000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

DV冤罪と闘う

PR

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

DV冤罪

November 21, 2006
XML
カテゴリ:DV冤罪

まったくのでっちあげがこのまま強引に通ってしまうのだろうか・・・。

異常な国策によって家族がエスカレーター式に破壊されていく、

一方の当事者や子どもの意向を全く無視して・・・。 

国家権力によるこのような横暴が、人間の尊厳を踏みにじり「合法的」に強行されるのであれば、もやはこの国に未来はない。

私は、今、抗議の自決すら厭わない心境である。

私の耳には、懸命に父を求める息子の声が、 今も離れない。

子どもたちが当たり前の幸福を享受するため、私に何ができるのだろうか。







最終更新日  November 21, 2006 11:03:06 PM
コメント(46) | コメントを書く


October 30, 2006
カテゴリ:DV冤罪
 先日(22日土曜)、NHKで、ロシアの警察・司法の腐敗振りを紹介する海外ドキュメンタリーを見た。

ロシアの警察および司法の堕落振りは大変なもののようだ。

ロシアでは、4人に1人は服役経験者であり、警官は1日のノルマである10人を逮捕しないと、家に帰れないらしい。

本当に悪いマフィアは逮捕されず、立場の弱いホームレスや農民などが、警察にでっち上げられ、あるいは微罪により次々と逮捕されている。
金持ちからは、逮捕を免除する替わりにリベートを受け取っている。

ロシアでは、上からの圧力により裁判の結果は最初から決まっていて、それに従わない裁判官は、どうでもいい理由で辞めさせられる。

ほとんどの判決は有罪のようで、執行猶予はなく、長期にわたり服役させられるようだ。

先日、こうした現実を訴えるジャーナリストの一人は、殺された。


日本でも昨今、似たような現実が作り出されている。

権力側にとっての危険人物は、痴漢やら、ビラまきやらを理由に、簡単に逮捕され、長期にわたる拘留を強いられるという事件が次々と起こっている。

また、DV法を利用すれば、権力による家庭破壊も容易に行なわれる。
今巷で暗躍している悪徳弁護士の手口は、ロシアを手本にしているのではないかと思えるほどよく似ている。

つまり、個人や家族が、権力側からいいように人権を蹂躙され得る状況が既に出来上がってしまった。

加えて、こうした状況下で、本来民主主義の砦になるべき裁判所は、もはやその機能を十分に果たしているとは到底いい難いというのが実態のようだ。

このような危険な社会状況において、暴力の矛先は必然的に最も弱いところへと向かう。

今問題が表面化している児童虐待いじめによる自殺が、こうした状況と無縁とは到底思えない。







最終更新日  October 31, 2006 12:47:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 23, 2006
カテゴリ:DV冤罪
 これは重大だと思います。

 DV法による被害者援助の現場側から、公式の席上で、DV冤罪の実態を認める証言が出されました。                                               

 すなわち、有利な離婚をするためにDV法を悪用しようとするケースが相当数見られること、一方的に加害者とされたものに対する調査は一切なされていないこと、心理的暴力のケースについてはどちらが加害者でどちらが被害者であるかなど容易にはわからないこと、等の意見が出されました。 

 これは、実態を伝えようとする良心的な証言だと思います。                     

 また、すべての婦人相談所等DV被害者援助の現場で、同様の実態があることが強く推量されます。                                                

 つきましては、各地で行政に対する実態究明、その公式調査報告がなされることが求められるべきではないでしょうか。

  議事録はこちらをクリック。







最終更新日  November 4, 2006 01:54:24 AM
コメント(8) | コメントを書く
August 25, 2006
カテゴリ:DV冤罪
DV法は憲法違反であると、地裁の判事が、2年前に判例タイムスに論文を発表していました。                           
 
特に保護命令制度中の退去命令について、憲法上の問題を指摘しています。

           
しかし、それのみならず、男性を加害者と決め付け、数多くの冤罪被害者を出し、罪のない親子を不幸のどん底に陥れている現在のDV法の運用状況は、およそ民主主義の国とは思えない有様だと思う。     

 「のまりんの資料室」より                           http://constanze.at.webry.info/200605/article_13.html

 







最終更新日  November 2, 2006 09:14:54 PM
コメント(21) | コメントを書く
July 11, 2006
カテゴリ:DV冤罪

去年は、「敵対的買収」という言葉をよく聞きました。

考えてみると、事前の計画段階を経て、虚偽のDV申告によって突然シェルターに逃げ込み、弁護士を立てて有利な離婚を迫るというのは、何かに似てるなと思ったところ、この「敵対的買収」と何となく似ているのではないかと思い、「敵対的離婚」という言葉が思い浮かびました。

