223112 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国で考える

PR

X

Profile


ファンウン

Calendar

Category

Favorite Blog

[江原 麟蹄] 麟蹄秋… unjuonmaさん

Takeさんの韓国… Takeさん@韓国ソウルさん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
韓国の田園日記 アジュマ7561さん
well-being生活☆韓国… wellbeing2006koreaさん

Comments

通りすがり@ Re:韓国人は日本人より大きい?(11/12) あなたが町で韓国人が大きいと思った理由…
(^0^)@ 別の国と国 偶然、このブログを見つけました。 2年…

Headline News

2006.07.24
XML
テーマ:韓国!(14786)
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんなニュースがある。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77989&servcode=400§code=410

今日のyahoo.japanのトップニュースに出ていた。
だが元の記事は19日と数日前のものである。
日本のyahooも良くぞ探したというところだが、ちょっと遅れている。

もちろん韓国の中央日報にもこの記事はあった。

私はこんな記事があったのも知らなかった。
韓国では話題にもなっていなかった。
実際記事へのコメントも微々たるものである。

2,3年前だったか、韓国で中国の歴史歪曲が話題になった。
昔、高麗(現朝鮮半島)は中国の属国だったと中国で言っていたというのだ。
日本でも当時の朝鮮半島は小中華と自ら述べていたと言う人がいる。
小林よしのり等。

韓国人はこれに結構反発した。
だが日本への反発の3分の1にもなっていなかった。

ここで日本と中国の歴史歪曲について討論する気はないが、一つ言えることがある、

同じ歴史歪曲問題でも日本と中国に対する韓国人の態度はかなり差がある。
中国に関することは多少のことは目をつぶってあげられるのだが、日本となると日本という言葉が出ただけで身構え始め、内容を知った瞬間、その真偽、是非は関係なく、叫びだす、と言うのが韓国の図式である。
その行動はまさに条件反射、連鎖反応みたいなものである。

だがだからと言って韓国人が親中的と言えるかというと、私的な次元ではそうでもなかったりする。
韓国内での朝鮮族(いわゆる在中韓国人)に対する差別、ビジネス上での中国人とのトラブル等、私的な部分では、韓国では中国に対してあまりいいイメージはない。
ところが公的な国と国の関係になると、なぜか韓国人は中国に対して好意的だ。

日本と逆である。
公的には、つまり国と国との関係では、条件反射的に反日になる韓国人。
ところが私的な出会いでは、親日的な韓国人。
ただし本当に心底から日本が嫌いな人は、私的な場で日本人と会いたがるなんてことはない。
あくまで親日的な要素がある人や団体だからこそ、その出会いが親日的になるだけでもあるかもしれない。

私は小林よしのりの本をよく読む。
ゴーマニズムとか戦争論とか、結構読んだ。

彼は主張していることが多いので一言で言いにくいところもあるが、同感できる部分も少なくない。
その中の一つとして、歴史は作り上げることができるという考えがある。

歴史なんていうのは、その国の事情に合わせて、いくらでも変えることができる。
昔起こったことが間違いであったと言えるだけの証拠はほとんど残っていない。
誰かがこう言ったといえば、歴史的真実になる。
写真も合成できるし、違う場面の写真を持ってきて、こんなことがあったと言っても、それが嘘だとわかる人も、あるいは嘘じゃないかと調べる人もほとんどいない。

日本人が従軍慰安婦に対して、認められない理由のひとつが、歴史的証拠がないのである。
本当なのか嘘なのかわからないのである。
わからないものを認定することはできない。
本当に難しい問題だ。

非常に残念だが、人類は歴史の真実を知らずに生きている可能性が高い。

また歴史には立場の違いもある。

韓国が昔中国の属国であったというのも、中国の立場から見たら、自分たちに礼儀を尽くしてくる、いわゆる属国であったわけだし、韓国の立場から見たら、当時力を持っていた中国に対して、関係を持っていただけで、自分たちは中国の属国であったわけがないとなる。

独島は韓国から見たらずっと独島であったが、日本も昔から竹島と考えていたわけで、どちらの島でもあったのである。
領有権など昔はなかったのだから。
両国とも、気が向いたらその島に出向くという程度の認識であったと思われる。

韓国は昔は日本よりも自分たちのほうが文明が進んでいて、自分たちが教えてやったと思い込んでいたが、日本からしたら、いいものを横の国から取り入れてだけで、中国ならまだしも、韓国(昔は朝鮮か)が自分たちよりも進んでいるとは考えてなかったのではないかと思われる。
自分たちよりも進んでいると考えている国を支配しようとは思わないだろう。

実際ここ1500年ほどの歴史を見ても、朝鮮半島が日本より進んでいたと思われるような内容はない。
2千年か3千年昔は、韓国の方が進んでいたのだろうが。
そんなこと言ったら、アメリカは1000年昔は遅れていたとも言いかねない。

おそらく歴史が歪曲されていない国は世界にないだろう。
正しい真実など知ることは不可能だ。
歴史だけでなく、現代、いや現在の中にも、真実は見逃されている。

歴史や社会に惑わされるのではなく、自分がしっかりするのが一番大切だと、韓国で悟らされた。
逆を言えば、どんな歴史、社会の中でも自分がしっかりしていれば、自分自身で切り開いていけるとも言えるだろう。
私が韓国生活で得た財産である。

そして一番しかっりしてないのは、こんな昼間からこんなブログを書くことにうつつをぬかす私だろう。

夏休みが待ち遠しい。








Last updated  2006.07.24 14:14:38
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.