 

Think!Think!Think!

2004.05.06


仕事をやる上でのモノの考え方とか、姿勢とか
チャレンジすることとか、工夫することとか、想像することとか・・・

たくさんのことを教えてくれたヒトがいます。


とある音楽出版社の社長で、今はすでにリタイアして
最近では1年に一度お会いすればイイくらいの方。


ここ数年は、この会社と直接取引きすることも少なくなり
表舞台にはほとんど登場しないので謎も多いし、いい話も
残念ながら聞こえてこない。

この人の人生が成功だったかどうかは本人のとらえかた次第。
ユニークな人生を送っている方なのですが、ワタシにとっては
他人の評価うんぬんはどうでもよくて、誰がなんと言おうとある一部分
メンターという言葉を使ってもヨイ人だと思う。


この人から教えを受けた人々が現在、業界の一線でビジネスを立ち上げ
ワタシのクライアントでもある。



時は流れた。


たぶん、この人ととことん話ができた最後の世代なのだと勝手に
喜んでいたりもする。



とにかくヒトツのモノゴトをあらゆる方向から考える。
とことん考える。もう、へとへとになるくらい考える。



なんでそこまであの人に手間をかけているのだ・・・と社内からも
是非が問われたりもしたこともあったなぁ。


最初にお会いした頃(6年位前かな?)バタバタした企画案件
を複数抱えている中、この方との打合せに長時間取られるのが正直
ものすごく苦痛だった。


一度話をしだすと昼から夜中までずっと話っぱなし、気が付けば
驚くほど深夜・・という感じなのだ。


しかし、話し出すとどれもこれも聞き逃せないことだったので
ついていくのに必死な切れ味の鋭さ、夢もあったしロマンもあった。

もうほとんどこのヒトの案件にかかりっきりだったような気がする。


それだけ、新しい試みもたくさんやったし、売上も大きかった。

最もだという発想が溢れるように投げかけられる。


なんでここまで物事をいろいろと考えることができるのだろう
そこまでのこだわりを持つ必要があるのか?・・と思ったものだが

宿題をたくさん投げかけられるので、否応ナシにあらゆる視点から
モノを考えることになった。


随分無理難題もあったが、そこまで内容の濃い話を圧倒的な
テンションでこれ程長時間話すほどの相手がどれだけいるだろうか・・
とふと考える。


自分がいかに何も考えていないかということを思い知らされた。



今では年に一回会えるか会えないかが、楽しみだったりもする。



連休前に、あるタウン情報誌とタイアップで、こういう企画広告
を進行しているので最終確認をその会社にお願いしていたところ
ものすごく久々に電話がかかってきた。


その人いわく「現状のうちのスタッフではこの仕組みを理解でき
る奴が残念ながらいないので私が電話したのですが・・」と懐かしくも
寂しい声。


しばし議論しているだけで、こちらの脳みそもフル回転してくるのが
分かる。


こういう感覚は悪くない。


「この仕掛けはこういうお客さんがこういう風に動いてこうなるから
こうなると思うのだけれど、メリットはこうでデメリットはこうで
いいのかなぁ?

たとえばこれを、こういう仕組みにしてこうやることは可能?そのデメ
リットは何だろう
こんな風にも考えることはできないかなぁ・・・。」

そんな案がたたみかけるようにぽんぽんと出てくる。



すこし驚いた。変わっていないですねぇ。その踏み込み具合。


今思い出すと、お客様中心主義ということになるのでしょうが、この人
から学んだことは、サービスを利用する顧客の“顔”を想像すること。


どんな生活をしていて、いくつ位で、この時期にはどのくらいお
金を持っていて、この人たちに振り向いてもらうためには、こんな風
にアプローチしたらこういう行動をするであろう。

また、そうするためにはどんなしくみをつくればよいか?。


そのためにやるべきことは?やり方はA案B案C案??

こんな仕掛けやシステムや、流通方法は可能か?。

あくまでシュミレーションなのですが、シュミレーション・組立・
実行・検証・修正・時流に乗ったら一気にたたみかける・・というようなこと
を、この人から教えてもらった。


企画は独り善がりではいけない、とにかく想像せよ、考えよ、考えよ
24時間考えよ。

想像せよ、夢の中でも考えよ。考えて考えてへとへとになって
ふと新しい切り口が見つかるのだ。

君の脳みそはまだまだ未知数だ・・・みたいなことだったと思う。



うん、忘れていないです。あなたから授かった夢と勇気と智慧の実。


しかし、あなたにとっては住みにくい世の中なのでしょうか?

それが知りたい。今どんなことを考えていますか??


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.