ただし、この言葉は、ググってみたところ、何も出てこなかったので、私の思いつきということになります。

敵対的買収はそれによって儲ける行為ですが、敵対的離婚もその過程で、儲かると思います

親権を獲得して有利に別れたいと、儲かる上に、家庭を破壊して運動上の成果を得れる一部の悪徳弁護士カルト的女性団体ら,そして女性センター等の箱物ができることによって権益が広がる行政らのニーズが見事に合致した結果、このDV法を悪用した敵対的離婚が吹き荒れているように思います

家庭が、親子が、食い物にされる時代が来たように思えてなりません。







最終更新日  July 13, 2006 12:10:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 8, 2006
カテゴリ:DV冤罪
時代小説家の久坂裕さんが、DV法犠牲家族支援の会代表の野牧雅子さんのサイトにて、DV法を取り巻く現状を批判する連載エッセーを開始しました。

現在DV法は、ブームに乗ったかのように大いに「活用」されているようですが、それによって無視できない数の罪のない親子までもが深く傷付けられているようです

久坂さんのエッセーは、こうしたDV法の問題点を、多くの入手資料によって、白日のもとにさらしています。

時代小説家 久坂裕の「DV法斬りまくり」はここから入れます(ここをクリック)






最終更新日  July 13, 2006 12:17:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:DV冤罪

離婚問題に端を発した「親による誘拐」は、今、世界的に発生している問題なのだと思います。

日本でも離婚の増加に伴いこの問題は急激に深刻な問題となってきているようです。

しかし、日本は、ハーグ条約(子の奪い合い事件の解決に協力するというアメリカを含む75国間の協定)の批准を拒否する数少ない先進国の一つです。

今、日本で起こっているDV法冤罪事件の多くは過激な女性団体悪徳弁護士の指導によって、DV法をこの「親による誘拐」の手段として悪用しているケースである場合が多いように思います。

すなわち、こうした事件の本質は、DV事件ではなくDV事件として仮装された「親による誘拐」事件なのだと思います。

参考になるサイト:Children's Rights Netwark of JAPAN(日本語に変換して読めます)







最終更新日  July 8, 2006 11:26:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 4, 2006
カテゴリ:DV冤罪
DV法で言う暴力とは身体的暴力、および精神的暴力であるが、いずれも刑法で処罰される程度(傷害罪、暴行罪)の暴力を指している。

だとすれば、刑法で扱えばいい訳だが、DV法の価値は、こうした暴力の被害者に対する危機回避を支援できる点であろう。

よって、DV法が適用される段階においては、加害者と被害者は存在しない。いるのは「暫定的加害者」と「暫定的被害者」である。

理屈からすれば、危機状態を回避できたら、DV法の役割は終わりである。

その後は、本来なら、「暫定」を取り去る作業、すなわち暴力の訴えが真実か否かの審理、問題状況の査定等が行なわれるべきだろう。

そして、暴力の訴えが真実ならば、その暴力は犯罪行為なので、刑法で扱われるべきものである。
一方、程度の軽いケース、また虚偽のケースに対しては、必要ならば家族療法、心理療法等の援助が実施されるべきものである。

しかし、現在、この「暫定」を取り去る作業は行なわれず、すぐに、女性の自立支援(住居、就労等)が、DV法の運用状況において行なわれるのである。これは明らかにその後の離婚を前提とする援助である。

その後、離婚問題が裁判にまで持ち込まれれば、そこで初めてDVの審理は行なわれる。しかし、それ以前に離婚が成立するケースは多いだろうし、たとえ離婚が成立していなくても、すでに家族は分断され、深く傷付けられている

これはどう考えてもおかしい。

これでは、DV法は、離婚促進法、あるいは家庭破壊法と言わざるを得ない。

離婚を望む妻からすれば、たとえ虚偽を使ってでもDV法に訴えようとするのは、これでは当たり前である。






最終更新日  July 13, 2006 12:28:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 13, 2006
カテゴリ:DV冤罪

DV法を改正しよう全国ネットワーク
http://www.geocities.jp/kintou2006/

上記サイトによれば、同ネットワーク主催で、6月16日(金)12時から14時まで、参議院議員会館にて、監督官庁の役人、国会議員等も交え、DV法改正の為の意見交換会を開くのだそうです。

3年前の前回改正の時は、やはり同ネットワーク主催の7回の意見交換会が開かれ、改正に大きな影響を及ぼしたようです。

とりあえず誰でも参加できそうですので、改悪を阻止し、真の改正を目指しましょう。







最終更新日  June 15, 2006 04:45:08 PM
コメント(2) | コメントを書く
June 9, 2006
カテゴリ:DV冤罪

人気ブログ「僕の離婚バトル~仁義無き戦い 」が書籍化されるそうだ。

さらに、今後のドラマ化も期待されるところだ。

しかし、油断は禁物である。

既に日本のDV被害者支援にはさまざまな利権が絡んでいる。

反対勢力からの陰に陽にの妨害は必至である。

何といっても相手は性質の悪いカルトのような状態である。

皆でトランさんを応援しよう。







最終更新日  July 13, 2006 12:38:04 AM
コメント(6) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.