219261 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

韓国で考える

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

韓国ライフ

2006.12.01
XML
テーマ:韓国!(14210)
カテゴリ:韓国ライフ
最近思考停止気味なので(大体1年の中で数ヶ月はこんな状態であるが)、私らしくない考えるテーマでなく、韓国ライフのカテゴリーで一言。

以前の日記にも書いたが、私の家に近くにユニクロがある。
距離として1キロ、歩いて10分ぐらいで着くので散歩がてらよく行く。
実は今日も行ってきて、5000ウォンのシャツをゲット。
多分時期が過ぎた商品をかなり安くさばくという、ユニクロによくある商品であろう。

韓国のユニクロは今10店舗あるかないかだと思うが、すべてロッテに店舗が入っている。
私がよく行くのはもちろん近所のロッテデパートのユニクロだが、40キロほど離れた他の町にもロッテマート(大型割引ショッピングセンター)の中にユニクロがあり、時々そこにも行く。
そちらのほうが店舗は大きく、品も豊富である。
日本のユニクロと同じくらいの規模である。
ただ種類の豊富さは日本のほうが充実しているが。

さてまず家の近所の店だが、ここはロッテデパート自体が客が多いので、ユニクロもその影響もあるとは思うのだが、いつ行っても(といっても私は客の多い夕方に行くのが多いが)客が多いし、買って行くお客さんも多い。
今日もカウンターで私の前には3組のお客さんが並んでいた。
先週土曜日家内が行ったときはものすごい客だったそうだ。
家内も安売りのジャンバーを買って帰ったが。

そういえば先日アメリカ人の知り合いがユニクロの話をしてきた。
彼もズボンを買ったそうだ。
彼は日本にもよく旅行するので、ユニクロのことも知っている。

また家内が見かけたのが(家内もよく行く)、日本人の40,50代ぐらいの夫婦(と思われるが)も来ていたそうだ。
私も去年の秋オープンしたてのころ、日本人のスタッフが店をチェックしているのを見かけたことがある。

最近はあまり見かけないが、ひところチラシを作ってやっていたが、これは日本的な感覚でやっていたのであろう。
また1週間ごとにセールの品や価格が変わるのも日本のユニクロのやり方と同じようである。

さて品のほうだが、ご存知のとおりユニクロは季節ごとに服が変わり、年ごとにも違う服が出るが、日本でも韓国でも大体同じ品が揃っている。
日本のほうが種類は豊富だが。

私は日本に行くたびにユニクロに行って、基本的には少し買ってくるが、去年からは韓国に戻ってみると同じ服が韓国のほうにもあり、場合によっては日本のほうが安かったり、韓国のほうが安かったりと言う感じである。
基本的には日本で1000円の服なら、韓国では1万ウォンと言う相場になっている。
と言うことはレートの関係で日本のほうが200円安い、韓国のほうが2000ウォン高いと言うことのなるのだが。

またサイズだが日本と同じくS、M、L、XLとなっている。
韓国では90,95,100,105などの表示が多いので、ちょっと分かりにくいが、サイズ対照表でサイズが分かるようにはなっている。
先日サイズが分かりにくいとぶつぶつつぶやいているおじさんを見かけたが。

あっ、おじさんで思い出した。
おじさん、おばさんも結構来ている。
と言うか若い人は逆に少ないような気がする。
私もおじさんなのだろうが。

日本では人によっては、ユニクロの服はファッション性は高くない、あくまで大衆的な服である、大量流通で町で同じ服の人と会うとも限らないと言う意見もある。
ファッションの通の人はあまりよく言わない場合もあったりと。

ただ私は服の生地がよく、その割りには安いので結構気に入っている。
着るのも韓国で着るのが中心だから、他の人が着ているなどとは考えたこともなかった。
今後韓国でもそういうことがないとも限らないが。
実際家内は近所で同じ服を着た人を見たことがあるらしい。

とにかく韓国で日本の企業というかメーカーというか、店が人気が出るのは日本人として気分は悪くないものである。
今のところいい感じではあるが、まだ韓国でのユニクロの認知度はそんなに高くない。
その他多くのカジュアルの店と似たようなものだが、安いと言う程度かもしれない。
日本系だと知っている人はおそらく少ないと思う。

今後を見守って行きたいものである。







Last updated  2006.12.01 23:17:33
コメント(0) | コメントを書く


2006.08.24
テーマ:韓国!(14210)
カテゴリ:韓国ライフ
日本で忙しくしていたので、その影響からかブログ脳が動かない。
9月から仕事も忙しくなる可能性があるので、毎日の更新はできなくなりそうな予感である。
本来の私にもどっただけではあるが。

さて昨日入管に行ってきた。
韓国では出入国管理事務所と言う。
日本ではなんと言ったのか、よく思い出せない。

この出入国管理事務所(以後日本式に入管)、在韓日本人の間で悪名高いところである。
ここがよくない、あそこがよくないと話は出るが、圧倒的に評判が悪いのがここである。
おそらく在韓日本人だけでなく、在韓外国人みんないやに思っているであろう。
一部アメリカなどの先進国から来た人は知らないが。

ただでさえ表情のない無愛想な韓国の公務員の中で、最高に表情が悪く、見るからに「てめえら外国人は俺様の言うことを聞きやがれ」みたいな態度で、言葉もぶっきらぼう。
それだけならまだしも、同じ手続きでも人によって違う、場所によって違う、時間によって違う、気分によって違う(!)と仕事振りも最悪である。

外国人は弱い立場である。
どんなに韓国人にひどくされても、ここは韓国だから韓国人の言うことを聞けと言われたら何もいえない。
韓国人の言うことを聞きたくなく、それがいやで韓国を去る人もおそらく多いと思う。

そんな弱い立場の中で、入管で冷たくされると、本当にこたえたりもする。
私もここに行く度に緊張する。
今日はまた何かいやみみたいなことされないか、適当にしか扱ってくれないのじゃないか、そんなこと思っていると、極端にはお前の顔見たくないから、日本に帰れと言ってくるんじゃないか、とまで空想が発展する場合もある。
もちろんそんなことはありえないのだが、そうまで言ってくるんじゃないかと思わせるだけの雰囲気がある。

またここでは国による差別が露骨である。

私は日本人であるが、入管に行く度に冷たくされるわけではなく、日本人だと言うことで親しい雰囲気で接してくることもある。
反日韓国の私的な場面での親日的側面である。

ところが中国人に多いが、韓国の担当官から声を張り卯上げられ、馬鹿扱いされているのをよく見た。

韓国には中国人がかなり潜んでいる。
彼らは特に朝鮮族が多く、韓国語が堪能(ネイティブに近いのも多い)、もちろん顔は同じ東洋系と言うことで中国人かどうか、ほぼばれない。
日本人は言葉と雰囲気でよくばれるが。

だが彼らが中国人だとばれないのは、自分が中国人だと言おうとしないからでもある。
特に数多い中国人労働者は仕事柄差別がいやで、一般の前では中国人であることを表に出さない場合が多い。

一方日本人は。
日本人は自分が日本人だと自ら言う場合が多い。
日本人だと言うと扱いがよくなる場合も多いし。
日本人にはその辺で先進国の自信がある。

それでも入管は外国人は必ず行かないと行けないところであり、避けることはできない。
どんなに行きたくなくても、この関門を通過することが韓国生活では義務である。

実は今までは前置きである。

昨日は入管は実に親切だった。
最近不親切に応対されたことはない。
無愛想なことはたまにあるが。

入管のいい話も時々聞こえてくる。
変わりつつある韓国で、ここも変わりつつあるのかもしれない。

一緒に妻も行ったが(一緒に来いと言われたので)、何で緊張していたのかと後で言われた。
妻は入管には行ったことがないし、もちろん日本でも行ったことがないので、その雰囲気をよく知らなかったようだ。
時々話してはいたのだが。

もちろん妻は何の緊張もなく対応していたが、外国人と内国人の立場に違いもある。
相手の担当官も同じ韓国人である妻と話す時は表情が和らぎ言葉がもっと穏やかであった。
相手の担当官も日本人と話すのは負担でもあるのかもしれない。

さて日本の入管はどうなのだろうか。
日本では外国人の不法滞在や犯罪の問題があるからもっと殺伐としているのかな。
だったら外国人の間で悪名高い場所になっているかもしれない。
仮にそうだとしても、日本政府から見たら、仕方のない当然のことである。






Last updated  2006.08.24 22:46:27
コメント(5) | コメントを書く
2006.07.17
テーマ:韓国!(14210)
カテゴリ:韓国ライフ
今日は韓国では休日だった。
制憲節(多分)と言うことだった。

さて息子の先生の話をちょっと。

家の息子は日本人学校ではなく、一般の韓国の小学校に通っている。
韓国国籍もあるので、韓国の学校でも韓国人として通うことができると言う理由もある。
また一部歴史や地理、国語を除いてそんなに日本の教育と大差がある分けではないということもある。
多分今後日本人学校や日本帰国となっても、大丈夫でもあろうと思い、そうしている。

さておとといの土曜日夜、うちで息子の連絡帳を見たら、先生が何か家の息子に謝っている内容の文章を書いていた。
そして母親に連絡してほしいと言う内容が。

何だ?
確かに家の息子は父親に似て出来が悪い。
授業中、じっとしていられず、遊んでいることもあると聞いていた。
また何か悪さでもしたのか・・・。

ただ先生の文章にはからかってごめんみたいなことも書いていた。
そして最近態度がよくなってきたともある。
ひょっとして日本がらみの何かか?

妻はこの先生が嫌いである。
えらそうにしたがるところがあり、父兄に対して、攻撃的な態度をとることもある。
また表情が暗い。
しかも先生にしては珍しい40歳前後の独身(韓国では老チョンガーとも言われるが)。
ただ話を聞くと教育に対する熱意と哲学はありそうで、息子も先生は面白いと言っていた。

嫌がる妻に早く電話してけりをつけろと無理やり電話させたら、案の定日本がらみの話だった。

「今回も制憲節なのだが、お宅の息子さん、韓国がらみの話をする時、何か萎縮しているように見えます。
韓国では日本に関する話がたくさん出てきますが、その中で正体性(日本語で自己同一性、アイデンティティー)の問題もあると思います。・・・・・・」

妻は緊張している。
それで私が横で紙に書きながら手伝ってあげた。

「それは息子の性格なんじゃないですか。
落ち着きがないのもあるでしょうし。(家の息子は人の話を聞く態度が悪い。それは韓国に関する話だけではないはずだ)
家では韓国も日本もいい点を認め合って教育するようにしていますし、父親も韓国的な事を認めて育てていますよ。
少なくとも日本人の父親と言うことで引け目には感じてないようですし。
もちろん今後、国史(韓国史)を勉強するようになればいろいろあるとは思いますが、それを理解したうえで結婚をし、学校にも息子を送っています」

家内に拍手!
良くぞ言った。

しかし結婚もしていない人が、いくら先生でも国際結婚の子供のアイデンティティーの話をしてくるとは。
しかもまだ2年生である。
2年生なら、韓国人でもアイデンティティーはあまり形成されていないと私には思われる。

そう言えば、水曜日ごろ、夕方私は息子と一緒にサッカーをしたのだが、その時職員室である男がこちらをじっと見ていた。
担任かなとも思ったが、息子は何も言わないので放っておいた。
後で息子に聞いたら、担任だった。
何で挨拶しないのかと言ったら、できなかったと言っていたが、すでに担任とは何かあったようだった。

あの時担任は私を見て「日本人だ!」と思っていたのだろう。
韓国でも地域差があるが、この辺の韓国人は日本人をまだ宇宙人のように見てくる。
どこかは秘密だが(と言いつつ、ほのめかしている)。

この地域差も一度題材にしてみたいものだ。
何せ私は韓国で三つの都市に住んだことがあり、仕事上や家族の付き合いで、他に3,4箇所の都市(村?)に入り浸れたことがあるので、地域性の本でも書けると自負している(冗談ではない)。


そう言えば昔息子をオリニチブ(保育園みたいなところ)に送った時、父親が日本人だと知った園長が、「今後は家では韓国語で育ててください。オリニチブに適応できません」と言ってきた。
私の妻は苦笑しながら、「韓国語できますから大丈夫です」と言ったが、そんな閉鎖的な園長のオリニチブだったので、正直あまりいいところではなかった。
引っ越したのもあって1年でやめたが、やめてよかったと家内と話したものだ。

先生と子供の間とは難しいものであり、私は学校に完璧な教育は期待しない。
あくまで家庭教育が基本だと思っている。

ただ日本人の父親だからこうに違いないと決め付けて、話をするのではなく、父親が日本人ですか、どうなんでしょうかと、対話をしてほしいとは思う。
まあ韓国では先生はまだ数十年昔の日本のように、上から頭ごなしに言うことを聞かせるスタイルの先生が少なくなく、子供はもちろん父兄に命令や指摘はするが、対話なんてもってのほかだと思っている先生もいる。
もちろんすべてそんな先生ではないが。

どうせあなた方が学校教育の場で日本の悪口を言うことは織り込み済みである。
実際息子は、日本と韓国が昔けんかをしたこと、また昔韓国で日本語が話されていたことを知っていた。
先生が言っていたそうである。
2年生の子供にも言うのだなあと思いつつ、親が自分の教育哲学は持っておかないと韓国の学校に振り回されるなと思った。

そう言えば去年当時小学1年生だった息子の友達が私に独島は韓国のだと言ってきたことがあった。
1年生までが言うとは、韓国さすがと思った。
逆に考えれば、1年生の幼い子でも、日本の悪口を言ってもいいんだと思ってしまうほど、社会で日本のことを悪く言うことが蔓延していると言うことであろう。
さすがにその子のお母さんは息子をたしなめてはいたが。

私は昔の日本人は悪かったと息子に言ったことがある。
だが今の日本人はそんなことないとも言った。
ただまだ幼いので少しずつ本人の韓国と日本への理解度を見ながらやろうと思う。


担任の先生、心配してくれてありがとうございます。

しかし国際結婚の家庭の正体性(アイデンティティー)なんて事どこで聞いたのですか。
普通の家庭でもなかなかそんなこと気づかないのに、正直結婚もしていない人が理解できるはずはないと思うのですが。

ではあなたのアイデンティティーは何なのですか。
そして私のアイデンティティーがあなたのと違っていたらだめですか。
ちなみに私のアイデンティティーはあなたが思っているような日本人のアイデンティティーではなく、あくまで私と言う人間のアイデンティティーだと思います。

家内は正直に私には言った。

「日本のことでぐたぐたいっている暇があったら、自分のこと考えたら。
結婚もしてないし・・・。」

結婚は本人の自由だろと逆に私がたしなめていた。

ところで先生は具体的には何を謝っていたのだろうか。
息子に聞いてもよく分からない。
先生も痛い部分なのかはっきり言わない。
息子も怒られたとしかいわない。
そして今は先生は嫌いだと言っている。

そう言えば電話の中で、息子が先生のこと嫌いだと言ったと言っていた。
先生のこと好きかと聞いたら嫌いだと言ったらしいのだが、そんなこと本人に聞くとは・・・・。
息子の話ではたくさん聞かれたと言っていたが。

まあ謝るだけいい先生ではあるだろう。
これからもよろしくお願いします。






Last updated  2006.07.18 00:15:28
コメント(2) | コメントを書く
2006.07.16
テーマ:韓国!(14210)
カテゴリ:韓国ライフ
まずこの集中豪雨で被害を受けた方々の無事を祈ります。

今日は考えるんじゃなく、まさに日記で。
新しいカテゴリーも作った

とにかく今日はすごい雨で、運転中、運転視野が半径100mになった。
実際の視野も1キロ先は見えないぐらいだった。

こういう時韓国人がいくところは、大型割引ショッピングセンターになる。
野外には行けないので。
実は私もいくところがないので家族で行ってきたが、日曜日でしかも雨ということで、ものすごい人だった。

予想はしていったのだが、人ごみが嫌いな私は逆にストレスがたまりかねない。
しかも韓国人の場合、人が多くても、人ごみの中見事に直進してくるので、ぶつかるわ、ぶつかるわ。

マックにも行ったのだが、人が多いと気になるのが割り込み。
今日も列で私の後ろにあるおばさんがいたが、いつの間にか私の右横にいる。
このままだと割り込まれると用心していたが、幸い割り込まれはしなかった。
でも心の中ではにらみつけていた。

私は韓国ではよく割り込まれるのだが、最初は泣き寝入りしていた。
だがあるアメリカ帰りの韓国人と韓国人の割り込みの話になった時、彼は割り込まれたら文句を言うといっていたので、それ以降私も文句を言うようにしている。
一言文句を言うぐらいなら、あまり日本人とばれることもないし。

文句を言って言い返されたことはない。
でも謝られたこともない。
何もなかったかのように、私の後ろに移動するだけである。
その涼しげな顔に逆にもっと頭にきたりもした。

だがよく考えてみると、割り込んでくる人は大半がおばさんだ。
若い人はあまりいないし(まったくいない分けでもないが)、男の人に割り込まれたことはない。

そう言えば先日この同じ店のマックで、私の前の前の男の人が、私の前のおばさんに割り込まれて注文ができなかったのを見た。
その男の人は何も言わなかったが、平気だったのだろうか。
ひょっとしたら割り込まれるのに慣れているのだろうか。
年齢的には男の方が下だと思われたが、それで譲ってあげたのだろうか。



いつか書こうと思っているが、韓国のおばさんはいわゆるマナー、常識なるものが分からない人が多い。
それにはいろいろな理由がありそうである。
やはり日本と事情が違うのだ。
外国帰りの韓国人でも韓国人がマナーを守らないと、批判的に考える人もいるらしい。


ただ理由がいかなれ、私は心の中でよくおばさんをにらみつける。
もちろんはまったく顔には出さない。

そして帰りの車の中で、家内にまた割り込まれたとぶつぶつ独り言を言っている私であった。

ちなみに私の家内は割り込まない、いい韓国人であるし、割り込まれないための術を持っている。
割り込まれないためには、後ろに並ばなければいい。
斜めに並ぶとか、注文の瞬間にさっと前に出るとか。

それができないのは私がまだ日本人である証拠でもあるが。
10何年経っても、いやなものはいやである。






Last updated  2006.07.17 02:00:20
コメント(3) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.